【2023年ドラフト】大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手は??パート1

NBA2022-23年シーズンのプレイオフも始まり、白熱した試合が続いていますが、今回は2023-24年シーズンの大きなカギとなるNBAドラフト2023年に名前が挙がっている選手達です。

毎年恒例とはなりますが、「大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手」としてドラフト候補選手を紹介します。

早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2023年ドラフト候補選手を紹介します。何大学のどんな選手がの候補選手となっているのでしょうか?見ていきましょう。

・ビクター・ウェンバンヤマ

・ブランドン・ミラー

・スクート・ヘンダーソン

・テイラー・ヘンドリックス

・エイメン・トンプソン

大胆予想第2弾、大胆予想第3弾、大胆予想第4弾、

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

Contents

【NBAドラフト2023候補:ビクター・ウェンバンヤマ】

本名:ビクターウェンバンヤマ(Victor Wembanyama)

【誕生日】2004年1月4日
【出身地】フランス
【身長】220cm
【体重】104kg
【所属】メトロポリタン92(ユーロリーグ)
【ポジション】センター

ビクターウェンバンヤマはフランスで育ったバスケットボール選手です。

ビクターウェンバンヤマの父親は元走り幅跳びの選手で、母親は女子バスケットボールの選手というスポーツ一家の血筋を受け継いでいるビクターウェンバンヤマ。ちなみに、父親は198cm、母親は191cmという長身の両親でもあります。

そんなスポーツ一家の血筋を兼ね備えているビクターウェンバンヤマはサッカーと柔道を習っていました。5歳頃から母親の影響もありバスケットボールをスタートさせていきます。

10歳になる頃にナンテール92というフランスのチームのユースチームへの参加を表明しています。ナンテール92のプロ契約を正式に表明したのは2019年。ビクターウェンバンヤマが15歳の年でした。15歳9ヶ月25日でのプロデビューは史上2番目の速さでプロ選手になった選手です。

2019年〜2021年までをナンテール92でプレーして2020−2021のシーズンには22歳未満の選手に贈られるルーキーオブザイヤーにも選出されました。2021年からはアスベルと3年契約を締結し、2022年からはメトロポリタン92との契約を果たしました。

2022年10月4日にはエキシビジョンゲームとして行われたNBAGリーグイグナイトと2試合行いました。1試合目は敗れてしまったものの、37得点・4リバウンド・5ブロックのスタッツを残しました。続く2試合目は36得点・11リバウンドの活躍でチームを勝利に導いています。このNBAGリーグイグナイトとの2試合でアメリカメディアから非常に多く高い評価を得ることに繋がりました。

さらに詳しくビクター・ウェンバンヤマについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【NBAドラフト2023候補:ブランドン・ミラー】

本名:ブランドン・ミラー(Brandon Miller)

【誕生日】2002年11月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】91kg
【所属】アラバマ大学
【ポジション】スモールフォワード

ブランドンミラーはアメリカ合衆国テネシー州で育ったバスケットボール選手です。

高校時代にはアメリカの高校3大大会と言える大会の内、マクドナルドオールアメリカンとジョーダンブランドクラシックへ出場を果たしている選手の1人です。また2022年にはテネシー州の最高峰プレイヤーにも選出されています。

同世代では有名なフォワードプレイヤーでもあるブランドンミラー、高い得点能力がNBAの舞台でも通用していくのか注目の集まる選手となっています。

さらに詳しくブランドン・ミラーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2023候補:スクート・ヘンダーソン】

本名:スクートヘンダーソン(Scoot Henderson)

【誕生日】2004年2月3日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】188cm
【体重】89kg
【所属】NBA Gリーグ イグナイト
【ポジション】ポイントガード

スクートヘンダーソンはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

スクートヘンダーソンはジョージア州マリエッタのケル高校でプレーし、そのプレーを印象付けました。同級生で最も優秀な高校生の一人とされ、複数のディビジョンIの大学からオファーを受けていました。

