【2023年ドラフト】大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手は??パート5

NBA2022-23年シーズンのプレイオフも始まり、白熱した試合が続いていますが、今回は2023-24年シーズンの大きなカギとなるNBAドラフト2023年に名前が挙がっている選手達です。

毎年恒例とはなりますが、「大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手パート5」としてドラフト候補選手を紹介します。

早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2023年ドラフト候補選手パート5を紹介します。何大学のどんな選手がの候補選手となっているのでしょうか?見ていきましょう。

・ビラル・クリバリ

・コービー・バフキン

・レナード・ミラー

・ノア・クラウニー

・ジェット・ハワード

大胆予想第1弾、大胆予想第2弾、大胆予想第3弾、大胆予想第4弾

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

Contents

【NBAドラフト2023候補:ビラル・クリバリ】

本名:ビラル・クリバリ(Bilal Coulibaly)

【誕生日】2004年7月26日
【出身地】フランス
【身長】198cm
【所属】メトロポリタンズ 92
【ポジション】スモールフォワード

ビラル・クリバリはフランスで育ったバスケットボール選手です。

8歳の時からバスケットボールをはじめて、2021年からリーグ・ナショナル・バスケットボールの21歳以下のリーグでプロデビューをしました。メトロポリタンズでは平均21.9得点2.6スティール1.2ブロックを記録するなどして上部のチームに昇進しました。

またビラル・クリバリは18歳以下のフランス代表に選出されるなどナショナルチーム経験もある選手となります。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【NBAドラフト2023候補:コービー・バフキン】

本名:コービー・バフキン(Kobe Bufkin)

【誕生日】2003年9月21日
【出身地】アメリカ合衆国ミシガン州
【身長】196cm
【体重】88kg
【所属】ミシガン大学
【ポジション】スモールガード

コービー・バフキンはアメリカ合衆国もミシガン州出身のバスケットボール選手です。

高校時代から得点力が高い選手で、高校3年目のシーズンに平均22得点・5リバウンド・4アシストを記録し、4年時にはケガなどの影響もありながらも平均25得点・7リバウンド・5アシストを記録し、マクドナルド・オール・アメリカン、ジョーダン・ブランド・クラシックに選出される実力を持った選手です。

大学はミシガン大学に進学し、1年時こそ出場時間になかなか恵まれませんでしたが、2年生になるとプレイタイムが増えスターターとして活躍をし、1年時平均得点3点だったのが14点に延び、随所でビックテンの選抜選手に選出されています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2023候補:レナード・ミラー】

本名:レナード・ミラー(Leonard Miller)

【誕生日】2002年4月29日
【出身地】カナダ
【身長】208cm
【体重】96kg
【所属】NBA Gリーグ イグナイト
【ポジション】スモールフォワード

レナード・ミラーはカナダのオンタリオ州出身の選手です。幼少期にはバスケ以外にもバレーボールやゴルフなど幅広いスポーツを行っていました。

高校時代はバスケに打ち込むも、十分な出場機会を与えられず、卒業時点で大学からのオファーはない悔しさを経験しました。その後フォートエリー国際アカデミーに進学して1年間プレーしエースとして活躍しました。その結果チームを州大会優勝に導いてMVPを受賞し、ナイキ・フープサミットに選出されました。

アカデミー活躍後は大学から25以上のオファーを貰いましたが、プロであるNBA Gリーグでプレイする意思表示をし、プロデビューしました。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2023候補:ノア・クラウニー】

本名:ノア・クラウニー(Noah Clowney)

【誕生日】2004年7月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】208cm
【体重】95kg
【所属】アラバマ大学
【ポジション】パワーフォワード

ノア・クラウニーはアメリカ合衆国サウスカロライナ州で育ったバスケットボール選手です。

高校時代最終学年では17.5得点9.7リバウンド1.7ブロックを記録し、NCAA強豪チームからもいくつかのオファーを貰う中でアラバマ大学人進学しました。

アラバマ大学では1年生よりスターターパワーフォワードとして出場しサウスイースタンカンファレンスのフレッシュマンオブザウィークに選出されるなど活躍しました。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2022候補:ジェット・ハワード】

本名:ジェット・ハワード(Jett Howard)

【誕生日】2003年9月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】98kg
【所属】ミシガン大学
【ポジション】スモールフォワード

ジェット・ハワードはアメリカ合衆国のイリノイ州出身のバスケットボール選手です。

ノバ・サウスイースタン大学附属高等学校ではスコッティ・バーンズ、テイラー・ヘンドリックスらとチームメイトで2018年、2019年にU-16アメリカ代表のミニキャンプに参加した実力を持っています。

2020年よりIMGアカデミーに転校しており、2021年にはチームメイトのムサ・ディアバテらと共にGEICOナショナルチャンピオンシップの準決勝に進出したが、サンライズ・クリスチャンアカデミーに敗れています。2022年はチームメイトのキヨンテ・ジョージ、ジャレス・ウォーカーらと共に再びGEICOナショナルチャンピオンシップの準決勝に進出していますが、モントバード・アカデミーに敗れています。

高校卒業時の2022年のジョーダン・ブランド・クラシックに選出され、20得点を記録しており、観戦に訪れたアレン・アイバーソンやJ・R・スミスから称賛されています。

大学はミシガン大学に進学し、2022年11月7日のパデュー大学フォートウェイン校戦のデビュー戦では、21得点を記録しました。ミシガン大学の1年生がデビュー戦で20得点以上を記録したのは1999年のジャマール・クロフォード以来の数値で、2023年1月12日のアイオワ大学戦ではシーズンハイとなる34得点を記録しています。シーズンを通してチーム2位となる平均14.2得点を記録し、コーチによるオールビッグ10サードチームに選出されています。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2023候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2023候補:ビラル・クリバリ
●NBAドラフト2023候補:コービー・バフキン
●NBAドラフト2023候補:レナード・ミラー
●NBAドラフト2023候補:ノア・クラウニー
●NBAドラフト2023候補:ジェット・ハワード

今回はNBAドラフト2023候補パート5を紹介しました。NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2023にも注目してみてください!

大胆予想第1弾、大胆予想第2弾、大胆予想第3弾、大胆予想第4弾

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

About 餅つきうさぎ 1277 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*