【NBA選手名鑑】NBA最強のスラッシャー~ドウェイン・ウェイド~

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は、2003年NBAドラフトで全体5位指名でNBA入りを果たしたドウェイン・ウェイドをご紹介します。多彩な技術や強靭な肉体を兼ね備えていたドウェイン・ウェイドは、得点を量産していくシューティングガードとして活躍していきました。

さてドウェイン・ウェイド選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

 

【ドウェイン・ウェイドのプロフィール】

「dwayne wade」の画像検索結果

本名:ドウェイン・ウェイド(Dwayne Wade)

【誕生日】1982年1月17日
【出身地】アメリカ
【身長】193cm
【体重】100kg
【所属】マイアミ・ヒート
【背番号】3番
【ポジション】SG/PG

ドウェイン・ウェイドは2003年NBAドラフトで全体5位指名でNBA入りを果たしました。多彩な技術や強靭な肉体を兼ね備えていたドウェイン・ウェイドは、得点を量産していくシューティングガードとして活躍していきました。

ドウェイン・ウェイドもレブロン・ジェームス同様に、マイケル・ジョーダンに憧れてNBAを目指した選手の1人です。2003年NBAドラフトで入団してから実に13年間マイアミ・ヒートに在籍していたドウェイン・ウェイドは、先程も取り上げましたが、レブロン・ジェームスとクリス・ボッシュと共に”BIG3”を結成し、NBA界を大いに盛り上げていきました。

現在は、一度はレブロン・ジェームスが所属するクリーブランド・キャバリアーズでシックスマンとして出場していたものの、今は古巣であるマイアミ・ヒートに戻りプレーしています。ドウェイン・ウェイドも今年で36歳を向かえ、ベテラン選手と言われる選手なのは間違いありません。これ程の活躍した選手であれば、ドウェイン・ウェイドが付けていた背番号”3”は永久欠番になる可能性もあるかもしれませんね。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

 

【ドウェイン・ウェイドの記録】

【受賞歴】

  • 3×NBAチャンピオン : 2006 ,2012, 2013
  • NBAファイナルMVP : 2006
  • 12×NBAオールスターゲーム出場 : 2005~2016
  • NBAオールスターゲームMVP : 2010
  • オールNBAチーム
    • 2×1stチーム : 2009, 2010
    • 3×2ndチーム : 2005, 2006, 2011
    • 3×3rdチーム : 2007, 2012, 2013
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 3×2ndチーム : 2005, 2009 ,2010
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2004
  • 2×NBAスキルチャレンジ優勝: 2006, 2007
  • 得点王:2009
  • シーズン最多得点:2009(2386
  • No.3 マーケット大学永久欠番

2003年のNBAドラフトで全体5巡目でマイアミヒートに指名され、ヒートの顔として活躍しました。2年目シーズンには当時のNBA屈指のセンターであるシャキール・オニールがレイカーズから移籍してくるなどチーム状況もよくなり、2005-2006年シーズンにはNBAチャンピオンとなり、NBA内でも屈指のスコアラー兼ガードとして有名となりました。

しかしその後はケガとチームの不振が続き、底辺の時期を味わうこととなりますが2008-2009年シーズンごろから復調の兆しが見え始め、そして2010-2011年シーズンにはレブロンジェームス、クリスボッシュとともにビック3を結成し、2012年シーズン終了までに2個のチャンピオンリングを獲得するチームとなりました。

その後はシカゴブルズに1度移籍し、その後はクリブランドキャバリアーズに移籍したもの現在は古巣マイアミヒートに戻りプレーをしています。

 

ところでそんなドウェイン・ウェイド選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

 

【ドウェイン・ウェイドの魅力①:ダンク

ドウェイン・ウェイドの魅力1つ目は、ダンクです。

ドウェイン・ウェイドの豪快なダンクは見ている人すべての血を沸騰させるほど熱いものがあります。

フラッシュとあだ名がつけられるほどのペネトレーションが得意な選手で、そのペネトレーションからのダンクは見ものです。

身長193センチと小柄ながら、過去には大きな選手の上から幾度もダンクをかましておりとても清々しいです。

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

 

【ドウェイン・ウェイドの魅力②:ブロック】

ドウェイン・ウェイドの魅力2つ目はブロックです。

ドウェイン・ウェイドはガードの身長で登録自体もPG/SGという小柄に分類されながらも、ブロックの高さはほかのNBAレジェンド達も苦戦を強いられました。

ブロックのタイミングや身体能力はずば抜けており、見えないところから突然出てきてブロックをするので相手からしたら予想だにしないことが起きている状況です。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

 

 

 

【ドウェイン・ウェイドの魅力③:クラッチ

ドウェイン・ウェイドの魅力3つ目はクラッチ力です。

過去のゲームを決定づけるシュートを動画で紹介していますが、ここまで試合を決めるシュートを決められるのはメンタル面も肉体面も優れているからこそなせる業です。

フィールド上で、この選手に預けておけばどうにかしてくれると思わせることのできる優秀な選手です。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

 

【ドウェイン・ウェイドのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・ドウェイン・ウェイドのプロフィール

・ドウェイン・ウェイドの記録

・ドウェイン・ウェイドの魅力①:ダンク

・ドウェイン・ウェイドの魅力②:ブロック

・ドウェイン・ウェイドの魅力③:クラッチ

 

色々ドウェイン・ウェイド選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 254 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*