NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

【reception=https://www.youtube.com/watch?v=uCpPQy-DPGA】

皆さんこんにちわ!

今回は、NBAドラフトシリーズ第6弾をお届けします!

 

今回紹介するNBAドラフトは、2009年のNBAドラフトです。

2009年のNBAドラフトのメンバーはアメリカ合衆国ニューヨーク州で行われました。

僕は、この年のドラフトメンバーは、現在のNBA界を沸かせているメンバーが多数存在しているんです。

タイトルにもあるように、2009年のNBAドラフトで入団した選手は”モンスター”級の選手が多いように感じます。

どんな”モンスター”が揃った2009年NBAドラフトなのでしょうか?

僕の独断と偏見で”モンスター”たちを紹介していこうと思います!

 

 

おすすめ記事 →  21世紀最高のプレイヤーたちを輩出!今もなおNBA界を牽引する、2003年ドラフト組

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

 

 

 

【2009年のNBAドラフト】

【reception=http://www.zimbio.com/photos/David+Stern/2009+NBA+Draft/xn6m2IRQbT2】

 

まず始めに2009年のNBAドラフトで指名された主な選手を見ていきます。

 

1位 ブレイク・グリフィン

2位 ハシーム・サビート

3位 ジェームス・ハーデン

4位 タイリーク・エバンス

5位 リッキー・ルビオ

・・・

7位 ステファン・カリー

9位 デマー・デローザン

10位 ブランドン・ジェニングス

19位 ジェフ・ティーグ

21位 ダレン・コリソン

26位 タージ・ギブソン

 

2009年NBAドラフトメンバーを紹介しました。

全体1位指名の選手はブレイク・グリフィンでしたね。

ブレイク・グリフィン以外にも、現在のNBA界ではスタメンとして出場している選手を多数輩出しているのも特徴ではないでしょうか?

今回も何名か選手をピックアップして紹介していこうと思います。

 

2009年NBAドラフトの全体2位指名のハシーム・サビートという名前、どこかで聞いたことありませんか?

お気づきの方もいるかもしれませんが、横浜ビー・コルセアーズ所属のハシーム・サビートです!

ハシーム・サビートはNBAでのプレー経験もあり、ケビン・デュラントやラッセルウエスト・ブルックと共にプレーしたこともあるほどの有名選手なんですね。

横浜のハシーム・サビートもチェックしてみてくださいね!

 

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~他メーカー編~

 

 

 

【2009年NBAドラフト指名選手&モンスター①:ブレイク・グリフィン】

【reception=http://www.slamonline.com/nba/blake-griffin-clippers-not-transitional-season/】

 

2009年NBAドラフトの紹介選手1人目は、ブレイク・グリフィンです。

ブレイク・グリフィンは2009年のNBAドラフトにおいて1位指名で入団しています。

言わずと知れた”野獣”の異名を持つブレイク・グリフィン。

野獣のような強靭な肉体と高い身体能力を合わせ持ち、なおかつ俊敏性も兼ね備える驚異のパワーフォワードなんです。

ブレイク・グリフィンが放つ”モンスターダンク”は相手ディフェンスからしても驚異としか言いようがないでしょう。

これから先、ブレイク・グリフィンのモンスターダンクから目が離せません!

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】NBAの野獣~ブレイク・グリフィン~

おすすめ記事 →  ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

 

 

 

【2009年NBAドラフト指名選手&モンスター②:ジェームス・ハーデン】

【reception=https://www.sbnation.com/nba/2012/9/14/3332202/james-harden-contract-oklahoma-city-thunder】

 

2009年NBAドラフト紹介選手2人目は、ジェームス・ハーデンです。

ジェームス・ハーデンは2009年NBAドラフトで3位指名でNBA入りを果たしました。

入団当初はシックスマンとして出場しており、後から出場しているにも関わらず20得点以上もの得点を量産していたんです。

今ではスタメンとして起用され、独特のステップワークから得点を量産していますね。

スタメン起用されてからは1試合に30得点も取るようになり、時には50得点近く獲得することもあるほどです。

ジェームス・ハーデンの得点の取り方は学ぶ点が多数ありますので、一度参考にしてみてください!

HOOPS JAPANでもジェームス・ハーデンについて取り上げています。

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】歴史的トリプルダブルを達成~ジェームス・ハーデン~

おすすめ記事 →  ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

 

【2009年NBAドラフト指名選手&モンスター③:ステファン・カリー】

【reception=http://www.nba.com/video/channels/originals/2015/03/02/20150302-curry-greatest-rookie-plays.nba】

 

2009年NBAドラフト紹介選手3人目は、ステファン・カリーです。

ステファン・カリーと言えば、知らない人がいないほど有名人になりましたね。

NBAの歴史も変えるほどの選手なので、人気も急上昇中のです。

ステファン・カリーは以外にも2009年NBAドラフトにおいて7位指名で入団しているんですね。NBAドラフトは順位ではないことを証明しているように感じます。

入団後はゴールデンステイト・ウォリアーズ一筋で、入団当初からチームを牽引しています。

努力を重ねてきた結果もあり、個人として能力アップだけでなく、チームメイトにも恵まれた環境にあることは間違いありません!

今後、さらなる記録を目指して挑戦していって欲しいものですね。

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】NBAの歴史を変えた男~ステファン・カリー~

おすすめ記事 →  ステファン・カリーに学ぶ!!試合前のルーティン3選

 

 

【2009年NBAドラフト指名選手&モンスター④:デマー・デローザン】

【reception=https://raptorsrapture.com/2017/10/20/expect-toronto-raptors-season/】

 

2009年NBAドラフト、最後の紹介選手は、デマー・デローザンです。

2009年NBAドラフトで9位指名で現在のトロント・ラプターズに入団し、オフェンスマシーンとして活躍している選手です。

年々、ジャンプシュートや3Pシュートなどのアウトサイドシュートの向上に加え、ドライブからの豪快なダンクシュート、ポストプレーからのムーブメントなど、オフェンス面で大いに活躍をしている選手です。

スピードやキレも衰えることがないため、ディフェンス側も止めるのが一苦労な選手へと成長していることは間違いありません。

今後は、オフェンスマシーンとしての能力をさらに開花させ、注目を浴びていくことでしょう。

 

 

おすすめ記事 →  バスケで一流のスモールフォワードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  爆発的なオフェンス力を身に付けるためのハンドリング練習メニュー3選

 

 

 

【2009年NBAドラフトまとめ】

いかがでしたか?

 

・2009年のNBAドラフト組

・2009年NBAドラフト指名選手&モンスター①:ブレイク・グリフィン

・2009年NBAドラフト指名選手&モンスター②:ジェームス・ハーデン

・2009年NBAドラフト指名選手&モンスター③:ステファン・カリー

・2009年NBAドラフト指名選手&モンスター④:デマー・デローザン

 

 

今回は、2009年NBAドラフト指名選手を紹介しました。

”モンスター”揃いのメンバーが勢ぞろいであったと思います。

皆さんなら、この”モンスター”たちに名前を付けるとしたら”~モンスター”と名付けますか?

もし意見等ありましたら、コメントいただければと思います(*´▽`*)

 

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 269 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*