【NBAドラフト2019|ボル・ボル】史上最高身長の2世ビッグマン

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2019候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・ボルボルです。

実はボル・ボルは、元NBA最高身長のセンターであるマヌート・ボルの血を引く2世タレントなんです。

NBA選手の血を引く2世タレントが続々とNBA入りを表明してきています。

そんなNBAドラフト2019候補に挙がっている、ボルボルを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】次世代のレブロンと呼ばれる男の正体!~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】身体能力・万能さを兼ね備えたオールラウンダー~キャメロン・レディッシュ~

【ボル・ボルのプロフィール】

本名:ボル・ボル (Bol Bol)

【誕生日】1999年11月16日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】221cm
【体重】100kg
【所属】ブルーバレーノースウエスト → オレゴン大学
【ポジション】センター

ボルボルは221cmとアメリカのバスケ界においても高身長の持ち主です。

なぜ、これほどの身長を持っているかと、マヌート・ボルの血を受け継いでいるからなんです。

マヌート・ボルは、NBA史上最高身長である231cmのセンターとして活躍していました。

このNBA最高身長の血を受け継いでいるからこそ、ボルボルも高身長のセンターとして有名になったと言えるでしょう。

ボルボルは父親ほどの身長はありませんが、NBAで戦っていくにも充分な高さを誇っています。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】秘めたポテンシャルが解放され、世界が注目する日本人選手~八村塁(Rui Hachimura)~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】オフェンシブポイントガードが才能を開花~ジャ・モーラント~

【ボルボルの魅力】

そんなNBA史上最高身長のマヌート・ボルの息子のボルボルはどのような選手なのでしょうか?

ここからは、ボルボルの魅力に迫っていこうと思います。

【ボルボルの魅力①:規格外のブロックショット】

ボルボルの1つ目の魅力は、ブロックショットです。

221cmの高身長から繰り出されるブロックショットは、絶対届かないようなシュートを放っても届いてしまいます。

ボルボルの場合、身長が高いだけでなく、相手オフェンスの見極めもピカイチで、ブロックショットのタイミングが素晴らしいんです。

ブロックショットする際は、高さだけでなくタイミングも重要な要素になりますので、ボルボルのブロックショットは今後もNBAなどでも通用する力となるでしょう。

身長は充分にありますので、トレーニングを重ねて跳躍力を身に付ければ、間違いなく対戦相手の驚異的なストッパーとして活躍することになると考えられます。

以上の理由から、ボルボルの魅力としてブロックショットを取り上げました。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法
おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【ボルボルの魅力②:高い身体能力の持ち主】

ボルボルの魅力2つ目は、身体能力の高さです。

身長221cmもあると高さのみだけでも武器にはなりますが、ボルボルの場合は高さに加え身体能力の高さがプラスになっています。

身体能力と言うより、機動力という方が正しいかもしれません。

高さを活かしてリバウンドやブロックショットを行いますが、その後の自陣ゴール下まで走り切れる運動量や何度も繰り返し飛ぶことのできるジャンプをみると、機動力の高いセンターにしか思えないんです。

時には、センターでありながらブレイクの最前線でボールを受けてダンクシュートまで持っていくこともあります。

221cmのセンターがブレイク時に最前線を走っていたら、止めようがありませんね(笑)

この機動力を持っているからこそ、ボルボルの魅力として取り上げました。

以上の理由から、ボルボルの魅力として身体能力を取り上げました。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ボルボルの魅力③:驚異のシューティングスキル】

【reference=https://www.sny.tv/knicks/news/how-knicks-end-up-with-oregon-c-bol-bol-in-latest-espn-mock-draft/301187114/】

ボルボルの魅力最後の1つは、シューティングスキルです。

ボルボルの得点源はゴール下のダンクシュートやフックシュートだけではないんです。

何事も躊躇なく、ミドルレンジや3Pラインからシュート放ちます。

221cmの身長でシュートを打つとなると相当高い位置にボールがあり、打点も高い位置から放たれることになります。

そのため、ボルボルがアウトサイドからシュートを放つ際には誰も止めようがないシュートになるでしょう。

ブロックショットのされないシュートが放てるようになれば、あとは自分自身でシュート精度を上げれば無敵のシュートになり得ますね。

以上の理由から、ボルボルの魅力としてシューティングスキルを取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【ボル・ボルの今後】

【reference=https://www.azdesertswarm.com/basketball/2019/1/3/18167180/oregon-ducks-bol-bol-foot-injury-college-basketball-pac-12】

ここまで、ボルボルの魅力について紹介してきました。

まだまだ伸びしろのある選手なのは間違いないので、これから先の成長が楽しみなりますね。

高い身体能力や父親譲りの高身長、センターとは思えないほどのシューティングスキルを兼ね備えているなど、NBAに進出しても通用できる力を身に付けていますね。

NBAドラフト2019においても上位指名が予想されている選手です。

2世NBA選手として、入団した際にも会場を大いに沸かせいって欲しいものですね。

NBAドラフト2019のボルボルに注目してみてください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】全米タイトル総なめしたR.J.バレットまとめ
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】アフリカ育ちのゴール下の守護神~ブルーノ・フェルナンド~

【ボル・ボルのまとめ】

いかがでしたか?

●ボル・ボルのプロフィール

●ボル・ボルの魅力①:規格外のブロックショット

●ボル・ボルの魅力②:高い身体能力の持ち主

●ボル・ボルの魅力③:驚異のシューティングスキル

●ボル・ボルの今後

今回は、NBAドラフト2019候補であるボルボルについて紹介していきました。

2世NBA選手としても評価の高いボルボル。

バスケットボールにとって高さがあるというのは大きな武器になります。これからの成長にも期待したいところですね。

ぜひ、ボルボルをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 426 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*