【NBAドラフト2020】指名されたセンター5選!

こんにちわ。HOOPS JAPANのハリネズミです。

NBAドラフト2020は新型コロナウイルスの影響で異例の形での開催となりましたが、各チームに有能プレイヤーがピックアップされております。開催されたのは2020年11月18日でした。

NBAドラフト2020にて選出されたセンターのトップ5をランク付けで見ていこうと思います。

今回紹介した選手以外にもおすすめの選手がいましたらコメントいただけると幸いです。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2020のトップ5センター①:ジェームスワイズマン】

まず初めに取り上げるNBAドラフト2020のセンターは、ジェームスワイズマンです。

ジェームスワイズマンはNBAドラフト2020において全体2位指名でNBA入りを果たしました。

身長216cmとNBAの舞台に立ってもセンターとして活躍のできる体格を持っているのは魅力と言えます。

しかもまだ高校を卒業したばかりのため、今後の大学生活などにおいて更なるパワーアップもしていくとは間違いないでしょう。この恵まれた体格や身体能力は非常に武器になると考えられますね。

216cmの身長を持っているため、ウィングスパンも非常に長く、センタープレイヤーとしてはオフェンス面・ディフェンス面の両方でチームの軸となっていくことでしょう。

今後も自身の身体能力に満足せずにフィジカル面も成長を続けていってくれることを期待しましょう。

ジェームスワイズマンについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2020のトップ5センター②:オニエカオコング】

2人目に取り上げるNBAドラフト2020のセンターは、オニエカオコングです。

オニエカオコングはNBAドラフト2020において全体6位指名でNBA入りを果たしました。

インサイドプレイヤーとして高い能力を兼ね備えているオニエカオコング。ゴール下での存在感は間違いなくコート内でNo.1を誇る存在と言えるでしょう。

味方へのスクリーンや味方のドライブに合わせてのゴール下のへダイブなど・・・様々な形で味方に合わせることが可能です。しかも、味方選手はオニエカオコングがいる位置にアリウープパスを放てば100%と言っていいほどダンクまで持ち込んでくれます。

味方の選手にこれ程までインサイドに君臨したプレイヤーがいると安心感が異なりますね。206cmの身長に加えて高い跳躍力を駆使してゴール下のでは、相手を寄せ付けない活躍を魅せています。

フィニッシャーとして味方に合わせる能力と言うのはNBAでも非常に重要視される能力となっていくことでしょう。

オニエカオコングについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【NBAドラフト2020のトップ5センター③:バーノンキャリー】

3人目に取り上げるNBAドラフト2020のセンターは、バーノンキャリーです。

バーノンキャリーはNBAドラフト2020において全体24位指名でNBA入りを果たした選手となっています。

父親が元NFL選手の影響もあり、身長208cm・体重122kgのインサイドプレイヤーへと成長したバーノンキャリー。この巨漢を最大限に活かして、ゴール下では相手を寄せ付けないフィジカルコンタクトの強さを見せることができます。

相手との接触が多いインサイド。強靭なフィジカルで相手とぶつかり合い、相手の体力を削っていくこともできます。ゴール下ではフィジカルを武器にチームの大黒柱を担える存在になるかもしれません。

バーノンキャリーについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【NBAドラフト2020のトップ5センター④:ダニエルオトゥル】

4人目に取り上げるNBAドラフト2020のセンターは、ダニエルオトゥルです。

ダニエルオトゥルはNBAドラフト2020において全体34位指名でNBA入りを果たしました。

インサイドプレイヤーとしてゴール下で戦うフィジカルを持っているのはもちろんですが、相手のディフェンスの状況を把握してステップで交わすことも得意としています。

ポストプレーからゴール下にドリブルで押し込み、その後ディフェンスの位置によっては豪快なダンクシュートを叩き込むこともありますが、一度・二度ピボットステップを踏みフェイクを入れてプレーすることも多々あります。

パワー勝負のみでディフェンスに向かってくる選手は止めやすいですが、ステップなどを使って器用にオフェンスを行ってくるインサイドプレイヤーほど守りづらいことはありません。

ダニエルオトゥルは、このステップワークを駆使してNBAのゴール下でも戦い抜いてくれることでしょう。

ダニエルオトゥルについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2020のトップ5センター⑤:アイザイアスチュアート】

5人目に取り上げるNBAドラフト2020のセンターは、アイザイアスチュアートです。

アイザイアスチュアートはNBAドラフト2020において全体39位指名でNBA入りを果たしました。

206cmの身長を持つアイザイアスチュアートですが、身長よりも長く兼ね備えているのがウィングスパンです。

アイザイアスチュアートが持つウィングスパンは220cmを超える腕の長さとなっています。ウィングスパンの長さは生まれ持った才能の一つでもあります。

自身よりも大きい身長を持つプレイヤーがマッチアップになってもウィングスパンを上手く活用して戦うことができるインサイドプレイヤーとなっていますね。

ウィングスパンの長さはリバウンド時やディフェンスの際のブロックなどに非常に有効となっていくことでしょう。

アイザイアスチュアートについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2020のトップ5センターまとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2020のトップ5センター①:ジェームスワイズマン
●NBAドラフト2020のトップ5センター②:オニエカオコング
●NBAドラフト2020のトップ5センター③:バーノンキャリー
●NBAドラフト2020のトップ5センター④:ダニエルオトゥル
●NBAドラフト2020のトップ5センター⑤:アイザイアスチュアート

NBAドラフト2020におけるトップ5センターを取り上げました。個人的な予想になりますが、NBAドラフト2020においてもトッププレイヤーになり得るのがジェームスワイズマンだと考えられます。

身長216cmの体格に身体能力を兼ね備えた驚異のセンタープレイヤーとなっていくことでしょう。ルーキーオブザイヤーも狙える存在であると思います。

ぜひNBAドラフト2020にて指名されたセンターをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 634 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*