【NBAニュース】第5週の週間最優秀選手にニコラヨキッチとジョエルエンビードが選出

1月25日(日本時間26日)NBAが2020-21シーズン第5週の週間最優秀選手が発表されました。ウェスタン・カンファレンスからデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、イースタン・カンファレンスからフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードが選出されました。

通算7回目の選出となったヨキッチは、チームがオクラホマシティ・サンダーとの試合と、フェニックス・サンズとの2試合に勝利した3試合すべてで、27得点、10リバウンド、6アシスト超を記録しています。また1月23日(同24日)のサンズ戦では、29得点、6アシストに加えて、自己最多となる22リバウンドを獲得し、ダブルオーバータイムにもつれこんだ試合の勝利に貢献しました。1試合平均では、29得点(FG成功率52.2%、FT成功率77.8%)、14.7リバウンド、6.7アシスト、1.70スティールをマークし、今季15試合目にして、史上5人目となる350得点、125リバウンド、125アシストを記録しています。

一方で通算5回目の選出となったエンビードは、チームがボストン・セルティックスとの2試合と、デトロイト・ピストンズとの試合に勝利した3試合すべてで、33得点、10リバウンド超をマークしています。76ersの選手が3試合連続でこの数字を記録したのは、1967年12月のウィルト・チェンバレン以来初めてとなるり、1月20日(同21日)のセルティックス戦では42得点(FG19本中12本成功、FT21本中17本成功)、10リバウンドを記録し、今季自身2度目かつリーグで唯一の40得点、10リバウンド超を記録しています。3試合合計で、113得点(1試合平均37.7得点、FG成功率61.1%、3P成功率44.4%)をあげ、うちフリースローを43本沈めています(FT成功率81.1%)。

原文:https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/nba-players-week-5-nikola-jokic-joel-embiid/1hc7bvkgd60j81abzg54yn640r

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ニコラ・ヨキッチのプロフィール】

本名: ニコラ・ヨキッチ (Nikola Jokic)

【誕生日】1995年2月19日
【出身地】セルビア
【身長】208cm
【体重】113kg
【所属】デンバー・ナゲッツ
【背番号】15番
【ポジション】C/PF

  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2019
    • 2ndチーム : 2020
  • NBAオールスターゲーム出場:2019 2020
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2016
  • ABAリーグMVP:2015

ニコラ・ヨキッチはセルビア出身のプロバスケットボール選手で、2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップでセルビア代表に初招集された準優勝に貢献したことを皮切りに、セルビア国内のABAリーグで頭角を現し、2016年リオデジャネイロオリンピックでも銀メダル獲得に貢献するほど、今セルビアで最も有名な選手の1人です。

身長は208センチといわゆるセブンフッターではないものの、ウィングスパンが221センチと長く、またガード並みのアシストができる選手として活躍しています。

NBAには2014年のドラフトで41位と下位でのドラフトになりましたが、2014-2015年シーズンでセルビアのABAリーグのMVPに選出されるなど、若くしてNBAへの門が開けた選手の1人となります。

更に詳しくニコラ・ヨキッチについて知りたい人は、プロフィール画像をクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジョエル・エンビードのプロフィール】

本名:ジョエル・エンビード(Joel Embiid)

【誕生日】1994年3月16日
【出身地】カメルーン
【身長】219cm
【体重】113kg
【所属】フィラデルフィア・76ers
【背番号】21番
【ポジション】センター

まずはジョエルエンビードのプロフィールから紹介していきます。

ジョエル・エンビードはカメルーン出身となっています。両親がバレーボール選手だったこともあり、元々はバレーボールを行っていました。

しかし、ジョエルエンビード本人はアキームオラジュワンに憧れを抱き、バスケットボールに興味がありました。すると、幸運なことにカメルーンで、現ヒューストン・ロケッツのルック・バ・ア・ムーティのクリニックに参加。

そこで感激を受けたジョエルエンビードはNBAを目指す決意をしました。そしてアメリカの名門カンザス大学に進学を果たしました。

1年生の頃から頭角を現したジョエルエンビードは、スタメンで起用され、全米にその名を轟かせていきました。最優秀守備選手賞やオールディフェンシブチームに選出されるなどの成績を残しました。

1年間カンザス大学でプレーし、NBAへのアーリーエントリーの道を選択しました。見事、フィラデルフィア・76ersに全体3位指名で入団しNBA入りを果たしました。

更に詳しくジョエル・エンビードについて知りたい人は、プロフィール画像をクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 746 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*