【NBAニュース】2023-24年シーズン第3週の週間最優秀選手が発表

Contents

キングスのフォックスとニックスのブラウンソンが2023-24年シーズン3週の優秀選手に選出

11月20日(日本時間21日)、NBAが2023-2024シーズン第4週の週間最優秀選手を発表し、ウェスタン・カンファレンスからサクラメント・キングスのディアロン・フォックス、イースタン・カンファレンスからニューヨーク・ニックスのジェイレン・ブランソンが選出されました。

昨季の最優秀クラッチ選手賞を受賞したフォックスは、平均32.3得点、4.8リバウンド、6.3アシスト、2.3スティールを記録し、4勝0敗と完璧だったキングスをけん引しました。インシーズン・トーナメントのサンアントニオ・スパーズ戦では、3ポイントショット成功5本などで43得点、8リバウンド、7アシストをマークしており、翌日のダラス・マーベリックス戦でも、自己最多タイの3P成功6本で2試合連続の30得点超を達成。チームの勝利に貢献しています。

一方、ブランソンは3勝1敗だったニックスで平均28.5得点、6.5アシストを記録しています。またワシントン・ウィザーズ戦、シャーロット・ホーネッツ戦と2試合連続で32得点をあげており、第4週のブランソンは3P成功率が54.3%と好調でした。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ディアーロン・フォックスのプロフィール】

本名:ディアロン・フォックス(De’Aaron Fox)

【誕生日】1997年12月20日
【出身地】アメリカ
【身長】191cm
【体重】79kg
【所属】サクラメント・キングス
【背番号】5番
【ポジション】PG

ディアロン・フォックスは2003年NBAドラフトで全体5位指名でNBA入りを果たしました。テキサス州のサイブレス・レイク高校に在学中から全米級の超逸材選手として注目されていた選手で、マクダナルズ・オール・アメリカン、ジョーダンブランド・クラシック、ナイキ・フープ・サミット等でのメンバーに選出されています。

キレのあるドライブを武器に相手ディフェンスを崩すのが得意なプレイヤーです。ドライブで切れ込んだ後に、ゴール下ではフローターシュートを放つことが多くあります。カバーにきたデイフェンスもブロックショットで飛ぼうとした際には、空中で交わされてします。

また、ドライブから味方に合わせるアシストパスも器用にこなすため、相手ディフェンスはなかなか守り切れない選手です。

更に詳しくディアーロン・フォックスについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジェイソン・テイタムのプロフィール】

本名: ジェイレン・ブランソン (Jalen Brunson)

【誕生日】1996年8月31日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】86kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【背番号】11番
【ポジション】PG

ジェイレン・ブラウンソンは父親が元NBA選手で、高校時代からジェイソン・テイタムらと共にバスケットボールU-19世界選手権のアメリカ代表に選出されるなど注目選手で、大会MVPを受賞するなど同世代の選手の中でトップクラスの活躍を見せていました。

大学はNCAA常連校のビラノバ大学に進学し、司令塔としてチームを牽引し、ダンテ・ディヴィンチェンゾ、ミカル・ブリッジズらと共に1年目と3年目のシーズンにそれぞれNCAAチャンピオンに輝くなど「過去10年間のカレッジバスケットボール界で最高の選手」と評されるほどの選手でした。

さらに詳しくジェイレン・ブラウンソンについてしりたいひとは、こちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1276 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*