【2019-20年NBA戦力分析】シカゴ・ブルズ

NBAの2019-2020年シーズンが2019年10月22日(日本時間23日)に開幕します。今シーズンは多くのデュオなどが新たに作られ、シーズンが始まるのが楽しみですね。

なので今年も各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・シカゴ・ブルズです。

2018-19年シーズンのシカゴ・ブルズはエースのザック・ラビーン、2017年のドラフト1位のラウリ・マルッカネンやクリス・ダン、ジャスティン・ホリデーなどのメンバーがいたものの、けが人も多くおりチームも60敗をするなど課題が多くみられた1年となりました。

2019-2020年シーズンのシカゴ・ブルズはケガからの復帰が期待されるラウリ・マルッカネンやウェンデル・カーター・Jr、昨年1年間大きなけがもなくチームを引っ張ったザック・ラビーンを中心にチームが作られていきます。またドラフトでは攻撃的ポイントガードであるコビー・ホワイトもチームに加え、プレイオフ進出を狙います。

そんなシカゴ・ブルズの2019-20年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【シカゴ・ブルズ】

【reference=https://www.parkcityvacationrentals.com/event/jazz-vs-bulls-tickets-available/bulls/】

まずはシカゴ・ブルズのチームプロフィールです。

チーム名:シカゴ・ブルズ

【創設】1966年
【本拠地】イリノイ州シカゴ
【所属】イースタン・カンファレンス
【チームカラー】赤・黒・白

イリノイ州シカゴを本拠地として活動しているシカゴ・ブルズ。

チーム名の由来は、同じシカゴを拠点としているMLBとNFLのプロスポーツチームが獣をモチーフとしたチーム名であったため、現在の名前が使用されているそうです。

シカゴ・ブルズの2018-2019シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】22勝60敗
【順位】イースタン・カンファレンス 13位

2018-19年のシカゴ・ブルズはシーズンを通し60敗を記録し、2001-02年シーズン以来最多記録を作ってしまうほどチームが低迷した1年となりました。また、チームとして得点が30チーム中27位、失点も30チーム中20位という不本意な形でシーズンを終えました。

これはチームの中心選手として活躍が期待されていた、ラウリ・マルッカネンや ウェンデル・カーター・Jrがケガをするなどしてチームから離れていたことが大きな要因となりました。逆にザック・ラビーンは1年を通して安定した結果を残し、ケガもしなかったためチームとしてはプラスな要素となりました。

2019-2020NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【シカゴ・ブルズの今シーズン】

Image result for chicago bulls 2019-20"

2019-20年のシカゴ・ブルズはまずはドラフト7位でコビー・ホワイトをチームに加え、長年課題といわれていたポイントガードを獲得しました。コビーはサマーリーグで持ち前の得点力と司令塔としての存在感を放っており、今後のブルズ再建の立役者となりそうなピースとなりそうです。

そして何よりも、ラウリ・マルッカネンやウェンデル・カーター・Jrがケガから復帰し、ザック・ラビーンというスターの原石といかに相乗効果を生むかが大きく期待される1年となりそうです。

またブルズはロスターの強化の為にポイントガードのできるトーマス・サトランスキー、パワーホワードのサディアス・ヤングもチームに迎えました。若いチームだからこそ、コミュニケーションが必須とはなってくるかとは思いますが、昨年よりもチーム状況は大きく改善しており、プレイオフ進出を目標に名門の復活を成し遂げてほしいです。

今後のシカゴ・ブルズの2019-2020年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【シカゴ・ブルズの注目選手】

【シカゴ・ブルズの注目選手①:ザック・ラビーン】

本名:ザック・ラヴィーン(Zach LaVine)

【誕生日】1995年3月10日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】94kg
【所属】シカゴ・ブルズ
【背番号】8番
【ポジション】SG/PG

  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム:2015
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP :2016
  • 2×NBAスラムダンクコンテスト優勝 :2015, 2016

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【シカゴ・ブルズの注目選手②:ラウリ・マルカネン】

本名:ラウリ・マルカネン(Lauri Markkanen

【誕生日】1997年5月22日
【出身地】フィンランド
【身長】213cm
【体重】109kg
【所属】シカゴ・ブルズ
【背番号】24番
【ポジション】センター

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【シカゴ・ブルズの注目選手③:コビー・ホワイト】

本名:コビー・ホワイト (Coby White)

【誕生日】2000年2月16日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】84kg
【所属】シカゴ・ブルズ
【背番号】2番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【シカゴ・ブルズの注目選手④:ウェンデル・カーター・Jr】

本名:ウェンデル・カーター・Jr(Wendell Carter Jr.)

【誕生日】1999年4月16日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】208cm
【体重】117kg
【所属】シカゴ・ブルズ
【背番号】34番
【ポジション】パワーフォワード/センター

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【シカゴ・ブルズの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●シカゴ・ブルズとは?

●シカゴ・ブルズの今シーズン

●シカゴ・ブルズの注目選手

今回は、イースタンカンファレンス所属のシカゴ・ブルズの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2019-2020年シーズンのシカゴ・ブルズは昨年の60敗をばねに若手中心の選手達でカムバックをして欲しいチームへと変貌しています。

シカゴ・ブルズの今シーズンに注目してみてください。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 433 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*