Bリーグ初代リバウンド王に輝いたゴール下の番人、ライアン・ロシター選手のプレー3つの魅力

【reference=https://basketballking.jp/】

栃木ブレックスの32番を背負う、ライアン・ロシター選手。

ライアン・ロシター選手は、2016-17シーズンのBリーグでリバウンド王に輝きました。

そのゴール下の力強さが、栃木ブレックスをBリーグ初代チャンピオンへと導いたのです。

 

今回は、そんなライアン・ロシター選手の魅力に迫っていきたいと思います。

 

 

【ライアン・ロシター選手ってどんなプレイヤー?】

そもそも、ライアン・ロシター選手ってどんなプレイヤーなのでしょうか?

まずはその概要に迫りたいと思います。

 

ライアン・ロシター:プロフィール

【reference=https://www.tochigibrex.jp/roster/ryan_rossiter.html】

【誕生日】1989年9月14日
【出身地】アメリカ合衆国ニューヨーク州
【身長】206cm
【体重】108kg
【出身校】Siena College
【所属】栃木ブレックス
【背番号】32番
【ポジション】パワーフォワード/センター

ライアン・ロシター選手はシエナ大学在学時、大学3年生で13.8得点11.1リバウンドをあげています。

その結果、メトロ・アトランティック・アスレチック・カンファレンスのファーストチームに選出しています。

また、大学4年生では全米2位の13.2リバウンドという驚異的な数字を叩き出し、カンファレンスの最優秀選手に選ばれました。

大学4年間で、大学で歴代1位の1151リバウンド、歴代3位の167ブロックを達成したのです。

 

アメリカの大学で大活躍をしたライアン・ロシター選手は、フランス2部リーグのDenain ASC Voltaireでプレーをしました。

その後の2012年にはDリーグのカントン・チャージとプロ契約を交わしました。

 

2013年に入ってからは栃木ブレックスに加入し、12月には月間最優秀選手に選ばれています。

2014−15シーズンでは、NBL2位のアベレージ13.3リバウンド、4位のアベレージ19.9得点をあげ、ベスト5に選出されたのです。

2015-16シーズンに入ってからも、アベレージ23.7得点、12.5リバウンドでシーズンMVPにベストファイブを獲得しました。

 

Bリーグが新設されてからもライアン・ロシター選手はリバウンド王に輝き、見事チームを初代チャンピオンへと導きましtあ。

こうして日本で大活躍をしているライアン・ロシター選手ですが、果たしてプレーにはどんな魅力があるのでしょうか?

3つの魅力にまとめて、お伝えしていきますね。

おすすめ記事→[Bリーグ]栃木ブレックスの戦力を勝手に分析してみた

おすすめ記事→規格外の体格を活かした高い得点能力を誇る、鵤誠司選手のプレー3つの魅力

おすすめ記事→日本バスケ界のパイオニア・田臥勇太選手が残した3つの偉業

 

 

【ライアン・ロシター選手の魅力①:Bリーグ界トップクラスのリバウンド力】

【reference=http://basket-count.com/】

まず1つ目にあげる、ライアン・ロシター選手のプレーの魅力は「Bリーグ界トップクラスのリバウンド力」です。

ライアン・ロシター選手は、日本でトップレベルのリバウンド力を誇っています。

そのリバウンド力が認められ、見事リバウンド王に輝いたのでしょう。

 

他の外国籍選手と比べても、サイズは206cmとそれほど高くはありません。

しかし、長い腕を活かした巻き込むようなリバウンドであったり、ボールへの執着心の強さが、1つ1つのプレーから伝わってきます。

また、ライアン・ロシター選手はポジション取りもうまく、賢いリバウンドの取り方もできる選手です。

これが1つ目のライアン・ロシター選手の魅力です。

 

 

【ライアン・ロシター選手の魅力②:意地でも決めるゴール下の強さ】

【reference=https://www.asahi.com/】

続いて2つ目にあげる、ライアン・ロシター選手のプレーの魅力は「意地でも決めるゴール下の強さ」です。

ライアン・ロシター選手は、ゴール下のプレーが非常にパワフルで力強いです。

リングまで確実に持っていく力強いゴール下のシュートは、見ていて圧巻です。

 

バスケットカウントも量産しますし、一度シュートを外してもそれを自ら拾い、ゴール下のシュートを決め切ります。

こういった力強さは、あまり日本人で持っている人は少ないのではないでしょうか。

栃木ブレックスは、貴重なゴール下の戦力を有していますね。

このゴール下の力強さが、ライアン・ロシター選手の2つ目の魅力です。

おすすめ記事→センターがフックシュートをマスターするための3つの練習法

おすすめ記事→バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

 

 

【ライアン・ロシター選手の魅力③:外からも射抜く外角のシュート】

【reference=https://www.tochigibrex.jp/roster/ryan_rossiter.html】

最後に3つ目にあげる、ライアン・ロシター選手のプレーの魅力は「外からも射抜く外角のシュート」です。

ライアン・ロシター選手は、中のプレーだけでなく外からキレイなフォームでシュートを打つことができます。

ゴール下で度々見せるフックシュートもそうですが、ライアン・ロシター選手はとても器用なプレーをする選手です。

 

ゴール下が力強いだけであれば、中を固めれば防げます。

しかし、柔らかいプレーで相手ディフェンスをかわしてシュートを決めることもできる、ライアン・ロシター選手を止めるのはとても難しいですね。

この外からも射抜く外角のシュートを、ライアン・ロシター選手の3つ目の魅力としました。

おすすめ記事→【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事→バスケでキレイなシュートフォームを身につける5つのコツ

 

 

【今後のライアン・ロシター選手について】

ライアン・ロシター選手は、今年で29歳になります。

年齢から考えれば、今が一番パフォーマンスが高い時期になるでしょう。

そんな中で今後、どうプレーを磨いていくかがとても楽しみですね。

個人的には帰化してくれたらとても嬉しいですが、ライアン・ロシター選手が次のステージへ向けてチャレンジすることになっても、応援したいと思います。

 

 

【ライアン・ロシター選手まとめ】

いかがでしたか?

【ライアン・ロシター選手ってどんなプレイヤー?】
【ライアン・ロシター選手の魅力①:Bリーグ界トップクラスのリバウンド力】
【ライアン・ロシター選手の魅力②:意地でも決めるゴール下の強さ】
【ライアン・ロシター選手の魅力③:外からも射抜く外角のシュート】
【今後のライアン・ロシター選手について】

図抜けたリバウンド力と得点力を誇るライアン・ロシター選手。

栃木ブレックスを、2回目のBリーグチャンピオンへと導いてください。

シェル
About シェル 227 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*