【NBAニュース】勝率で見るNBAのパワーバランス(NBA勝率ランキング)W8

この「勝率で見るNBAのパワーバランス」シリーズはNBA.comが毎週出しているチームの勝率をもとに、チームランキングを出したものになります。

NBA2019-20年シーズンが始まり色々なトピックはあるものの、筆者もそうですが今のチームパワーバランス(順位)などが分かりにくいと言う事で作ってみました。

今回ご紹介するNBAパワーバランスは「ウィーク8」までの順位になります。「ウィーク8」12月9日(日曜日)までの勝率ランキングと言う事になります。「ウィーク8」はNBA2019-20年シーズンの1/4が終わった直後のウィークとなっており、イースタンカンファレンスでは8チームが勝率5割を超す中、ウエスタンカンファレンスでは6チームのみが5割の勝率を超える結果となりました。

これまでの週から「ウィーク8」のトピックスとしてまとまっていたのはミルウォーキー・バックスとロスアンジェルス・レイカーズが依然として各カンファレンスで1位を独占しており、逆にまだまだプレイオフ進出に遠いチームは12月15日より解禁となるトレードでどのような巻き返しを図るか注目です。

チームとしてはミルウォーキー・バックスがロスアンジェルス・クリッパーズを含む3連勝を上げ、逆にクリーブランド・キャバリアーズが1-13という壊滅的な成績となってしまっており今後のチーム再建が急がれる結果となっています。

さてどんなパワーバランスになっているのでしょうか? 見てみましょう!

  

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

  

  

【NBAパワーバランス2019-20:ウィーク8】

ミルウォーキー・バックス

Record: 20-3

ロスアンゼルス・レイカーズ

Record: 21-3

ロスアンゼルス・クリッパーズ

Record: 17-7

ボストン・セルティックス

Record: 16-5

ダラス・マーベリックス

Record: 16-7

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

Record: 17-7

ヒューストン・ロケッツ

Record: 15-7

マイアミ・ヒート

Record: 17-6

トロント・ラプターズ

Record: 15-7

デンバー・ナゲッツ

Record: 14-7

インディアナ・ペイサーズ

Record: 15-8

ブルックリン・ネッツ

Record: 13-10

ユタ・ジャズ

Record: 13-10

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 578 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*