【NBAニュース】2023-24年シーズン第13週の週間最優秀選手が発表

1月22日(日本時間23日)、NBAが2023-2024シーズン第13週の週間最優秀選手を発表し、ウェスタン・カンファレンスからフェニックス・サンズのケビン・デュラント、イースタン・カンファレンスからフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードが選出されました。

デュラントは3勝0敗と無敗だったサンズで、平均31.0得点、6.3リバウンド、2.3ブロックを記録した。

一方、エンビードは平均37.8得点、8.5リバウンド、5.0アシストをマーク。76ersを無敗の4勝0敗に導いている。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版

Contents

【ケビン・デュラントのプロフィール】

本名:ケビン・デュラント(Kevin Durant)

【誕生日】1988年9月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】107kg
【所属】フェニックス・サンズ
【背番号】7番
【ポジション】スモールフォワード
【ウィングスパン】225㎝
【足のサイズ】39㎝

  • 2× NBAチャンピオン (2017, 2018)
  • 2× NBAファイナルMVP (2017, 2018)
  • NBAシーズンMVP (2014)
  • 13× NBAオールスター (2010-2019, 2021-2023)
  • NBAオールスターゲームMVP (2012, 2019)
  • 6× オールNBAファーストチーム (2010-2014, 2018)
  • 4× オールNBAセカンドチーム (2016, 2017, 2019, 2022)
  • NBAオールトーナメントチーム (2023)
  • NBA新人王 (2008)
  • NBAオールルーキーファーストチーム (2008)
  • 4× NBA得点王 (2010-2012, 2014)
  • 2× 50-40-90クラブ (2013, 2023)
  • NBA75周年記念チーム
  • フリースロー成功率1位 (2013)
  • NBAルーキーチャレンジMVP (2009)
  • コンセンサス・全米カレッジ年間最優秀選手賞 (2007)
  • オールアメリカン・コンセンサスファーストチーム (2007)
  • Big 12年間最優秀選手 (2007)
  • No. 35 テキサス・ロングホーンズ永久欠番
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップMVP (2010)
  • 夏季オリンピックバスケットボールMVP (2020)
  • 2× USAバスケットボール男子年間最優秀アスリート (2010, 2016)
  • マクドナルド・オール・アメリカンMVP (2006)
  • パレード誌オールアメリカン・ファーストチーム (2006)
  • パレード誌オールアメリカン・セカンドチーム (2005)

KDことケビン・デュラントはアメリカのワシントンDC出身のバスケットボール選手で、テキサス大学のころから1年生で個人タイトルを総なめにし、2007年にNBAドラフトにてシアトルスーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)に入団しました。

206㎝という長身にもかかわらず、センターではなくスモールフォワードをこなす万能プレイヤーでウィングスパンは驚異の225㎝あります。

足のサイズもあまり表沙汰にはなりませんが39㎝あります。

どーでもいい話ですが、著者の足のサイズも31㎝と日本人の中ではずば抜けてでかいほうですが、本当に靴の置き場に困ったり、満員電車で足を踏まれたりと踏んだり蹴ったりです。笑

更に詳しくにケビン・デュラントついて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジョエル・エンビードのプロフィール】

本名:ジョエル・エンビード(Joel Embiid)

【誕生日】1994年3月16日
【出身地】カメルーン
【身長】219cm
【体重】113kg
【所属】フィラデルフィア・76ers
【背番号】21番
【ポジション】センター

  • NBAシーズンMVP (2023)
  • 6× NBAオールスター (2018-2023)
  • オールNBAファーストチーム (2023)
  • 4× オールNBAセカンドチーム (2018, 2019, 2021, 2022)
  • 3× NBAオールディフェンシブセカンドチーム (2018, 2019, 2021)
  • 2× NBA得点王 (2022, 2023)
  • NBAオールルーキーファーストチーム (2017)
  • オールビッグ12セカンドチーム (2014)
  • ビッグ12最優秀守備選手賞 (2014)
  • ビッグ12オールディフェンシブチーム (2014)
  • ビッグ12オールルーキーチーム (2014)

まずはジョエルエンビードのプロフィールから紹介していきます。

ジョエル・エンビードはカメルーン出身となっています。両親がバレーボール選手だったこともあり、元々はバレーボールを行っていました。

しかし、ジョエルエンビード本人はアキームオラジュワンに憧れを抱き、バスケットボールに興味がありました。すると、幸運なことにカメルーンで、現ヒューストン・ロケッツのルック・バ・ア・ムーティのクリニックに参加。

そこで感激を受けたジョエルエンビードはNBAを目指す決意をしました。そしてアメリカの名門カンザス大学に進学を果たしました。

1年生の頃から頭角を現したジョエルエンビードは、スタメンで起用され、全米にその名を轟かせていきました。最優秀守備選手賞やオールディフェンシブチームに選出されるなどの成績を残しました。

1年間カンザス大学でプレーし、NBAへのアーリーエントリーの道を選択しました。見事、フィラデルフィア・76ersに全体3位指名で入団しNBA入りを果たしました。

更に詳しくにジョエル・エンビードついて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

About 餅つきうさぎ 1309 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*