【フォームローラー】巷で有名?!ストレッチに使える小物~腕編~

皆さんは最近巷ではやっている、マッサージ用品を知っていますか?

見た目はそこまで効くようには思えないものの、

実際にやってみるととっても気持ちい”あれ”です。

 

そう、今日ご紹介するのは「フォームローラー」です。

前前回はフォームローラーの使い方第1回目として、下半身のフォームローラーの使い方

前回はフォームローラーの使い方第2回目として、上半身のフォームローラーの使い方

について書かせていただきました。

 

今回は第3弾ということで、下半身、上半身以外でのフォームローラーの使い方として、

「腕」について説明していきたいと思います。

 

前前回、前回の記事はこちらです。

【フォームローラー】巷で有名?!ストレッチに使える小物~下半身編~

【フォームローラー】巷で有名?!ストレッチに使える小物~上半身編~

 

フォームローラーはアメリカではもうすでに有名で、最近日本でもららぽーとのお店に

専門店が出来たりと、じわじわと人気に火が付いてきている代物です。

使い方をマスターして、確りと自身のㇾフレッシュにも繋げてください!

 

 

おすすめ記事 →  【バッシュ】クレイ・トンプソンが契約しているバッシュメーカー、ANTA Sports

おすすめ記事 →  【バッシュ】多彩なオールラウンダーが着用するバッシュ~ポール・ジョージ~

 

 

 

『そもそもフォームローラーとは?』

TriggerPoint GRID Foam Roller

ここはおさらいになりますが、

フォームローラーとは一言でいうと自重でできるマッサージ機器になります。

人間の身体の筋肉はきちんと活動が行われないと筋膜が硬くなり、

拘縮といって部分的に極端に硬くなることがあります。

身体に痛みがあるとき拘縮した筋肉が原因で痛みが起こっていることが多く、

この極端に拘縮した部分をトリガーポイントと呼びます。

 

一言でいうと、この筋膜のコリをほぐすこと、それができるのがこの

フォームローラーということになります。

因みにこの行動を専門用語では「筋膜リリース」と言います。

 

おすすめ記事 →  アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

おすすめ記事 →  身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

 

 

 

『そもそも筋膜リリースとは??』

 

こちらも前回のおさらいになります。

そもそも上記での述べましたが、人間の身体の表面は筋膜と呼ばれる薄い繊維状の膜で覆われています。

なので偏った動作や姿勢などが原因で一部分が短縮して硬くなったりすることがあります。

根本的に上記の図のように筋膜は全身につながっているので、

一部分で起きた短縮が原因で、筋膜を通して全身に伝わり動きの柔軟性を損ねたり、

他の筋肉の活動の妨げになってしまうということがあります。

だからこそ、この根本の原因となっている「トリガーポイント」を解さなければいけないのです。

それを行う手段として1つが「フォームローラー」になります。

 

以下が効果や、ポイントのまとめとなります。

【効果】

  • リンパの流れや血流量の向上
  • 関節可動域の向上
  • 姿勢を整える
  • 身体動作等、パフォーマンスの向上
  • トレーニング効果の向上
  • リカバリー

【ポイント】

  • 深層の筋膜に到達するように深く圧をかける
  • 圧をかけると同時に深呼吸をする
  • ゆっくり筋繊維の方向に沿ってストロークする
  • 隣の筋膜、筋繊維の拘縮もリリースする為に横にずらすように動かす

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

 

 

 

『フォームローラーの使い方1:二の腕』

1つ目に二の腕です。専門用語としては上腕三頭筋とも言います。

 

 

上腕三頭筋は上腕の後ろ側に位置する筋肉で、

主に肘の伸展や肩の安定性を保つ役割を持っている筋肉です。

バスケに関して言えばシュートの出来に大きく左右する部分の

筋肉になるので、確りとリフレッシュさせてあげましょう。

 

「フォームローラー 力こぶ」の画像検索結果

 

  1. フォームローラーを腕の付け根に合わせます。
  2. フォームローラーに体重をかけながら前後に4往復ローリングします。

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~他メーカー編~

 

 

 

『フォームローラーの使い方2:力こぶ』

2つ目に力こぶです。専門用語としては、上腕二頭筋とも言います。

 

上腕二頭筋は上腕の前側に位置する筋肉で、主に肘の屈曲や肩の安定性を保つ役割の筋肉です。

手首の回外の動き(ドアノブを捻る動き)が硬い場合はレイアップなどの手首のひねりなどに

関わってくることがあるので、こちらも確りとリフレッシュさせましょう!

 

「フォームローラー 力こぶ」の画像検索結果

 

  1. うつ伏せになり、フォームローラーの上に二の腕を乗せます。
  2. 手の平を上に向け、腕をまっすぐ伸ばします。
  3. 左右に4往復ローリングします。

 

おすすめ記事 →  【バッシュ】2017-2018NBAプレーオフでNBA選手が履いているバッシュ一挙大公開!~Prat1~

おすすめ記事 →  【バッシュ】2017-2018NBAプレーオフでNBA選手が履いているバッシュ一挙大公開!~Part2~

 

 

 

『フォームローラーの使い方3:前腕』

3つ目に前腕です。

 

前腕は手首を動かし同時に指の屈曲や伸展も行う筋肉群です。

この部位は手首関節の安定性を保つとともに、肘関節の安定性も担っています。

 

ここはシュートの際の最後のリリースなどに使われる、

見落とされがちな部位になります。確りとリフレッシュさせてください。

 

 

  1. 両手をつないだ状態で、フォームローラーに手首を乗せます。
  2. 首に体重をかけながら前後に4往復ローリングします。
  3. しっかりと体重をかけて、重なる筋膜を剥がしていくイメージで行ってください。

 

おすすめ記事 →  NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 →  NBA副収入ランキング!

 

 

 

【まとめ】『ストレッチに使える小物~フォームローラー~

いかかだったでしょうか?

フォームローラーについて少しはわかっていただけたでしょうか?

  • そもそもフォームローラーとは?
  • そもそも筋膜リリースとは?
  • フォームローラーの使い方1:二の腕
  • フォームローラーの使い方2:力こぶ
  • フォームローラーの使い方3:前腕

 

バスケットボールプレイヤーは筋線維を酷使するアスリートで、

プレー後のアフターケアが大切になります。

筋膜リリースは最近ちょっとブームになったりもして、

1人では難しいといわれてはいましたが、この「フォームローラー」を

きちんと正確に使うことによって、身体の疲労回復につながります。

きちんとした知識を持ったうえで上手にフォームローラーを使いながら、

身体をしっかりと休ませましょう!!

 

引用文献:http://triggerpoint.jp/how-to/grid/#part-2

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 238 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*