【大学男子バスケ】インカレ2020は東海大学が制覇!

「第72回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)」男子決勝戦は、大会連覇がかかる筑波大と2年ぶり6度目の優勝を狙う東海大学が激突し、東海大学が75-57で筑波大を退けて2年ぶり6度目の優勝を果たしました。

今大会MVPに輝いたのは東海大3年生の大倉選手で試合後の会見では、「今シーズンは4年生の気持ちが強く、学生スタッフも熱い思いでサポートをしてくれました。なので、僕自身4年生を勝たせたいという思いが強かったですし、こうして勝つことができてホッとしています」

「一番成長できたのは責任感です。コート上とコート外での責任感を千葉ジェッツで学んだり、チームにいる中でも学んだりしました。同じ方向を向いていないとチームは強くならないですし、特に今年のチームはみんなが違う方向を向くと本当に分かりやすいくらい、いい流れにならなかったです。そこをキャプテンはじめ4年生と一緒に同じ方向を向くように言ってきましたし、常に目標をブラさずにタフな毎日を過ごすことができました」と安堵の表情を浮かべています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

About 餅つきうさぎ 718 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*