【NBAニュース】ヒートとホーネッツがトレードでラウリーとロジアーをそれぞれ獲得

1月23日(日本時間24日)、マイアミ・ヒートとシャーロット・ホーネッツがトレードを発表しました。トレード内容は以下のとおりです。

ヒート獲得

  • テリー・ロジアー

ホーネッツ獲得

  • カイル・ラウリー
  • 2027年のドラフト1巡目指名権(ロッタリー保護条件つき、譲渡されなければ保護条件なしの2028年1巡目指名権に)

ロジアーは2023-2024シーズン、ホーネッツで30試合に出場(全試合先発)しており、平均35.5分間のプレイで23.2得点、6.6アシスト、3.9リバウンド、1.07スティール、フィールドゴール成功率45.9%、フリースロー成功率84.5%を記録しています。平均得点、アシスト、FG成功率、FG成功、FT成功はいずれも自己最多・自己最高の数字となっています。

今季のロジアーは1試合を除く29試合で二桁得点をあげており、21試合で20得点超、6試合で30得点超、1試合で40得点超を記録しています。12月29日(同30日)の敵地でのフェニックス・サンズ戦では、今季自己最多の42得点、8アシストを、3ポイントショット成功8本をマークしており、ターンオーバーなしでこれらの数字を達成したのは、NBA史上3人目となっています。

また、ロジアーは今季の20試合でチーム最多アシスト、13試合でチーム最多得点、7試合でチーム最多スティール、4試合でチーム最多ブロック、1試合でチーム最多リバウンドを記録しており、自己最多の13アシストを3試合で達成しており、第4クォーターの平均得点で今季リーグ5位につけています。

2019年にケンバ・ウォーカーのトレードでボストン・セルティックスからホーネッツに加入したロジアーは、ホーネッツでの5シーズンで298試合に出場(全試合先発)していました。平均20.0得点、4.3リバウンド、4.7アシスト、1.2スティールを記録しているおり、得点は球団史上5位で3P成功とスティールは同10位の数字となっています。

ロジアーはセルティックスでの4年で常にポストシーズンを経験しており、イースタン・カンファレンス・ファイナルを2回戦っています。9年のキャリアで通算570試合に出場(先発328試合)しており、平均14.1得点、3.9リバウンド、3.6アシスト、1.0スティールを記録しています。

一方、ラウリーは今季、ヒートで37試合に出場(先発35試合)しており、平均8.2得点、3.5リバウンド、4.0アシスト、1.1スティールを記録しています。2シーズン半在籍のヒートでは、2022年にイーストのカンファレンス・ファイナル、2023年にNBAファイナルを戦っています。レギュラーシーズンの155試合に出場(先発142試合)し平均11.4得点、5.8アシスト、4.1リバウンド、1.05スティールをマークしています。

18シーズン目のラウリーは、通算で1115試合に出場(先発866試合)し平均14.4得点、4.3リバウンド、6.2アシスト、1.3スティールを記録しています。またオールスター選出6回、2015-2016シーズンにオールNBAサードチームに選ばれ、2019年にトロント・ラプターズでNBA優勝を果たしています。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

Contents

【テリー・ロジアーのプロフィール】

HEAT ACQUIRE TERRY ROZIER | NBA.com

本名:テリー・ロジアー(Terry Rozier)

【誕生日】1994年3月17日
【出身地】アメリカ
【身長】185cm
【体重】86kg
【所属】シャーロット・ホーネッツ
【背番号】3番
【ポジション】PG

テリー・ロジアーは高校卒業時には平均得点29.3、7.8リバウンド、5.6アシストを記録し大会でMVP、スリーポイントコンテストとダンクコンテストで2位などその身体能力の中さは高校内屈指でした。

大学時代でもスター選手でNCAAで名門のルイビル大学で1年時よりスター選手として活躍しており、1年生時の2013-14シーズンにAACのオールルーキーチームに選出され、翌2014-15シーズンには平均17.1得点を記録しています。

さらに詳しくテリー・ロジアーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【カイル・ラウリーのプロフィール】

NBA Rumors: Hornets Could Pull Off Major Trade For Kyle Lowry

本名:カイル・ラウリー(Kyle Lowry)

【誕生日】1986年3月25日
【出身地】アメリカ
【身長】183cm
【体重】93kg
【出身校】ビラノバ大学
【所属】シャーロット・ホーネッツ
【ポジション】PG

カイル・ラウリ―は高校時代から全米ポイントガード部門6位のランキングをされていた全米に名が知られていたプレイヤーの1人でした。大学はビラノバ大学に進学し、小柄ながらも1年生の時からビックイースト地区でオールルーキーチームに選出されたりと活躍していました。2年生になると平均得点11点、4.3リバウンド、3.7アシスト、2.3スティールととスタッツ成績を上げ、チームの1番ポイントガードとなっていきました。

その後2006年にNBAへアーリーエントリーを行い、1巡目24位でメンフィス・グリズリーズに指名されNBAデビューとなりました。

さらに詳しくカイル・ラウリーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1309 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*