【NEWS】日本の大手企業でもある楽天が東海大学男子バスケットボール部と契約締結を発表

どーも!HOOPSJAPANのハリネズミです。
こちらのHOOPSJAPANではバスケットボールのスキル関連の記事やBリーグ・NBAなどのニュース記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も検索してみてください!

今回は楽天と東海大学バスケットボール部に関するニュース記事となります。
まずは下記Twitterのリンクを確認してください。

上記Twitterの掲載の通り、日本の大手企業でもある楽天が2021年7月20日、関東大学バスケットボール1部リーグに所属している東海大学男子バスケットボール部「SEAGULLS」のブランディング支援に関する契約を締結したことを発表しました。
#RakutenSports

東海大学通称「SEAGULLS」は、これまで数々の日本代表選手やBリーグ所属のプレイヤー、最も多く輩出してきた大学でもあります。昨年行われた「第72回全日本大学バスケットボール選手権大会」(通称インカレ)では、2年ぶり6回目の優勝を果たし、今後もチームの活躍が期待されている大学でもあります。
楽天は今後、スポーツマネジメントやコンテンツ、マーチャンダイジングに関する事業を行う「Rakuten Sports」のブランドにおいて、同チームの活動を支援していく予定となっています。

楽天が企業として日本の大学を支援するのは初の試みとなっていますね。
どのように東海大学への支援を進めていくのか楽しみになります!ユニフォームに楽天のロゴが入ると支援している感じが出て面白いと思います。
今後は日本の大学を企業が支援する仕組みというのが増えてくるかもしれませんね!

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【東海大学「SEAGULLS」について】

チーム名:東海大学男子バスケットボール部 SEAGULLS(シーガルス)
創設年:1960年
所属:関東大学バスケットボール連盟・神奈川県学生バスケットボール連盟
主な成績:
全日本大学バスケットボール選手権大会/優勝6回(2005、2006、2012、2013、2018、2020年)
関東大学バスケットボール選手権/優勝2回(2014、2015年)
関東大学バスケットボールリーグ戦/優勝5回(2006、2013、2014、2015、2018年)

1960年創部の歴史あるバスケットボール部です。

チームの正式名称は「東海大学湘南校舎体育会男子バスケットボール部 SEAGULLS(シーガルス)」となっており、日本一を目指したチーム作りと共に、年間を通して地元秦野市・平塚市を中心に、小・中学生、高校生を対象としたバスケットボールクリニックを積極的に行い、 地域密着型大学チームの先駆けとして活動している大学でもあります。

東京五輪2020の日本代表にも選出されている田中大貴選手やベンドラメ礼生選手などの日本を代表する選手を多く輩出している大学となっています。

最近では、特別指定選手枠(企業でいうインターシップ)を利用して大学のオフシーズンにBリーグに挑戦する選手が増えてきています。
河村勇輝選手や八村阿蓮選手、佐土原遼選手などですね。東海大学ではスタメンで出場するほどの実力者たちでもあります。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【楽天と契約しているバスケットボールプレイヤーおよびチーム】

①ゴールデンステイト・ウォリアーズ

②河村勇輝選手

③馬場雄大選手

楽天はNBAに所属しているゴールデンステイト・ウォリアーズとパートナーシップ契約を結んでいたり、日本バスケ界を盛り上げている河村勇輝選手や馬場雄大選手とのマネジメント契約も締結していますね。
河村勇輝選手に関しては現在東海大学に在籍している選手の1人でもあります。

日本での放映権も持っているため、楽天のアプリでをNBAを視聴することができます。
今後、ヴィッセル神戸がイニエスタ選手を日本に呼んだように、NBA選手が日本のBリーグに参入することも十分に考えられと思います!

About ハリネズミ 772 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*