【NBAニュース】2022‐23年シーズン第2週の週間最優秀選手が選出

ギルジャス・アレクサンダーとアンデトクンボが2022-23年シーズン2週の優秀選手に選出

10月31日(日本時間1日)、NBAが2022-23シーズン第2週の週間最優秀選手を発表し、ウェスタン・カンファレンスからオクラホマシティ・サンダーのシェイ・ギルジャス・アレクサンダー、イースタン・カンファレンスからミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンが選出されました。

アデトクンボは、2022-23シーズン開幕から支配力を発揮し続けており、10月24日(同25日)ブルックリン・ネッツ戦では、43得点、14リバウンドのダブルダブルを記録し、第2週の全3試合で、1試合平均35.7得点、15.0リバウンド、6.0アシストをあげています。アデトクンボの活躍もありバックス(5勝0敗)は現在、NBA唯一の無敗チームとなっています。

ギルジャス・アレクサンダーは、第2週の3試合で、1試合平均31.7得点、7.7アシスト、5.3リバウンドをマーク。3勝0敗の成績を残したサンダーをけん引しました。29日(同30日)のダラス・マーベリックス戦では、38得点、9アシストの大活躍を見せ、サンダーを延長戦の末に大逆転勝利に導くなどチームをけん引しています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【シェイ・ギルジャス・アレクサンダーのプロフィール】

「Shai Gilgeous-Alexander」の画像検索結果

本名:シェイ・ギルジアス・アレクサンダー(Shai Gilgeous-Alexander)

【誕生日】1998年7月12日
【出身地】カナダ
【身長】196cm
【体重】82kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【ポジション】PG/SG

シェイ・ギルジアス・アレクサンダーはトロントのオンタリオ出身で、1992年のオリンピックで陸上競技のスター選手である母親を持つ身体能力の高い家族で育った選手です。高校途中からはテネシー州のバスケが盛んな学校にトランスファーし、身長こそ大きくないもののチームの中心選手としてプレーしました。

高校卒業後はNCAAで強豪のケンタッキー大学に進学しました。進学後すぐにリザーブ選手ではあったものの1試合平均30分以上のプレイタイムを勝ち取り、24得点の活躍をするなどチームの攻撃的PGとしてチームをけん引しました。2017-18年シーズンの1年間をケンタッキー大学で過ごし、その後2018年にNBAドラフトにアーリーエントリーを表明しました。

さらに詳しくシャイ・ギルジャス・アレクサンダーについて知りたい人、こちらをご確認ください。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ヤニス・アデクトンボのプロフィール】

本名:ヤニス・アデトクンボ(Giannis Antetokounmpo)

【誕生日】1994年12月6日
【出身地】ギリシャ
【身長】211cm
【体重】100kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【背番号】34番
【ポジション】スモールフォワード

  • NBAチャンピオン (2021)
  • NBAファイナルMVP (2021)
  • 2× NBAシーズンMVP (2019, 2020)
  • 6× NBAオールスター (2017-2022)
  • NBAオールスターゲームMVP (2021)
  • 3× オールNBAファーストチーム (2019-2021)
  • 2× オールNBAセカンドチーム (2017, 2018)
  • NBA最優秀守備選手賞 (2020)
  • 4× NBAオールディフェンシブ・ファーストチーム (2019-2022)
  • NBAオールディフェンシブ・セカンドチーム (2017)
  • NBA最成長選手賞 (2017)
  • NBAオールルーキー・セカンドチーム (2014)
  • NBA75周年記念チーム (2021)

ヤニス・アデトクンボは17歳の時にギリシャのプロバスケリーグでデビューを果たしているんです。

その後、NBAのスカウト陣の目に止まり、2013年にNBAへの道を決断しました。

1巡目15位でミルウォーキー・バックスに指名され見事NBAへの挑戦権を手にすることができました。

NBA入団当初

NBAに入団したヤニス・アデトクンボはジェイソン・キッドHCの元、新たなバスケ人生をスタートしました。

ジェイソン・キッドと言えば、引退前はNBAを代表するポイントガードとして活躍していました。

しかし、ヤニス・アデトクンボはジェイソン・キッドHCがどのような人物なのか知らなかったそうです。

始めは、ベンチ起用の時期が多く指揮官であるジェイソン・キッドに対して腹を立てていた時期もあるそうです。

そこで、ヤニス・アデトクンボはジェイソン・キッドHCについて調べました。

検索した結果、新人王受賞・NBA通算アシスト数歴代2位・通算3Pシュート成功数歴代5位など、多数のNBA記録を受賞していることを知り、キッドHCの指示に従おうと決めたそうです。

さらに詳しく、ヤニス・アデクトンボについて知りたい人はこちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 984 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*