【NBAニュース】サンアントニオ・スパーズがNBAドラフト2023 1位指名権を獲得

May 16, 2023; Chicago, IL, USA; NBA Deputy Commissioner Mark Tatum (right) congratulates San Antonio Spurs managing partner Peter J. Holt (left) the first pick in the 2023 NBA Draft Lottery at McCormick Place West. Mandatory Credit: David Banks-USA TODAY Sports

NBAドラフトロッタリー2023 Presented by StateFarmが、2023年5月16日(日本時間17日 午前9時半)に開催されました。最も全体1位指名権を獲得する可能性が高かったのは、14%の確率を持つデトロイト・ピストンズ、ヒューストン・ロケッツ、そしてサンアントニオ・スパーズで、その中からスパーズが全体1位指名権を獲得しました。

今年はフランスのビクター・ウェンバンヤマという大型新人がいることから、どのチームが全体1位指名権を手にいれるのかが大いに注目されており、ロケッツとピストンズはそれぞれ4位と5位まで転落した一方、5番目に確率の高かったポートランド・トレイルブレイザーズは3位に上昇する結果となりました。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

Contents

【NBAドラフト2023ロッタリードラフト順】

ロッタリーの結果を受けて、6月22日(同23日)にニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催されるNBAドラフトの指名順が決まりました。

各チームのドラフト指名順番

チーム抽選確率
1位スパーズ14.0%
2位ホーネッツ12.5%
3位ブレイザーズ10.5%
4位ロケッツ14.0%
5位ピストンズ14.0%
6位マジック9.0%
7位ペイサーズ6.8%
8位ウィザーズ6.7%
9位ジャズ4.5%
10位マーベリックス3.0%
11位マジック*1.8%
12位サンダー1.8%
13位ラプターズ1.0%
14位ペリカンズ0.5%
* トレードでブルズから譲渡

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフトロッタリーの仕組み】

NBAドラフトロッタリーは1985年に初めて導入され、現在のプレイオフに出場できなかったチームによる抽選方式となっています。それまでは、各カンファレンスの最下位チームによるコイントスで全体1位指名を決め、残りは勝率順となっていました。

それ以降、細かな手順や抽選確率の変更などを経て、現在は2019年に承認されたフォーマットが採用されており、下位3チームの全体1位指名権獲得確率は14%に一律化され、それ以降は確率が下がっていく仕組みとなっています。

プレイオフに出場しているチームの指名権(15位~30位指名)と2巡目指名権(31位~60位)は、レギュラーシーズンの勝率が低い順に決まります。

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

【NBAドラフトロッタリー2023関連記事】

NBAドラフトが予想されている選手を大胆予想しています!!

ぜひ記事をご確認ください!!

大胆予想第1弾、

大胆予想第2弾、

大胆予想第3弾、

大胆予想第4弾、

About 餅つきうさぎ 1302 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*