【オリンピックニュース】アメリカ代表が親善試合2連敗

オリンピックのアメリカ代表がここ最近行われた親善試合で2試合連続敗れており、東京五輪までにチームのシナジーをより一層高める必要があります。

7月10日(日本時間11日)、ネバダ州ラスベガスのマンダレイベイ・イベンツ・センターにてアメリカ代表(FIBAランキング1位)とナイジェリア代表(22位)による東京オリンピックに向けた調整のための親善試合が行なわれ、アメリカは87-90で敗れ、続く7月12日(日本時間13日)に行われたアメリカ代表(FIBAランキング1位)とオーストラリア代表(3位)による試合でも91-83と敗れました。

アメリカ代表はNBAのスケジュール的にぎりぎりまでNBAプレイオフをしていた選手も多く、敗因としてポポビッチHCは、「前半はやりたいディフェンスができ、よりフィジカルにプレイし、リバウンドもボール回しも良かった。だが、後半は疲れから集中力が切れ、やりたいことができていなかった。今はとにかく選手たちのコンディションを上げていくプロセスを継続していく必要がある」と話しています。

アメリカは次戦、13日(日本時間14日)にアルゼンチン代表と親善試合を行なう予定でオリンピックまでに選手のコンディションとチームのシナジーを生み出せるかが重要となる。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【アメリカ代表に関連する記事】

About 餅つきうさぎ 746 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*