【NBAニュース】第15週の週間最優秀選手が選出

クリス・ポールとジョエル・エンビードが15週の優秀選手に選出

1月31日(日本時間1日)NBAが2021-22シーズン第15週の週間最優秀選手が発表しました。ウェスタン・カンファレンスからはフェニックス・サンズのクリス・ポールが選出され、イースタン・カンファレンスからはフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードが選出されました。

サンズのクリス・ポールは4勝0敗だったサンズで平均22.3得点、7.5リバウンド、12.8アシストと活躍し、1月30日(同31日)のサンアントニオ・スパーズ戦では、20得点、8リバウンド、19アシストを記録し、115-110の勝利に貢献しています。40勝9敗のサンズはウェストの首位でリーグを通して今期最速で40勝を上げました。

一方76ersの3勝0敗に貢献したのが、平均34.7得点、11.7リバウンド、5.7アシスト、2.3ブロックを記録したジョエル・エンビードです。1月25日(同26日)のニューオーリンズ・ペリカンズ戦では、42得点、14リバウンドをマークしてチームを勝利に導いたいており、シーズン序盤こそなかなか勝ちきれないことが多かったチームは30勝19敗で76ersはイーストの3位に浮上しました。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【クリス・ポールのプロフィール】

本名:クリス・ポール(Chris Paul)

【誕生日】1985年5月6日
【出身地】アメリカ合衆国 ノースカロライナ州
【身長】183cm
【体重】79kg
【所属】フェニックス・サンズ
【背番号】3番
【ポジション】ポイントガード

  • 9×NBAオールスターゲーム出場:2008-2016
  • NBAオールスターゲームMVP:2013
  • オールNBAチーム
    • 4×1stチーム:2008, 2012, 2013, 2014
    • 3×2ndチーム:2009, 2015, 2016
    • 3rdチーム:2011
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 6×1stチーム:2009, 2012-2016
    • 2×2ndチーム:2008, 2011
  • 新人王:2006
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2006
  • 4×アシスト王:2008, 2009, 2014, 2015
  • 6×スティール王:2008, 2009, 2011-2014
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2004

クリス・ポールはウェスト・ホーサイス高校時代から全米に名の知れたポイントガードの1人で、高校時代の最終シーズンでは、平均30得点・8アシスト・5リバウンド・6スティールという驚異的な記録を出している選手です。

ウェスト・ホーサイス高校卒業後には、地元の大学であるウェイクフォレスト大学に進学しました。フレッシュマン(1年生)でありながらスタメンに起用され、チームを牽引していました。1年目のシーズンには新人王を獲得し、2年目のシーズンではオールアメリカンファーストチームへの選出・ウッデン賞・ネイスミス賞など数多くの賞を受賞している選手です。

2年目のシーズンが終了後には、3年生へ進学せずにNBAドラフトへアーリーエントリーを果たしました。クリス・ポールは、NBAドラフトへアーリーエントリーすると2005年NBAドラフトで4位指名でNBA入りを果たしました。NBA入団を果たしたのち、スタメンで起用されチームを牽引するポイントガードとして驚異的なスピードで成長を遂げていきました。NBAシーズン3年目には、アシスト王とスティール王の2冠を達成。まさにNBA最高峰のポイントガードへと成長していきました。

さらにクリス・ポールについてさらに知りたい人は。こちらの記事もご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジョエル・エンビードのプロフィール】

本名:ジョエル・エンビード(Joel Embiid)

【誕生日】1994年3月16日
【出身地】カメルーン
【身長】219cm
【体重】113kg
【所属】フィラデルフィア・76ers
【背番号】21番
【ポジション】センター

まずはジョエルエンビードのプロフィールから紹介していきます。

ジョエル・エンビードはカメルーン出身となっています。両親がバレーボール選手だったこともあり、元々はバレーボールを行っていました。

しかし、ジョエルエンビード本人はアキームオラジュワンに憧れを抱き、バスケットボールに興味がありました。すると、幸運なことにカメルーンで、現ヒューストン・ロケッツのルック・バ・ア・ムーティのクリニックに参加。

そこで感激を受けたジョエルエンビードはNBAを目指す決意をしました。そしてアメリカの名門カンザス大学に進学を果たしました。

1年生の頃から頭角を現したジョエルエンビードは、スタメンで起用され、全米にその名を轟かせていきました。最優秀守備選手賞やオールディフェンシブチームに選出されるなどの成績を残しました。

1年間カンザス大学でプレーし、NBAへのアーリーエントリーの道を選択しました。見事、フィラデルフィア・76ersに全体3位指名で入団しNBA入りを果たしました。

更に詳しくにジョエル・エンビードついて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 872 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*