【NBAパワーランキング】2021-22年シーズンウィーク18

NBAパワーランキングシリーズはNBA.comが毎週出しているチームの勝率をもとに、チームランキングを出したものになります。カンファレンスごとの順位とNBA全30チームのパワーランキングが(順位)などが分かりにくいと言う事で作ってみました。

今回ご紹介するNBAパワーランキングは「ウィーク18」までの順位になります。「ウィーク18」は現地時間2月13日(日曜日)までの勝率ランキングと言う事になります。

ウィーク18のトピックとしては、トレードデットラインを迎えフィラデルフィア・セブンティシクサーズとブルックリン・ネッツの大型トレードが行われジェームス・ハーデンとベン・シモンズがトレードされました。ブルックリン・ネッツはリーグでの最低記録となる連敗を喫しており今後の動向にも注目です。

NBA2022年のNBAデットラインまでに行われたトレードの一覧はこちらをご確認ください。

以下ウィーク17までの動画は以下です。

【イースタンカンファレンス順位】

【ウエスタンカンファレンス順位】

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAパワーランキング2021-22:WEEK18】

フェニックス・サンズ

Record: 46-10

メンフィス・グリズリーズ

Record: 40-18

ゴールデンステート・ウォリアーズ

Record: 42-15

マイアミ・ヒート

Record: 37-20

フィラデルフィア・76ers

Record: 34-22

クリーブランド・キャバリアーズ

Record: 35-22

ボストン・セルティックス

Record: 33-25

ミルウォーキー・バックス

Record: 35-22

デンバー・ナゲッツ

Record: 31-25

トロント・ラプターズ

Record: 31-24

ユタ・ジャズ

Record: 35-21

ダラス・マーベリックス

Record: 33-24

シカゴ・ブルズ

Record: 36−21

About 餅つきうさぎ 872 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*