【NBAニュース】NBA開幕戦で50得点以上記録したスコアラーは誰だ?

2019-20年シーズンのNBAシーズンが開幕しました。まだまだ開幕して数日ですが、数多くの名場面がすでに生まれNBAファンにとっては楽しみが絶えないシーズンとなっています。今シーズンは多くの選手が昨シーズンの時のチームとは違ったチームにおり、チームの勢力図も大きく変わりました。

そんな2019-20年のNBAシーズンの開幕戦で、今シーズンからブルックリン・ネッツに移籍したカイリー・アービングが10月23日(日本時間24日)の対ミネソタ・ティンバーウルブス戦で50得点を記録する偉業を成し遂げました。

そこで今回はこれまでのNBA史で開幕戦で50得点以上を記録した選手たちを『Basketball-Reference.com』を参考にご紹介します。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

ウィルト・チェンバレン
56得点/1962年10月23日(日本時間24日)

試合の動画ではないです。

平均50得点という数字をたたき出した1962-63シーズンの開幕戦で、ウィルト・チェンバレンはデトロイト・ピストンズを相手に56得点をマークした。ただ、彼にとっては特別なことではない。チェンバレンは2位に87試合差の通算118試合で50得点以上を記録している。

マイケル・ジョーダン
54得点/1989年11月3日(日本時間4日)

その2位につけるのが、31試合で50得点以上を記録したマイケル・ジョーダンだ。ただ、開幕戦で2回以上50得点以上をマークしたのは彼しかいない。1989-90シーズンのクリーブランド・キャバリアーズとの開幕戦で、ジョーダンは54得点、14リバウンド、6アシストを記録した。このシーズン、ジョーダンは同じキャバリアーズとの試合で自己最多の60得点もマークしている。

エルジン・ベイラー
52得点/1959年10月18日(日本時間19日)

試合の動画ではないです。

通算平均得点ランクでジョーダン、チェンバレンに続く3位のエルジン・ベイラーは、開幕戦における得点ランクでも3位。だが、アービング同様、試合には負けている。

カイリー・アービング
50得点/2019年10月23日(日本時間24日)

毎試合50得点を記録する選手ではない。だが、アービングはネッツでのキャリアを見事にスタートさせた。開幕戦で球団歴代5位の50得点を記録したのだ。自身にとっては、通算3回目の50得点となる。

アンソニー・デイビス
50得点/2016年10月26日(日本時間27日)

NBAの歴史において、最も試合を支配したパフォーマンスのひとつだった。アンソニー・デイビスは50得点だけでなく、15リバウンド、5アシスト、5スティール、4ブロックを記録しているのだ。だが、デンバー・ナゲッツとの試合は黒星に終わっている。

マイケル・ジョーダン
50得点/1986年11月1日(日本時間2日)

1986-87シーズンの開幕戦、ジョーダンは負傷に苦しみ、わずか18試合出場に終わった前シーズンのリベンジを果たした。

マディソン・スクエア・ガーデンでのニューヨーク・ニックス戦で、ジョーダンは復活を遂げ、すべてを支配する用意があることをリーグに示した。このシーズン、ジョーダンは平均37.1得点で初の得点王に輝き、そこからNBA史上最高のスコアラーの時代が始まった。

原文:Every 50-point game in a season opener in NBA historyby NBA Canada(抄訳)

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでディフェンスが劇的に上達する9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】ダンクも夢じゃない!?バスケでジャンプ力が劇的に上がる11つの筋トレメニューまとめ【保存版】

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 433 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*