【Bリーグ戦力分析|2023-2024】名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは・・・名古屋ダイヤモンドドルフィンズです。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグについてより詳しく知りたい方は必読↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

Contents

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズのプロフィール】

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ -概要- 

【チーム正式名】名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
【創設】1950年
【本拠地】愛知県名古屋市
【所属】西地区
【チームカラー】ドルフィンズレッド・ホワイト

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ -昨シーズン成績-

【地区順位】B1西地区3位
【シーズン勝敗】43勝16敗

愛知県名古屋市にに本拠地を構える名古屋ダイヤモンドドルフィンズ。

2022-23シーズンを振り返ると、B1リーグでの戦績は43勝16敗という素晴らしい成果を上げました。得点平均は85.4点と攻撃面での力を示し、守備では失点平均76.7点と堅実な守りを見せました。

特にフィールドゴール成功率は47.1%と高く、これはチーム全体のシュートセレクションの良さと、選手たちの技術の高さを示しています。また、リバウンドでは平均38.8を記録し、オフェンス・ディフェンス双方でのボードコントロールの良さが際立っていました。

このシーズンの成功は、選手たちの日々の努力と、スタッフのサポート、そして熱烈なファンの応援があってのものです。特にホームゲームでは、ドルフィンズアリーナが熱気に包まれ、選手たちもそのエネルギーを受けて、一層のパフォーマンスを発揮していました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズの注目選手紹介】

次からは、名古屋ダイヤモンドドルフィンズのBリーグ2022-2023シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『名古屋ダイヤモンドドルフィンズ注目選手①:齋藤拓実』

【誕生日】1995年8月11日
【出身地】神奈川県
【身長】172cm
【体重】69kg
【出身校】明治大学
【所属】名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
【背番号】2番
【ポジション】ポイントカード

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの1人目の注目選手は、齋藤拓実です。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの絶対的司令塔でもある齋藤拓実。

齋藤拓実は、2022-23シーズンのB1リーグで平均11.1得点を記録し、その中でも2ポイントシュートの成功率43.9%は非常に高い数字です。この数字は彼のシュート技術の高さと、適切なシュートセレクションを示しています。

さらに、アシスト平均6.9という数字は、彼がチームのオフェンスをどれだけコントロールしているかを示しています。彼のクイックな動き、正確なパスセンス、そしてリーダーシップは、チームのオフェンスを流暢にし、チームメイトをより良いポジションに持っていく能力があります。

Bリーグ2023-2024シーズンの齋藤拓実に注目してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『名古屋ダイヤモンドドルフィンズ注目選手②:須田侑太郎』

【誕生日】1992年1月3日
【出身地】北海道
【身長】190cm
【体重】87kg
【出身校】東海大学
【所属】名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
【背番号】11番
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの2人目の注目選手は、須田侑太郎です。

日本代表の候補にも選出され、日の丸を背負って世界と戦った経験も持つアウトサイドシューターの1人でもあります。

須田侑太郎は、2022-23シーズンのB1リーグで平均8.8得点をマークしました。特に彼の3ポイントシュートの成功率33.1%は、彼の外からの攻撃能力を示しています。しかし、彼の魅力は得点だけではありません。

リバウンド平均1.8、そしてその身体能力を活かしたディフェンスは、オフェンスだけでなく、ディフェンス面でもチームに大きく貢献しています。彼の多様なプレースタイルは、相手チームにとって予測困難な存在となっています。

Bリーグ2023-2024シーズンの須田侑太郎に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『名古屋ダイヤモンドドルフィンズ注目選手③:ティムソアレス』

【誕生日】1997年2月4日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】107kg
【出身校】マスターズ大学
【所属】メッツ デ グアイナボ → 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
【背番号】10番
【ポジション】センター

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの3人目の注目選手は、ティムソアレスです。

アメリカ国籍とブラジル国籍の2つの国籍を持っているインサイド選手でもあります。FIBAワールドカップ2023ではブラジル代表として出場も果たしています。

ティム・ソアレスは、2023年のFIBAバスケットボールワールドカップで平均9.8得点、3.8リバウンドを記録しました。その圧倒的な身長とリーチを活かしたショットブロックやリバウンドは、ペイントエリアでの彼の圧倒的な存在感を示しています。

特にディフェンス面での彼の活躍は、相手チームのインサイド攻撃を大きく封じる要因となっています。彼のインサイドでの強さは、チームの安定した守備の土台となっています。

Bリーグ2023-2024シーズンのティムソアレスに注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズのBリーグ2023-2024シーズン】

ここまで、名古屋ダイヤモンドドルフィンズの昨シーズンと注目選手について取り上げてきました。

新たなシーズンが始まる前に、名古屋ダイヤモンドドルフィンズの戦力を分析してみましょう。2022-2023シーズンの成功を受けて、2023-2024シーズンにはさらなる期待が寄せられています。

まず、前シーズンの主要選手である齋藤拓実、須田侑太郎、ティム・ソアレスの3選手は、チームの中心として活躍が期待されます。特に齋藤のプレイメイク能力や須田の多様なプレースタイル、そしてティムのペイントエリアでの圧倒的な存在感は、チームの攻撃・守備の要となるでしょう。

次に、新加入選手や若手選手たちの成長も注目されます。前シーズンの経験を活かし、さらなるステップアップを目指す選手たちの活躍が、チームの深みと幅を増す要因となることでしょう。特に、若手選手たちの成長は、シーズンを通じてのスタミナや怪我のリスクを分散させる上で非常に重要です。

また、チームの戦術面での進化も期待されます。前シーズンのデータを基に、相手チームの弱点を突く戦術や、自チームの弱点を補う戦術の構築が求められます。ヘッドコーチのショーン・デニスの戦術眼が、新シーズンの成功の鍵を握ることとなるでしょう。

さらに、ドルフィンズアリーナのホームアドバンテージも大きな武器となります。熱狂的なファンの応援は、選手たちのモチベーションを高め、特に接戦の際には大きな力となることでしょう。

総じて、名古屋ダイヤモンドドルフィンズは2023-2024シーズンも西地区のトップを争う戦力を持っていると言えます。新シーズンの彼らの活躍に、ファンならずとも大いに期待が寄せられます。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

↓Bリーグについてより詳しく知りたい方は必読↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦力分析まとめ】

●名古屋ダイヤモンドドルフィンズのプロフィール
●名古屋ダイヤモンドドルフィンズ注目選手①:齋藤拓実
●名古屋ダイヤモンドドルフィンズ注目選手②:須田侑太郎
●名古屋ダイヤモンドドルフィンズ注目選手③:ティムソアレス
●名古屋ダイヤモンドドルフィンズのBリーグ2023-2024シーズン

今回はBリーグ2023-2024シーズンの名古屋ダイヤモンドドルフィンズに関する戦力分析を行いました。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズのBリーグ2023-2024シーズンに注目してみてください。

About モンキー 1103 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*