【NBA】MLK DAYとは?

2018年1月15日、この日は11試合がアメリカで行われ、昨年のNBAファイナルを戦ったゴールデンステート・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズが対戦し白熱した試合になりました。

またクリス・ポールが今シーズンか移籍したヒューストン・ロケッツが古巣のロスアンゼルス・クリッパーズと戦って一色触発の荒れた試合になったのも見ものでしたね。

 

因みに皆さんはご存じだったでしょうか?

1月の第3月曜日、この日はアメリカにとって歴史的な日になります。

今回の試合の組み合わせもこの日付だったからからこそ実現したといっても過言では無いと思います。

 

ということで、今回はちょっと嗜好を変えてアメリカの歴史を簡単に紹介します。

”MLK DAY”とはいったい何なのでしょうか??

 

【”MLK DAY”の試合結果】

とはいうものの、”MLK DAY” 試合の結果も気になりますよね。(笑)

ちょっと堅苦しくなる前に、試合の結果だけ簡単に紹介しておきます。

    • Hornets 118, Pistons 107
    • 76ers 117, Raptors 111
    • Bucks 104, Wizards 95
    • Atlanta Hawks 102, San Antonio Spurs 99
    • New York Knicks 119, Brooklyn Nets 104
    • Chicago Bulls 119, Miami Heat 111
    • Memphis Grizzlies 123, Los Angeles Lakers 114
    • Oklahoma City Thunder 95, Sacramento Kings 88
    • Golden State Warriors 118, Cleveland Cavaliers 108
    • Indiana Pacers 109, Utah Jazz 94
    • Los Angeles Clippers 113, Houston Rockets 102

 

クリッパーズ対ロケッツではクリッパーズが勝ったものの、古巣のデビュー戦となったクリス・ポールは試合後にロケッツの選手4人を連れクリッパーズのロッカールームに殴り込み(本当には勿論殴ってはいないそうだが…)に行くなど衝突があった。

 

また昨年のチャンピオンシップを争ったクリブランド・キャバリアーズとゴールデンステート・ウォリアーズの試合は昨年と同様に、ウォリアーズが勝利した。

 

【”MLK DAY”とは?】

さて、気になっていた試合の結果が分かったところで本題に入ります。(笑)

 

”MLK DAY”

皆さんは何の日か知っているでしょうか?

 

そもそも”MLK”とは何を指すのでしょうか?

”Dr. Martin Luther King Jr.”

そう、”MLK”とは”Dr. Martin Luther King Jr.”の頭文字をとったものになります。

そしてこの人は、アメリカ史のかなり重要人物です。

この言葉を聞いたことがあると思います。

(ちなみに著者は中学校で学びました。)

http://www.americanrhetoric.com/speeches/mlkihaveadream.htm

因みに動画の下に張ったサイトで全文が見れます。良かったらどうぞ。

 

簡単に言えば、そうアメリカのことを好きな人は知っているかもしれませんが、黒人差別に異議を唱えた人です。

アメリカは元もと人種差別がとても厳しかった国でした。奴隷制度があったことでも有名ですが、”MLK”(キング牧師)は自身が黒人でありながら、アフリカ系アメリカ人の公民権運動のリーダーとして、生き続けた方です。

スポーツも昔は黒人はプレーすることが許されていなかった時期もあり、今NBAでは当たり前のNBAスター達も”MLK”(キング牧師)がいなければ、プレーをすることさえ許されなかったかもしれないということもあり、大きくアメリカの歴史を変えて、もっと言えば世界のスタンダードを変えた偉人の1人だということです。

その人の誕生を祝って”MLK DAY”という日ができたわけです。

 

凄くざっくりとまとめてしまったので今後確りと、またアメリカ史についての記事でも書こうと思います。(笑)

 

【NBAの”MLK DAY”仕様】

NBAではこの日の為だけに靴がデザインされたり、服が作られたりと、1つの年明け商戦にもなります。

実際にバッシュや洋服など、NBA選手が身に着けているものが変わるのを見るのも楽しみ方の一つだと思います。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

アメリカは歴史をすごく大切にする国です。クリスマスももちろんですが、サンクスギビングなど”感謝心”という言葉をキーワードに式典や採点も多く行われます。

試合の結果ももちろん大切ですが、こういった細部も意識してNBAを見ると一層面白いかもしれませんね。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 203 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*