【NBAニュース】2023-24年シーズン第11週の週間最優秀選手が発表

Contents

ロケッツのアルペレン・シェングンとニックスのジェイレン・ブランソンが第11週の週間最優秀選手に選出

1月8日(日本時間9日)、NBAが2023-2024シーズン第11週の週間最優秀選手を発表し、ウェスタン・カンファレンスからヒューストン・ロケッツのアルペレン・シェングン、イースタン・カンファレンスからニューヨーク・ニックスのジェイレン・ブランソンが選出されました。

シェングンは3勝1敗だったロケッツで平均24.0得点、7.0リバウンド、4.5アシストを記録しました。

一方、ブランソンは平均27.3得点、9.3アシスト、3.3リバウンドをマークし、ニックスを4勝0敗に導いています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版

【アルペラン・シェングンのプロフィール】

Alperen Sengun interrupted Houston's losing-streak with an historic  statline - Eurohoops

本名:アルペラン・シェングン(Alperen Sengun)

【誕生日】2001年7月25日
【出身地】トルコ
【身長】208cm
【体重】110kg
【所属】ヒューストン・ロケッツ
【ポジション】C

アルペラン・シェングンはトルコで生まれ育った選手で、兄がバスケをプレーする姿を見て8歳からバスケを始めました。両親はシェングンが競泳選手になることを望んでおり、当初は競泳とバスケを並行してプレーしていたが、後にバスケに専念する形となりました。

2012年から2014年までギレスン大学でプレーした後、2014年8月にバンディルマ・BIKとユース契約を結びました。その後契約最終年の2018-19シーズンにはチームをジュニアリーグ優勝に導き、リーグMVPを受賞しています。

2018年にトルコのプロリーグの一員であるTBLのバンディルマ・キルミズィ・BKと契約し、ルーキーシーズンは平均10.9得点、6.8リバウンド、1.2アシストの成績を記録しました。

2019-20シーズンはかつてユース契約を結んでいたバンディルマ・BIKのトップチームでプレーし、22試合に出場して平均5.0得点、3.9リバウンド、0.6アシストの成績を記録しました。

2020年8月にベシクタシュJKと3年契約を結び、2020-21シーズンは34試合に出場して平均18.6得点、8.9リバウンド、2.7アシストの成績を記録し、オフの2021年5月12日にシーズンMVPを受賞する活躍をしています。その結果を持って2021年のNBAドラフトへエントリーしました。

さらに詳しくのアルペレン・シェングンについて知りたい人、こちらをご確認ください。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジェイレン・ブランソンのプロフィール】

本名: ジェイレン・ブランソン (Jalen Brunson)

【誕生日】1996年8月31日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】86kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【背番号】11番
【ポジション】PG

ジェイレン・ブラウンソンは父親が元NBA選手で、高校時代からジェイソン・テイタムらと共にバスケットボールU-19世界選手権のアメリカ代表に選出されるなど注目選手で、大会MVPを受賞するなど同世代の選手の中でトップクラスの活躍を見せていました。

大学はNCAA常連校のビラノバ大学に進学し、司令塔としてチームを牽引し、ダンテ・ディヴィンチェンゾ、ミカル・ブリッジズらと共に1年目と3年目のシーズンにそれぞれNCAAチャンピオンに輝くなど「過去10年間のカレッジバスケットボール界で最高の選手」と評されるほどの選手でした。

さらに詳しくジェイレン・ブラウンソンについてしりたいひとは、こちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1307 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*