【NBA】MLK(キング牧師) DAYとは?

今回はいつものテイストを変えて、アメリカの歴史とバスケットボールとの関連を記事にしていきたいと思います。

皆さんはNBA MLK Dayという日をご存じだったでしょうか?

1月の第3月曜日、この日はアメリカにとって歴史的な日になります。

MLKとはマーティンルーサーキングジュニアの略したものになります。日本訳をすれば、キング牧師の日となります。皆さんはキング牧師という人がどんな人かはご存知でしょうか?

今回は”MLK DAY”とNBAの関係や、トピックスをご紹介します。

おすすめ記事 → 【バッシュ】NBA界の型破りなシューターが着用するバッシュ~ステファン・カリー~
おすすめ記事 → 【バッシュ】多彩なオールラウンダーが着用するバッシュ~ポール・ジョージ~

【”MLK DAY”とは?】

さて、気になっていた試合の結果が分かったところで本題に入ります。(笑)

”MLK DAY”

皆さんは何の日か知っているでしょうか?

そもそも”MLK”とは何を指すのでしょうか?

”Dr. Martin Luther King Jr.”

そう、”MLK”とは”Dr. Martin Luther King Jr.”の頭文字をとったものになります。

そしてこの人は、アメリカ史のかなり重要人物です。

この言葉を聞いたことがあると思います。

(ちなみに著者は中学校で学びました。)

http://www.americanrhetoric.com/speeches/mlkihaveadream.htm

因みに動画の下に張ったサイトで全文が見れます。良かったらどうぞ。

簡単に言えば、そうアメリカのことを好きな人は知っているかもしれませんが、黒人差別に異議を唱えた人です。

アメリカは元もと人種差別がとても厳しかった国でした。奴隷制度があったことでも有名ですが、”MLK”(キング牧師)は自身が黒人でありながら、アフリカ系アメリカ人の公民権運動のリーダーとして、生き続けた方です。

スポーツも昔は黒人はプレーすることが許されていなかった時期もあり、今NBAでは当たり前のNBAスター達も”MLK”(キング牧師)がいなければ、プレーをすることさえ許されなかったかもしれないということもあり、大きくアメリカの歴史を変えて、もっと言えば世界のスタンダードを変えた偉人の1人だということです。

その人の誕生を祝って”MLK DAY”という日ができたわけです。

今のNBAで黒人選手やアジア系など色々な順守の選手が当たり前のようにプレーできているのはキング牧師のおかげと言っても過言ではないのです。

おすすめ記事 → 【バッシュ】クレイ・トンプソンが契約しているバッシュメーカー、ANTA Sports
おすすめ記事 → 【バッシュ】NBA界屈指のドリブラーが着用バッシュ~カイリー・アービング~

【NBAの”MLK DAY”仕様】

NBAではこの日の為だけに靴がデザインされたり、服が作られたりと、1つの年明け商戦にもなります。

実際にバッシュや洋服など、NBA選手が身に着けているものが変わるのを見るのも楽しみ方の一つだと思います。

【MLK バッシュコレクション】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Reference:https://www.slamonline.com/kicks/nba-sneakers-2019-0121/

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

いかがだったでしょうか?

アメリカは歴史をすごく大切にする国です。クリスマスももちろんですが、サンクスギビングなど”感謝心”という言葉をキーワードに式典や採点も多く行われます。

試合の結果ももちろん大切ですが、こういった細部も意識してNBAを見ると一層面白いかもしれませんね。

因みにクリスマスの時のバッシュコレクションの記事もあるのでそちらもご確認ください!

【バッシュ】NBAバッシュ!クリスマスコレクション!

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 355 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*