【NBAニュース】カーメロ・アンソニーがNBA引退を発表

カーメロ・アンソニーが5月22日(日本時間同日)、NBAからの引退を正式に発表しました。2003年のNBAドラフト全体3位でデンバー・ナゲッツに指名されたアンソニーは、NBAで19シーズンを過ごし、NBAでの最後の試合は、昨シーズンのロサンゼルス・レイカーズの一員として出場した試合となりまっした。

10回のオールスター、6回のオールNBAに選出され、得点王(2013年ニューヨーク・ニックス時代)にも輝いたアンソニーは、NBA75周年を記念したリーグ史上最も偉大な選手75人の1人に選ばれています。キャリア通算28289得点を記録し、レブロン・ジェームズ、カリーム・アブドゥル・ジャバー、カール・マローン、コービー・ブライアント、マイケル・ジョーダン、ダーク・ノビツキー、ウィルト・チェンバレン、シャキール・オニールに続いて、リーグ史上9番目のスコアラーとして引退します。

アンソニーは引退について以下のように語っています。

「私は自分に何もなかった頃のことを覚えている。あったのはコート上のボールと夢だけだった。しかし、バスケットボールは私を表現する手段だった。私の目標達成への決意は固く、その道のりには、私のコミュニティや私が誇りを持って代表する都市、そして私を支えてくれたファンがいた。支えてくれた人々と場所に生涯ずっと感謝する。なぜなら、彼らが私をカーメロ・アンソニーにしてくれたのだから」

「しかし、今、別れを告げる時が来た。(中略)NBAとのこのほろ苦い別れを感じつつも、私はこれから待ち受ける未来にワクワクしている」

アンソニーは、19シーズンのキャリアで通算1260試合に出場し、1試合平均22.5得点、6.2リバウンド、2.7アシスト、1.0スティール、0.5ブロック、フィールドゴール成功率44.7%、3ポイントショット成功率35.5%、フリースロー成功率81.4%を記録している。

2003年ドラフトの同期には、1位にレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、4位に殿堂入りしたクリス・ボッシュ、5位にこの夏に殿堂入りするドウェイン・ウェイドがいる。アンソニーは、やがて彼らと一緒に殿堂入りを果たすことになるだろう。

引退発表の映像でアンソニーは、高校生のシューティングガードとして高い評価を得ている息子のカイアンの成長を見守るのが楽しみだとも話している。

「自分のレガシーは何だと思うかと聞かれることがある」とアンソニーは続ける。

「でも、そう聞かれて思い浮かぶのは、コート上での偉業や、賞や賞賛ではないんだ。なぜなら、私の物語は常にバスケットボールを超えるものだったから。私のレガシーは、私の息子を通して永遠に続いていくだろう。カイアン、きみがこの情熱を受け継ぐ時が来たんだ」

おすすめ記事 →  【筋トレ】ダンクも夢じゃない!?バスケでジャンプ力が劇的に上がる11つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでディフェンスが劇的に上達する9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【カーメロ・アンソニーのプロフィール】

本名:カリメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)

【誕生日】1984年5月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】109kg
【ポジション】SF
【受賞歴】

  • 10×NBAオールスターゲーム出場 : 2007, 2008, 2010~2017
  • 得点王 : 2013
  • オールNBAチーム
    • 2×2ndチーム : 2010, 2013
    • 4×3rdチーム : 2006, 2007, 2009, 2012
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2004
  • NBAルーキーチャレンジ : MVP: 2005
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2006, 2016
  • NCAAチャンピオン : 2003

ニューヨークのブルックリンで生まれたカリメロ・アンソニーは、父親を2歳の時に亡くしその後ボルティモアに移住しました。ボルティモアはスラム街が有名で、殺人や薬物中毒が蔓延する環境でカリメロ・アンソニーは育ちました。

しかし、カリメロ・アンソニーはその誘惑には負けずバスケットボールプレイヤーとして頭角を現していきました。2001年にはボルティモアの年間最優秀選手に選ばれ、その後はバスケット選手としてのキャリアアップの為に転校し、全米随一のバスケット名門校として知られるヴァージニア州のオークヒル・アカデミー高校通いました。そこでカリメロ・アンソニーの名は一気に全国区となり、スラムダンクコンテスト優勝や代表選手になるなど活躍しました。

大学は̪シラキュース大学に進学し、新人ながらも大活躍しました。シラキュース大学初のNCAAトーナメント優勝に導いたカリメロ・アンソニーはNCAAトーナメントのMVPや新人賞などを総なめにし、2003年にNBAドラフトにアーリーエントリーを行いました。

でも紹介しましたが2003年ドラフトは強者揃いで、

その中でもカリメロ・アンソニーは全体3位指名でデンバー・ナゲッツに入団しました。

その後の詳しい記事は合わせてこちらもご確認ください!

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

About 餅つきうさぎ 1295 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*