【NBA選手名鑑|クリス・ポール】コート上でヘッドコーチの役割を果たす男

どーも!ハリネズミです!

今回もNBA選手名鑑をお送りしていこうと思います!

本日紹介するNBA選手は・・・クリスポールです。

NBAを見ている人々でこの名前を知らない人はいないと思います。

コート上でヘッドコーチの役割をこなしているクリスポール。

そんなクリスポールの魅力についてプロフィールをふまえながら紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【クリスポールのプロフィール】

Back again: The 2020-21 Phoenix Suns season preview, starring Chris Paul,  Devin Booker and a playoff push - CBSSports.com

本名:クリス・ポール(Chris Paul)

【誕生日】1985年5月6日
【出身地】アメリカ合衆国 ノースカロライナ州
【身長】183cm
【体重】79kg
【所属】フェニックス・サンズ
【背番号】3番
【ポジション】ポイントガード

  • 11×NBAオールスターゲーム出場:2008–2016, 2020, 2021
  • NBAオールスターゲームMVP:2013
  • オールNBAチーム4×1stチーム:2008, 2012, 2013, 2014
  • 5×2ndチーム:2009, 2015, 2016, 2020, 2021
  • 3rdチーム:2011
  • NBAオールディフェンシブチーム7×1stチーム:2009, 2012-2017
  • 2×2ndチーム:2008, 2011
  • 新人王:2006
  • NBAオールルーキーチーム1stチーム:2006
  • 4×アシスト王:2008, 2009, 2014, 2015
  • 6×スティール王:2008, 2009, 2011-2014
  • フリースロー成功率一位:2021
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2004
  • オールアメリカンファーストチーム:2005
  • オールACCファーストチーム:2005
  • オールACCサードチーム:2004
  • ACC新人王:2004
  • パレード誌オールアメリカンファーストチーム:2003
  • マクドナルド・オール・アメリカン:2003
  • ノースカロライナ・ミスターバスケットボール:2003

クリスポールはウェスト・ホーサイス高校時代から全米に名の知れたポイントガードの1人で、高校時代の最終シーズンでは、平均30得点・8アシスト・5リバウンド・6スティールという驚異的な記録を出している選手です。

ウェスト・ホーサイス高校卒業後には、地元の大学であるウェイクフォレスト大学に進学しました。

フレッシュマン(1年生)でありながらスタメンに起用され、チームを牽引していました。

1年目のシーズンには新人王を獲得し、2年目のシーズンではオールアメリカンファーストチームへの選出・ウッデン賞・ネイスミス賞など数多くの賞を受賞している選手です。

2年目のシーズンが終了後には、3年生へ進学せずにNBAドラフトへアーリーエントリーを果たしました。

クリスポールは、NBAドラフトへアーリーエントリーすると2005年NBAドラフトで4位指名でNBA入りを果たしました。

NBA入団を果たしたのち、スタメンで起用されチームを牽引するポイントガードとして驚異的なスピードで成長を遂げていきました。

NBAシーズン3年目には、アシスト王とスティール王の2冠を達成。まさにNBA最高峰のポイントガードへと成長していきました。

そんなNBA最高峰のポイントガードとまで呼ばれるようになったクリスポール。

クリスポールにはどんな魅力があるのか、僕の独断と偏見ではありますが、見ていきたいと思います。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【クリスポールの魅力①:コート上で発揮するリーダーシップ力】

【reference=https://www.mensjournal.com/health-fitness/nba-star-chris-pauls-key-training-method-staying-strong-and-how-rockets-can/】

クリスポールの1つ目の魅力は、リーダーシップです。

高校時代からポイントガードとして活躍してきたクリスポール、コート上で発揮するリーダーシップ力はまさにコーチと同等のモノを持っています。

試合の流れを把握したり、チームの方向性を確認しコントロールのできるポイントガードです。

クリスポール自身も平均20得点・10アシストを記録するシーズンもあったため、正統派ポイントガードの1人でもあり、NBA界最高峰のポイントガードの呼び声が高くなっている選手なんです。

