【NBA選手名鑑|キャメロン・ジョンソン】

こんにちわ!「餅つきうさぎ」です!

さあ!またまたNBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

今回「餅つきうさぎ」がピックアップした選手は、キャメロン・ジョンソンを紹介します。

2019年NBAドラフトで全体19位でミネソタ・ティンバーウルブズに指名されその後直ぐにフェニックス・サンズに移籍し、キャリア2年目にしてフェニックス・サンズでNBAファイナルを経験した選手です。

今回はそんなキャメロン・ジョンソン選手をプレーの魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

Contents

【キャメロン・ジョンソンのプロフィール】

Nets Rumors: East Rival to 'Throw Offer' at Cameron Johnson

本名:キャメロン・ジョンソン(Cameron Johnson)

【誕生日】1996年3月3日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】106cm
【体重】95kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】2番
【ポジション】PF

キャメロン・ジョンソンはペンシルベニア州出身の選手で、高校時代はポイントガードをやるほど身長が低かったものの、高校在学中に急激に伸び、大学はピッツバーグ大学に進学しました。

ピッツバーグ大学では2年在籍し、ノースカロライナ大学に転校し、3年よりケガに見舞われながらもチームの3番目の得点源として活躍しました。4年時にはケガから完全復帰し、16.9得点、5.8リバウンド、2.4アシストを記録し、チームの中心選手で活躍しました。

そんなキャメロン・ジョンソンとはどんな選手なのでしょうか?キャメロン・ジョンソンの記録とともに振り返ってみましょう。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【キャメロン・ジョンソンの記録】

  • オールACCファーストチーム (2019)

2019年のNBAドラフトで11番目のミネソタ・ティンバーウルブズに指名されたキャメロン・ジョンソンはトレードでフェニックス・サンズに移籍し、NBAキャリアはフェニックス・サンズでスタートしました。

フェニックス・サンズではルーキーシーズンから得点源としてベンチからのスタートなどをし、2年目のシーズンにはNBAファイナルを経験するなど、サンズの躍進を助けた若手の1人でした。

2021‐22年シーズンにはシックスマンオブザイヤーの候補者として、タイラー・ヒーローやケビン・ラブなどと名を連ね、その存在感を高めていきました。2023年の2月にはケビン・デュラントのトレードに巻き込まれる形で、ブルックリン・ネッツに移籍しました。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【キャメロン・ジョンソンのプレー3つの魅力】

ところでそんなキャメロン・ジョンソン選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析を行ってみます。

キャメロン・ジョンソンの魅力①:ドライブ】

キャメロン・ジョンソンの1つ目の魅力は、ドライブです。

スリーポイントの確率も高いですが、キャメロン・ジョンソンの魅力はコートを縦横無尽に駆け回りドライブをしてダンクを叩き込む身体能力の高さがあります。

このプレイをすることでチームは盛り上がり勢いがチームに注入され、チームには必須な要素になります。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【キャメロン・ジョンソンの魅力②:スリーポイント】

キャメロン・ジョンソンの2つ目の魅力は、スリーポイントです。

キャメロン・ジョンソンの武器はスリーポイントできれいなシュートフォームからスリーポイントを決めます。サンズでも最年少100本スリーポイント成功の記録を持つなど、チームからもそのスリーポイントの成功率が認められていました。

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

【キャメロン・ジョンソンの魅力③:クラッチ】

キャメロン・ジョンソンの3つ目の魅力は、クラッチです。

キャメロン・ジョンソンの爆発力は時にしてチームを鼓舞します。38得点をした試合ではゲームブザービーターとなるシュートを決めるなど勝負強さのメンタリティーを持っています。一度シュートが決まり始めると厄介な選手になります。

まさにチームの勢いをつける選手としてコート内の存在感は抜群です。

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

【キャメロン・ジョンソンのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・キャメロン・ジョンソンのプロフィール

・キャメロン・ジョンソンの記録

・キャメロン・ジョンソンの魅力①:ドライブ

・キャメロン・ジョンソンの魅力②:スリーポイント

・キャメロン・ジョンソンの魅力③:クラッチ

色々とキャメロン・ジョンソンについて調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後も「餅つきうさぎ」はいろいろな選手をご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

About 餅つきうさぎ 1307 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*