【NBA選手名鑑|エバン・フォーニエ】フランス出身のポイントゲッター

こんにちは!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は、2009年16歳の時にフランスでプロ選手となり2012年のNBAドラフトにエントリーし、デンバー・ナゲッツから1巡目20位で指名されてNBAデビューを果たしたエバン・フォーニエをご紹介します。

リーグ・ナショナル・バスケットボール(LNB)時代にはライジングスター賞やMIPを獲得するなど、フランス内では有名な選手です。

エバン・フォーニエ選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【エバン・フォーニエのプロフィール】

Evan Fournier contract: Knicks agree to four-year deal with veteran guard,  per report - DraftKings Nation

本名:エバン・フォーニエ(Evan Fournier)

【誕生日】1992年10月29日
【出身地】フランス
【身長】201cm
【体重】93kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【背番号】13番
【ポジション】SG/PF

エバン・フォーニエはパリ郊外で生まれ、2001-2002年のサクラメントキングスの影響によりバスケットボールを始めた選手です。2009年の16歳の時にフランス国内2部リーグのJSFナンテールでプロデビューをいたしました。その後国内1部リーグのリーグ・ナショナル・バスケットボールのポアチエ・バスケット86に移籍し、10代ながら中心選手として活躍しリーグ史上最年少で20得点を記録しました。

フランスでは2009年から2012年までプロとして活躍し、その間に2回のベストヤング選手賞とMIPをそれぞれ受賞し、2012年のLNBオールスターにも選出されています。その後2012年のNBAドラフトでデンバー・ナゲッツに全体20位で指名されNBAデビューを果たしました。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【エバン・フォーニエの記録】

【受賞歴】

  • 2×LNBライジングスター賞 : 2011, 2012
  • 2×LNBMIP : 2011, 2012
  • LNB オールスター:2012

2012年のNBAドラフト1巡目20位でデンバー・ナゲッツに指名されたエバン・フォーニエは1年目のシーズン終盤にチームにフィットしはじめシーズン終盤には24得点を記録するなどチームの得点源として活躍し始めました。翌シーズンも先発選手としてのプレイ時は4試合に留まりましたが、必要な時に得点できる選手として活躍をし、2014年6月にトレードでオーランド・マジックに移籍しました。

オーランドマジックではアーロン・ゴードンとニコラ・ブーチェビッチと共にチームの得点源として活躍し、2015‐16年シーズンには平均して32.5分の出場で15.4得点、2.8リバウンド、2.7アシスト、1.2スティールを記録し、チームの最大得点を19回、24回の20点以上、2回の30得点以上を記録するなどチームをけん引しました。その後2021年3月にボストン・セルティックスに移籍しましたが、マジックでは26試合に出場し19.7得点、2.9リバウンド、3.7アシスト、1スティールを記録しました。

ボストン・セルティックスではデビュー戦こそスコアレスで活躍できませんでしたが、シーズンが進むにつれてチームにフィットしていき、チームの得点源として活躍しています。その後2020‐21年シーズン終了後にニューヨーク・ニックスに移籍しました。契約内容は4年7800万ドル(約85億2000万円)と言われています。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【エバン・フォーニエ3つの魅力】

ところでそんなエバン・フォーニエ選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

エバン・フォーニエの魅力①:安定感】

エバン・フォーニエの魅力1つ目は、安定感です。

ドライブからジャンプシュートまで色々なシュートセレクトを持っている選手で、サイズこそそこまで大きくないものの、相手の位置をしっかり見て空いているところでシュートを打つ能力に長けており、無理なシュートをせずに囲まれればパスを出せる力も持っており、チームの状況のバロメータとなる平均した選手と言えます。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【エバン・フォーニエの魅力②:アウトサイドシュート】

エバン・フォーニエの魅力2つ目は、アウトサイドシュートです。

エバン・フォーニエはドライブもシグネチャームーブの1つでありますが、そのシグネチャームーブを有効化させるためにより力を入れているのがアウトサイドシュートです。ドライブと見せかけて空いている場所でプルアップジャンプシュートを正確に打つことができます。

またスリーポイント成功率も年々よくなっており、1試合6本7本と決める試合も出てきており、スリーポイントの成功率が今後のエバン・フォーニエの調子の良さの基準としてみることが出来ます。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

【エバン・フォーニエの魅力③:存在感】

エバン・フォーニエの魅力3つ目は、存在感です。

2019年のFIBAワールドカップではフランスを銅メダルに押し上げる原動力となっており、ワールドカップでは19.8得点、3.8リバウンド、3アシストを記録しています。また東京オリンピック2020ではアメリカ代表の初戦に黒星をつける活躍をしており、フランス内でのエバン・フォーニエの活躍はチームのバロメータであることは間違いありません。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

【エバン・フォーニエのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・エバン・フォーニエのプロフィール

・エバン・フォーニエの記録

・エバン・フォーニエの魅力①:安定感

・エバン・フォーニエの魅力②:アウトサイドシュート

・エバン・フォーニエの魅力③:存在感

色々エバン・フォーニエ選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

About 餅つきうさぎ 747 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*