【Bリーグ選手名鑑|高橋耕陽】高い得点力でチームを牽引する選手の魅力3選

【reference=https://basketballking.jp/news/japan/b1/20211023/342908.html?cx_player=teamnews】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

Bリーグ選手名鑑をお送りしていこうと思います。

ご紹介する選手は・・・高橋耕陽選手です。

大学時代よりシューターかつ生粋のスコアラーとしてチームを牽引していた高橋耕陽選手。抜群のオフェンス力に関しては天下一品のモノを持っているとも言えるのではないでしょうか。

そんな高橋耕陽選手を魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【高橋耕陽選手のプロフィール】

【reference=https://www.bleague.jp/roster_detail/?PlayerID=30399】

本名:高橋耕陽(たかはし こうよう)

【誕生日】1994年06月16日
【出身地】北海道
【身長】192cm
【体重】90kg
【出身校】日本大学
【所属】シーホース三河
【背番号】8番
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

高橋耕陽選手は北海道出身のバスケットボール選手です。

幼少期よりバスケットボールをプレーしていた高橋耕陽選手は、中学卒業後に北海道の名門高校でもある札幌日大高校へと進学を果たします。札幌日大高校時代には日・韓・中ジュニア交流競技大会男子U-18の日本代表メンバーとして選出された経験も持っています。

札幌日大高校卒業後は関東にある日本大学へと進学を果たします。日本大学時代から生粋のスコアラーとしてチームを牽引する存在となっていました。

日本大学在学中にアーリーエントリー制度を利用して滋賀レイクスターズへと入団します。滋賀レイクスターズにて3シーズンプレーしたのち、シーホース三河へと移籍します。シーホース三河では1シーズンプレーを行ってサンロッカーズ渋谷へと移籍をする形となりました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【高橋耕陽選手の魅力】

そんな高橋耕陽選手は一体どんなプレイヤーなのでしょうか?

高橋耕陽選手の魅力を紹介していきたいと思います。

『高橋耕陽選手の魅力①:高いシュート能力』

【reference=https://news.goo.ne.jp/article/minkei/region/minkei-shibukei16217.html】

高橋耕陽選手の1つ目の魅力は、「シュート力」です。

大学時代よりスコアラーとしてチームを牽引してきた高橋耕陽選手。その1つの要因が得点力です。アウトサイドからの得点面が高いため、ミドルシュートや3Pシュートなどの得点でチームに貢献しています。

1試合に20得点を記録する試合もあるため、高橋耕陽選手の得点能力はチームに必要なモノとなってくると考えられますね。しかも、途中出場から20得点するという部分が素晴らしい点と言えるのではないでしょうか。

試合にシックスマンのポジションから20点近い得点を取れる存在でもあります。

以上の理由から、高橋耕陽選手の魅力として「シュート力」を取り上げました。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『高橋耕陽選手の魅力②:素早いドライブ』

【reference=https://www.shibukei.com/photoflash/12063/】

高橋耕陽選手の2つ目の魅力は、「ドライブ」です。

1つ目にアウトサイドシュートの魅力を取り上げましたが、ドライブにも定評があるのが高橋耕陽選手です。しかも、ディフェンスからしても止めづらい緩急とスピード感あるドライブを兼ね備えています。

190cmの身長ながらも、素早いドライブから勢いよくレイアップまで持っていくことができます。現代のバスケットボールでは190cmでもポイントガードになる選手が増えてきています。

そのため、高橋耕陽選手のように190cmを超える選手でも素早いドライブから得点に繋げることができる選手が増えてくることでしょう。

以上の理由から、高橋耕陽選手の魅力として「ドライブ」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『高橋耕陽選手の魅力③:人懐っこい性格』

【reference=https://basket-count.com/article/detail/81764】

高橋耕陽選手の3つ目の魅力は、「人懐っこい性格」です。

3つ目の魅力に取り上げるのはバスケ面ではないですが、チームに所属していく上で必要不可欠なモノとなってくると思います。高橋耕陽選手は、人と会話するのが好きな人間性で、自分自身の近くに選手やスタッフがいえると話しかけてしまうそうです。

バスケットボールにおいてもそうですが、コミュニケーションと言うのは所属しているチーム内でも重要な能力となってきますね。多くの人と会話するのが好きな高橋耕陽選手の人懐っこい性格は魅力とも言えると考えられますね。

緊張や人見知りもしない性格とのことで、チーム内にいる先輩であっても話しかけることが多くあるようです。どのチームに所属しても選手に加えてスタッフなどともコミュニケーションをしてチームに馴染んでいくことができるのが高橋耕陽選手の魅力の部分となってくることでしょう。

以上の理由から、高橋耕陽選手の魅力として「人懐っこい性格」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【高橋耕陽選手の今後】

【reference=https://basket-count.com/article/detail/72159】

ここまで、高橋耕陽選手の魅力を取り上げてきました。

アウトサイドからの得点やドライブからの得点でチームに貢献することができる高橋耕陽選手。今後も幅広い得点パターンを駆使してチームに大きな影響をもたらしてくれる存在となってくれるのではないでしょうか。

また、人懐っこい性格を持っていることもあり、チーム内の多くのメンバーとコミュニケーションを取ることができます。バスケットボールをプレーしていく上でコミュニケーションは重要な部分ともなってきますので、今後も所属チーム内で多くの選手やスタッフと交友を深めていくのではないでしょうか。

チーム内のみならず、チーム外のメンバーとも仲が良い選手も多いとのことなので今後の選手としてのみならず、社会人としても才能を開花させてくれると考えられますね。

高橋耕陽選手をチェックしてみてください。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【高橋耕陽選手をテレビで見たいあなたへ】

高橋耕陽選手のプレーを見てみたいと思いませんか?

ただ、いざ見ようと思っても

「場所が遠くて見れないしな・・・。」
「予定が合わなくて試合を見に行けないんだよな・・・。」

そんなお悩みを持っている方は、バスケットLIVEに契約してBリーグを観戦することをオススメします。

バスケットLIVEであれば、Bリーグに加えてWリーグやバスケットボール日本代表戦、ウィンターカップ、インカレなどが時期によって配信中です。

ソフトバンク&ワイモバイルユーザーに関しては無料で、その他のキャリアを利用している方はYahoo!プレミアムへ登録を行えば利用可能となります。

Yahoo!プレミアムへの登録はこちらをクリック!

ご興味のある方は、まず1度ご登録してみてはいかがでしょうか?

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【高橋耕陽選手のまとめ】

いかがでしたか?

●高橋耕陽選手のプロフィール
●高橋耕陽選手の魅力①:高いシュート能力
●高橋耕陽選手の魅力②:素早いドライブ
●高橋耕陽選手の魅力③:人懐っこい性格
●高橋耕陽選手の今後

日本のプロバスケットボールリーグ・Bリーグに在籍する高橋耕陽選手についてまとめました。

幅広い得点能力を武器にチームの勝利に貢献してくれる能力を発揮してくれる高橋耕陽選手。アウトサイドシュートやドライブなどの多彩なスキルは今後も観ている観客やバスケットボール選手を魅了してくれる存在にもなってくることでしょう。

会場へ足を運んだ際には、ぜひ高橋耕陽選手をチェックしてみてください!

About シェル 329 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*