チームのアシスタントコーチも、クリスポールへの信頼度が高く、試合中の指示は選手全体にも行いますが、クリスポール1人に伝えていることが多く見られます。

この理由から、クリスポールの1つ目の魅力としてリーダーシップを取り上げました。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【クリスポールの魅力②:味方を的確に活かすアシスト】

【reference=https://clutchpoints.com/rockets-news-chris-paul-climbs-all-time-assists/】

クリスポールの2つ目の魅力は、アシストです。

クリスポールは現時点で、2008年・2009年・2014年と3度のアシスト王に輝いています。

1試合平均で10アシストを記録しているシーズンがあるほどアシストの能力、いわゆる味方を活かす能力が非常に長けていると言えるでしょう。

司令塔としての役割を充分に把握しているクリスポールは、ノーマークの味方選手がいれば的確なアシストをする時もあれば、自ら得点をする能力も持っています。

特にクリスポールがアシストを稼ぐ際に活用しているのが、ピック&ロールです。

クリスポールは、このピック&ロールの使い方が上手く、味方へのパスの通し方や自分自身がフリーになるのが得意なんです。

今後もクリスポールのピック&ロールは注目してみてください。

この理由から、クリスポールの2つ目の魅力としてアシストを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【クリスポールの魅力③:相手選手から巧みにボールを奪うスティール】

【reference=https://www.upi.com/Los-Angeles-Clippers-Chris-Paul-out-6-8-weeks-with-thumb-injury/5011484723415/】

クリスポールの3つ目の魅力として取り上げるのは、スティールです。

クリスポールはNBA入団後、2008年・2009年・2011年~2014年と6度のスティール王に輝くほど、相手選手からボールを奪うのが上手い選手なんです。

クリスポールは、NBA史上12人目となるNBAキャリア通算2,000スティールを達成している選手でもあります。

ボールをスティールすることはそんな簡単なことではありません。

相手の動きを予測し、ボールの動きも見る動体視力なども必要になることでしょう。

そのため、クリスポールが達成している記録というのは、偉大な記録でもあり、今後も自身の記録を更新していって欲しいものです。

この理由より、クリスポールの3つ目の魅力としてスティールを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【クリスポールの今後】

Back again: The 2020-21 Phoenix Suns season preview, starring Chris Paul,  Devin Booker and a playoff push - CBSSports.com

NBA入団後、3年目からNBA最高峰のポイントガードとして沸かせていたクリスポール。

数々の記録を樹立し、今後も活躍の場を広げ、チームの永久欠番や殿堂入りを果たしてもおかしくない選手です。

個人としての記録は素晴らしいモノを持っているクリスポールではありますが、実はNBAでの優勝経験がないんですね。

カンファレンスファイナルまで足を運ぶことはあっても、ファイナルまで進んだ経験がありません。

クリスポールがNBAのプレイヤーとして10年以上プレーしているため、本人も優勝したいと考えているはずです!

今後、NBAの記録を塗り替えていったり、優勝する姿が見れるかもしれませんね。

クリスポールの活躍に期待しましょう!

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【クリスポールのまとめ】

いかがでしたか?

●クリスポールのプロフィール
●クリスポールの魅力①:コート上で発揮するリーダーシップ力
●クリスポールの魅力②:味方を的確に活かすアシスト
●クリスポールの魅力③:相手選手か巧みボールを奪うスティール
●クリスポールの今後

今回は、NBA界最高峰の呼び声も高いクリスポールについて紹介していきました。

クリスポール自身の個人記録も気になる所ではありますが、優勝している姿も見たいものです。

司令塔としての力を思う存分発揮し、今後も所属チームを牽引していって欲しいですね。

ぜひ、今後のクリスポールにも注目してみてください!

About モンキー 787 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*