スクートヘンダーソンは大学進学ではなく、NBAGリーグ・イグナイトへの入団を選択しました。これはNBAGリーグが作った育成チームで、大学を飛び出してNBAに備えることを選択した有望な若手選手の育成を目的としています。スクートヘンダーソンは、2022年のクラスからこのルートを選択した最初の選手となっています。

さらに詳しくスクート・ヘンダーソンについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2023候補:テイラー・ヘンドリックス】

本名:テイラー・ヘンドリックス(Taylor Hendricks)

【誕生日】2003年11月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】95kg
【所属】UCF
【ポジション】パワーフォワード/センター

テイラーヘンドリックスはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

大学1年時にACCのオールフレッシュマンチームに選出されているインサイドプレイヤーです。1年生ながらもACCのセカンドチームにも選ばれてる高いポテンシャルを兼ね備えた選手となっています。

またヘンドリックスは素晴らしいサイズ、長さ、機動力に加え、甘いシュートストロークを持っています。ジャンパーのタッチが良く、次のレベルではハイレベルな3ptシューターとして期待ができ、深いレンジを持ち、簡単で楽なように見えます。

またセブフッター近い6.9の強靭な体躯を持つヘンドリックスは、弾むようなアスリートで、難なくフロアを立ち上がり、真のアバウト・ザ・リム・プレーヤーである。ダンクが得意で、オフェンスグラスでは常に脅威となります。

その上で3-5番を守れる優れたディフェンダーであり、本能的なリムプロテクターでもあるヘンドリックスは、まさに最近のリーグで強く求められている大型万能フォワードのタイプとなります。

さらに詳しくタイラー・ヘンドリックスについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2022候補:エイメン・トンプソン】

本名:エイメン・トンプソン(Amen Thompson)

【誕生日】2003年1月30日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】92kg
【所属】オーバータイムエリート(OTE)
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

エイメントンプソンはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

オーバータイムエリート(OTE)のシティ・リーパーズというチームでプレーしています。。エイメントンプソンはフロリダ州フォートローダーデールにあるパイン・クレスト・スクールでバスケをしていて、ESPNから5つ星の評価をもらい、州の大会で優勝も果たしました。高校の最後の年を飛ばしてOTEと契約し、そこで2シーズン過ごしています。

エイメントンプソンは、マヤ・ウィルソンとトロイ・トンプソンの子どもとして、カリフォルニア州サンリアンドロで育てられました。エイメントンプソンのそっくりな双子の兄弟オーサートンプソンは、NBAの期待の新星で、兄のトロイ・ジュニアはプレーリービューA&M大学でバスケをしていました。彼の叔父、マーク・トンプソンは、1992年の夏のオリンピックでジャマイカ代表として400メートルハードルに出場した経験も持っています。エイメントンプソンとオーサートンプソンは、7歳のときに父親の教えでバスケの練習を始め、レブロン・ジェームズから影響を受けました。

中学3年生になると、エイメントンプソンと家族は、エイメントンプソンとオーサートンプソンがパイン・クレスト・スクールで1年早く高校バスケをできるように、フロリダ州フォートローダーデールに引っ越しました。双子はすぐにチームのスタメンになりました。パイン・クレストで高校2年生の時、エイメントンプソンは1試合平均16.9得点、7.3リバウンド、3.7アシストをあげ、地元の賞を受賞しました。高校3年生になると、彼はSun-Sentinel紙によって地元のトップ5選手にも選出されています。

さらに詳しくエイメン・トンプソンについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2023候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2023候補:ビクター・ウェンバンヤマ
●NBAドラフト2023候補:ブランドン・ミラー
●NBAドラフト2023候補:スクート・ヘンダーソン
●NBAドラフト2023候補:テイラー・ヘンドリックス
●NBAドラフト2023候補:エイメン・トンプソン

今回はNBAドラフト2023候補パート1を紹介しました。NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2023にも注目してみてください!

大胆予想第2弾、大胆予想第3弾、大胆予想第4弾、

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

About 餅つきうさぎ 1302 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*