【NBAニュース】ミルウォーキー・バックスがNBAファイナルで50年ぶりの優勝

7月20日(日本時間21日)、NBAファイナル2021 フェニックス・サンズ対ミルウォーキー・バックスの第6戦がファイサーブ・フォーラム(ウィスコンシン州ミルウォーキー)で行なわれ、バックスが105-98で勝利を収めました。この結果4戦先勝制のシリーズを4勝2敗としたバックスは、1971年以来50年ぶり、球団史上2度目の優勝を成し遂げました。シリーズ0勝2敗からの逆転優勝は、NBAファイナル史上5例目となります(NBAファイナルで0勝2敗となったのは今回が36回目)。

敵地でのシリーズ第1、2戦に連敗したバックスは、第3戦から4連勝を飾り、逆転優勝を果たした形となり、第6戦で50得点に加えて14リバウンド、5ブロックとNBAファイナルで暴れ回ったミルウォーキー・バックスのエースであるヤニス・アデクトンボがファイナルMVPに選ばれました。

第2戦で42得点、12リバウンドを記録したアデトクンボは、続く第3戦でも41得点、13リバウンドをあげ、2000年のシャキール・オニール(ロサンゼルス・レイカーズ)以来史上2人目となるファイナルの2試合連続で40得点&10リバウンド超えをマークしました。そしてファイナルの1シリーズ中3試合で40得点&10リバウンド以上をマークしたのも、同じく2000年のオニール以来史上2人目の快挙となりました。そして第6戦では50得点、14リバウンド、5ブロックを記録したが、ファイナルの1試合で40点、10リバウンド、5ブロック以上を記録したのは、1973-74シーズンにブロックショットがリーグで公式に記録されるようになって以来初となり、名実ともにNBAのトップ選手の座を手に入れました。

ヤニス・アデクトンボ今ファイナル6試合の1試合平均の成績(35.2得点、13.2リバウンド、5.0アシスト)は、2015年にレブロン・ジェームズ(当時クリーブランド・キャバリアーズ)が35.8得点、13.3リバウンド、8.8アシストを記録して以来、史上2人目の35点、10リバウンド、5アシスト超えとなりました。

一方で1993年以来28年ぶり3度目のファイナル進出となったウエスタン・カンファレンスの王者のフェニックス・サンズは、悲願の初優勝には惜しくも届きませんでした。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ミルウォーキー・バックス】

【reference=https://www.nba.com/bucks/】

まずはミルウォーキー・バックスのチームプロフィールです。

チーム名:ミルウォーキー・バックス

【創設】1968年
【本拠地】ウィスコンシン州ミルウォーキー
【所属】イースタン・カンファレンス
【チームカラー】緑・クリーム・白

ウィスコンシン州ミルウォーキーを本拠地として活動しているミルウォーキー・バックス。

チーム名内に使用されている「buck」とは、ミルウォーキー一体に生息している牡鹿です。

牡鹿の躍動感からチーム名が名付けれらたそうです。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【ミルウォーキー・バックスの注目選手】

【ミルウォーキー・バックスの注目選手:ヤニス・アデクトンボ】

本名:ヤニス・アデトクンボ(Giannis Antetokounmpo)

【誕生日】1994年12月6日
【出身地】ギリシャ
【身長】211cm
【体重】100kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【背番号】34番
【ポジション】スモールフォワード

  • MVP : 2019
  • 3×NBAオールスターゲーム出場 : 2017-2019
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2019
    • 2×2ndチーム:2017, 2018
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 1stチーム : 2019
    • 2ndチーム:2017
  • MIP : 2017
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム : 2014

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【ミルウォーキー・バックスの注目選手:クリス・ミドルトン】

本名:クリス・ミドルトン(Khris Middleton)

【誕生日】1991年8月12日
【出身地】アメリカ
【身長】203cm
【体重】98kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【背番号】22番
【ポジション】SF/SG

  • NBAオールスターゲーム出場:2019

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ミルウォーキー・バックスの注目選手:ドリュー・ホリデー】

NBA Player Jrue Holiday Is Donating the Remainder of his 2020 Salary

本名:ドリュー・ホリデー(Jrue Holliday)

【誕生日】1990年6月12日
【出身地】アメリカ
【身長】193cm
【体重】93kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【背番号】21番
【ポジション】PG/SG

  • NBAオールスターゲーム出場 : 2013
  • NBAオールディフェンシブチーム2×1stチーム : 2018, 2021
  • 2ndチーム : 2019
  • NBAチームメイト・オブ・ザ・イヤー賞 : 2020
  • マクドナルド・オール・アメリカン : 2008

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ミルウォーキー・バックスの注目選手:ブルック・ロペス】

Highlights: Bucks 123 - Hawks 112 | “The Brook Lopez Game” | Bucks Go Up  3-2 In The Series | 7.1.21 - YouTube

本名:ブルック・ロペス(Brook Lopez)

【誕生日】1988年4月1日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】213cm
【体重】120kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【背番号】11番
【ポジション】C
【受賞歴】

  • NBAオールスターゲーム出場 : 2013
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2009

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【ミルウォーキー・バックスの注目選手:PJ・タッカー】

P.J. Tucker On Playing With Giannis, Khris & Jrue and Bringing 100 Pairs Of  Sneakers To Milwaukee - YouTube

本名:PJ・タッカー(P.J. Tucker)

【誕生日】1985年5月5日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】102kg
【所属】ヒューストン・ロケッツ
【背番号】4番
【ポジション】SF/SG
【受賞歴】

  • BBLチャンピオン (2012)
  • IBLチャンピオン (2008)
  • BBL MVP (2012)
  • BBLオールスターゲーム出場 (2012)
  • IBL MVP (2008)

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】最年少通算30,000得点のスター~レブロン・ジェームス~

おすすめ記事 →  レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

About 餅つきうさぎ 745 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*