【NBA選手名鑑】度々の怪我を乗り越えて~デリック・ローズ~

こんにちわ!「餅つきうさぎ」です!

さあ!またまたNBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

今回「餅つきうさぎ」がピックした選手は、今シーズン、クリーブランド・キャバリアーズへ移籍し、

スタメンとして試合に出場していたデリック・ローズ選手です。

最近、ユタ・ジャズへ移籍しており、2018年3月8日にティンバー・ウルブズとの契約に合意しました。

今回はそんなデリック・ローズ選手をプレーの魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 →  21世紀最高のプレイヤーたちを輩出!今もなおNBA界を牽引する、2003年ドラフト組

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

 

 

 

【デリック・ローズのプロフィール】

 

本名:デリック・ローズ (Derrick Rose)

【誕生日】1988年10月4日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】86kg
【所属】メンフィス大学
【ポジション】ポイントガード

 

デリック・ローズは2008年NBAドラフトにおいて全体1位指名でシカゴ・ブルズに入団を果たしました。

新人王の獲得や2011年にはシーズンMVPなども獲得しています。

しかし、左膝前十字靱帯断裂や右膝半月板断裂などの大きなケガをしてしまいチームとしてもそうだが、個人としての戦力ダウンが目立ってきてしまっているのが現状です。

そんなケガをしても、乗り越えてティンバー・ウルブズとの契約も獲得しました。

これから先もデリック・ローズはチームへの貢献を目指して努力していってくれることでしょう!

 

デリック・ローズとはどんな選手なのでしょうか?デリック・ローズ選手の記録とともに振り返ってみましょう。

 

おすすめ記事 →  意外と知らない!!ストレッチを効かせるための3つの方法

おすすめ記事 →  【ストレッチ】アメリカ代表から学ぶ!!試合前のストレッチ!

 

 

 

【デリック・ローズの記録】

  • MVP : 2011
  • 3×NBAオールスターゲーム出場 : 2010-2012
  • オールNBAチーム 1stチーム : 2011
  • NBAスキルチャレンジ優勝 : 2009
  • 新人王 : 2009
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2009

デリック・ローズは2008-2009年シーズンに、シカゴ・ブルズから全体1位指名を受けてNBA入りを果たしました。 ガードポジションの選手がドラフト1位指名されるのは、1996年のアレン・アイバーソン以来となり注目されました。

新エースとしてブルズに迎えられたローズは、その期待に応え1年目からチームのエースとして活躍しました。シーズン中のジョン・サーモンズ、ブラッド・ミラー獲得も追い風となり、前年大不振に陥ったブルズを建て直し、勝率5割に復帰させ、プレーオフにも導きました。その中自身は16.8得点6.3アシストの成績を残して新人王を受賞しました。

その後も評判通りの期待でチームをけん引し幾度もマイケル・ジョーダンのシカゴ・ブルズのスーパースターとして活躍しました。2011-2012年シーズンにはアディダスと14年総額2億5000万ドルの大型契約を締結しました。これだけ長期かつ金額の大きな契約は非常に稀で、事実上の終身契約とも言われています。

前年度でシーズンMVPを獲得したローズの人気は衰えることを知らず、オールスター投票でドワイト・ハワードに次ぐ2番目の得票数で2度目のオールスター先発の座を手に入れました。しかし、プレイオフ1回戦でフィラデルフィア・セブンティシクサーズと対戦し、第2戦目で左膝前十字靭帯断裂と診断され全治8~12ヶ月と診断されました。

2013‐2014年シーズンには完全復活を遂げたと思われたが、2013年の11月に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で右膝半月板断裂という再度のケガに見舞われてしまいました。

2016‐2017年シーズンに大型トレードで高校時代の25番に背番号を改め、ニューヨーク・ニックスに移籍しました。しかしながら2017年4月に左膝の半月板を断裂する重傷を負い、移籍1年目は不本意な形で終了しました。

その後もケガに苦しみ、引退もささやかれていたデリック・ローズでしたが、2017年7月24日、クリーブランド・キャバリアーズと1年210万ドルのベテランミニマムで契約しました。そしてその後2018年2月8日、キャバリアーズ、サクラメント・キングスの絡んだ三角トレードでユタ・ジャズに移籍しました。しかし同年2月11日、3日間でユタ・ジャズからウェイブ(解雇)され、2018年3月8日にミネソタ・ティンバーウルブスに入団しました。

 

 

 

【デリック・ローズの魅力①:爆発的な得点力

 

デリック・ローズはNBAに入ってから度重なるケガに見舞われてきました。しかし、最盛期の彼のプレーは目を見張るものが多くありました。

そんなデリック・ローズのキャリア最高の10個のプレーをまとめてみました。

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

 

【デリック・ローズの魅力②:ダンク】

 

デリック・ローズの代名詞と言えば、身長191㎝にも関わらず大きな選手の上から決めるダンクシュートです。

そのプレイスタイルだからこそケガも多いのですが、その姿はNBAファンを虜にしました。

デリック・ローズのダンク集をまとめてみました。

是非確認してみてください。

 

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

 

 

 

【デリック・ローズの魅力③:心遣い】

 

【reception=https://www.ballerstatus.com/2013/09/10/adidas-derrick-rose-tour-sendai-japan-beijing-china-photos/】

 

皆さんはご存知でしたか?

デリック・ローズは2011年のシーズンMVPを取った年でもありますが、日本で東日本大震災が起こった年でもありました。

その時、デリック・ローズはとある試合で1得点決めるごとに1,000ドルというルールで、デリック・ローズが決めた点数分を東北に寄付していたそうなんです。

東日本大震災から早7年・・・。

このような寄付の活動は日本国内だけでなく、世界からも届いているというのを皆さんも知っておいてくださいね。

 

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

 

 

 

【デリック・ローズのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・デリック・ローズのプロフィール

・デリック・ローズの記録

・デリック・ローズの魅力①:

・デリック・ローズの魅力②:

・デリック・ローズの魅力③:心遣い

 

デリック・ローズ選手は度重なる怪我に悩まされながらも、自身を鼓舞し続けNBA内でも有数のスラッシャーです。

その心の大きさも魅力の1つです。是非今後の動向をも見据えていただければと思います。

今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 238 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*