【NBA選手名鑑|八村塁(Rui Hachimura)】世界が注目する日本人選手

【reference=https://theathletic.com/1286131/2019/10/11/rui-hachimura-is-earning-it-with-scott-brooks-who-has-a-history-of-not-warming-to-rookies-quickly/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

今回はNBA選手名鑑をお送りしていこうと思います。

ご紹介する選手は・・・八村塁(Rui Hachimura)です。

NBAドラフト2019において全体9位指名でNBA入りを果たした日本人選手です。日本人選手がNBAドラフト1巡目指名を受けるのは史上初の快挙となります。

八村塁(Rui Hachimura)は、日本のバスケ界に新たな歴史を作り上げた人物として知られていくことでしょう。

そんなNBAドラフト2019にて全体9位指名でNBA入りした、八村塁(Rui Hachimura)を魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】次世代のレブロンと呼ばれる男の正体!~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【八村塁(Rui Hachimura)のプロフィール】

【reference=https://twitter.com/washwizards/status/1144008620675411968】

本名:八村塁(Rui Hachimura)

【誕生日】1998年2月8日
【出身地】日本
【身長】203cm
【体重】102kg
【所属】ゴンザガ大学
【背番号】21番
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

八村塁(Rui Hachimura)は日本の富山県出身で、ベナン人の父親と日本人の母親から産まれました。

高校時代は宮城県の明成高校に在籍しており、ウィンターカップ3連覇も達成しています。

高校卒業後は、アメリカの名門ゴンザガ大学に進学。ゴンザガ大学での初年度では全米準優勝という経験も持っています。

ゴンザガ大学にて3年のシーズンを経て、八村塁(Rui Hachimura)はNBAへのアーリーエントリーを表明しました。

NBAドラフト2019では、候補選手たちが招待されるグリーンルームに着席。見事、NBAドラフト2019において全体9位指名でNBA入りを果たしました。

冒頭でも説明しましたが、NBAドラフトにおいて日本人選手が1巡目指名を受けるのは史上初の快挙となりました。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【八村塁(Rui Hachimura)の魅力】

では、八村塁(Rui Hachimura)は一体どのような選手なのでしょうか。

八村塁(Rui Hachimura)の魅力を取り上げていきたいと思います。

【八村塁(Rui Hachimura)の魅力①:幅広い得点力】

【reference=https://therookiewire.usatoday.com/2019/10/31/washington-wizards-rui-hachimura-season-high-scoring-houston-rockets-highlights/】

八村塁(Rui Hachimura)の1つ目の魅力は、得点力です。

高校時代まではゴール下の選手として支配していました。ゴンザガ大学入学後は、ゴール下で戦えるパワーを更に強化させ、強靭なフィジカルを身に付けています。

ゴール下でのプレーに加え、アウトサイドからの得点能力も強化してきています。

ミドルシュートや3Pシュートも高確率で決めてくるため、ディフェンス側からすれば守りづらい選手へと進化を遂げていることは間違いないでしょう。

NCAAディビジョン1の試合では、1試合に20得点以上を記録している試合も多数ありました。今後もさらなる進化に注目が集まります。

以上の理由から、八村塁(Rui Hachimura)の魅力として得点力を取り上げました。

おすすめ記事 → 【体幹トレーニング】バスケ好き必見!家で15分できる体幹!
おすすめ記事 → 【体幹トレーニング】バスケ好き必見!アメリカで行われている体幹トレーニング

【八村塁(Rui Hachimura)の魅力②:味方に合わせる器用さ】

【reference=https://theathletic.com/1326901/2019/10/27/the-wizards-are-letting-rui-hachimura-play-his-way-and-its-paying-off/】

八村塁(Rui Hachimura)の2つ目の魅力は、器用さです。

ゴール下の選手を多く経験していたということもあり、ピック&ロールのスクリーナーの役割で味方を活かすこともできるんです。

味方選手にとってスクリーンというのは、相手のディフェンスを崩すこともでき、パスの幅も広げることができます。

八村塁(Rui Hachimura)の場合、スクリーンをかけた後、ゴール下に切れ込んで得点をすることもできますし、相手のディフェンスの状況によってはアウトサイドで合わせることも可能な選手です。

自ら得点をするだけでなく、味方を活かすことのできる器用さも持っている選手となっています。

以上の理由から、八村塁(Rui Hachimura)の魅力として器用さを取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!
おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

【八村塁(Rui Hachimura)の魅力③:ゴール下を守るディフェンス力】

【reference=https://www.bulletsforever.com/2019/7/11/20691079/wizards-vs-hawks-final-score-rui-hachimura-nba-summer-league】

八村塁(Rui Hachimura)の最後の魅力は、ディフェンス力です。

ディフェンスといっても幅広くありますが、八村塁(Rui Hachimura)が素晴らしい点は、ゴール下で相手を止めるブロックショットです。

相手選手がドライブで切れ込んできた際には、ゴール下でタイミングを合わせてボールを叩き落とします。もちろん、自分自身のマークがゴール下でプレーした際にも止めることができます。

ブロックショットのできる選手はチームにとっても心強い選手ですね。大黒柱の存在として活躍ができること間違いないでしょう。

以上の理由から、八村塁(Rui Hachimura)の魅力してディフェンス力を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケのディフェンスで相手をおさえこむ5つのコツ〜1対1編〜
おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

【八村塁(Rui Hachimura)の今後】

【reference=https://www.bulletsforever.com/2019/10/7/20903816/washington-wizards-new-york-knicks-nba-recap-rui-hachimura-morris-wagner】

ここまで、八村塁(Rui Hachimura)の魅力について取り上げてきました。

NBAドラフト2019では全体9位指名。日本人選手としては最高峰のプレイヤーとして注目される上に、NBA界でも注目浴びる選手となることでしょう。

幅広い分野に渡りチームの戦力として戦う素質を持っている八村塁(Rui Hachimura)。これからどこまで成長を続けるのかも注目すべき点と言えます。

八村塁(Rui Hachimura)に注目してみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【八村塁(Rui Hachimura)のまとめ】

いかがでしたか?

●八村塁(Rui Hachimura)のプロフィール

●八村塁(Rui Hachimura)の魅力①:幅広い得点力

●八村塁(Rui Hachimura)の魅力②:味方に合わせる器用さ

●八村塁(Rui Hachimura)の魅力③:ゴール下を守るディフェンス力

●八村塁(Rui Hachimura)の今後

今回は、NBAドラフト2019において全体9位指名でNBA入りを果たした、八村塁(Rui Hachimura)について紹介していきました。

日本人最高峰のプレイヤーとしては名が知れてきています。しかし、今後のNBAでの成長によっては、NBA界を代表する選手になるかもしれません。

幅広い得点能力と相手の攻撃を封じるディフェンス能力でNBAの試合でも活躍する八村塁(Rui Hachimura)が見たいですね。

ぜひ、八村塁(Rui Hachimura)をチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 480 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*