【NBAニュース】2021-22年シーズントレードデットラインまでに行われたトレード

日本時間2月11日NBAのトレードデットラインが過ぎ、各チーム新たなメンバーで残り約30%のシーズンを戦うことになります。今シーズンのトレードデットライン直前に多くの動きがあり、チームの状況が目まぐるしく変わりました。

個人的にはブルックリン・ネッツやフィラデルフィア・セブンティシクサーズがジェームス・ハーデンとベン・シモンズをトレードするのが実現化されることには驚いた一方で、チームの状況をトレードで改善できなかったロスアンゼルス・レイカーズなどのチームの今後にも注目です。

そこで今回は2021-22年シーズンに行われたトレードを振り返ってみましょう!

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

Contents

ウィザーズのアーロン・ホリデーがトレードでサンズへ(現地2月10日成立)

サンズ獲得

  • アーロン・ホリデー

ウィザーズ獲得

  • 金銭

ウィザーズがトレードでポルジンギスを獲得、ディンウィディーらがマブスへ(現地2月10日成立)

マーベリックス獲得

  • スペンサー・ディンウィディー、ダービス・ベルターンス

ウィザーズ獲得

  • クリスタプス・ポルジンギス、将来のドラフト2巡目指名権(プロテクトつき)

4チーム間でのトレードでM・バグリーがピストンズへ(現地2月10日成立)

ピストンズ獲得

  • マービン・バグリー三世(キングスから)

クリッパーズ獲得

  • ロドニー・フッド(バックスから)、シェミ・オジェレイ(バックスから)、バニャ・マリンコビッチの交渉権(キングスから)

バックス獲得

  • サージ・イバカ(クリッパーズから)、将来のドラフト2巡目指名権(キングスから)、将来のドラフト2巡目指名権(クリッパーズから)、金銭(クリッパーズから)

キングス獲得

  • ドンテ・ディビンチェンゾ(バックスから)、トレイ・ライルズ(ピストンズから)、ジョシュ・ジャクソン(ピストンズから)、将来のドラフト2巡目指名権(ピストンズから)、デイビッド・ミシノウの交渉権(クリッパーズから)

トレードでダニエル・タイスがセルティックス復帰、デニス・シュルーダーがロケッツへ(現地2月10日成立)

セルティックス獲得

  • ダニエル・タイス

ロケッツ獲得

  • デニス・シュルーダー、エネス・フリーダム、ブルーノ・フェルナンド

ホーネッツがトレードでモントレズ・ハレル獲得、ウィザーズにイシュ・スミス復帰(現地2月10日成立)

ホーネッツ獲得

  • モントレズ・ハレル

ウィザーズ獲得

  • バーノン・ケアリーJr.、イシュ・スミス、2023年のドラフト2巡目指名権(ボストン・セルティックスからホーネッツ経由、トップ45プロテクトつき)

サンズがペイサーズとのトレードでトーリー・クレッグを再び獲得(現地2月10日成立)

サンズ獲得

  • トーリー・クレッグ

ペイサーズ獲得

  • ジェイレン・スミス、将来のドラフト2巡目指名権

ネッツと76ersがジェームズ・ハーデンとベン・シモンズをトレード(現地2月10日成立)

ネッツ獲得

  • ベン・シモンズ、セス・カリー、アンドレ・ドラモンド、2022年ドラフト1巡目指名権、2027年ドラフト1巡目指名権(1-8位プロテクト付き)

76ers獲得

  • ジェームズ・ハーデン、ポール・ミルサップ

スパーズがサディアス・ヤングらと引き換えにラプターズからドラギッチを獲得(現地2月10日成立)

スパーズ獲得

  • ゴラン・ドラギッチ、2022年1巡目指名権(プロテクト付き)

ラプターズ獲得

  • サディアス・ヤング、ドリュー・ユーバンクス、2022年ドラフト2巡目指名権(デトロイト・ピストンズ経由)

セルティックスがマジックとのトレードで、ボル・ボルとP.J.・ドジアーを放出(現地2月10日成立)

マジック獲得

  • ボル・ボル、P.J.・ドジアー、将来のドラフト2巡目指名権、金銭

セルティックス獲得

  • 将来のドラフト2巡目指名権

3チーム間トレード成立、ジャズのジョー・イングルズがブレイザーズへ(現地2月9日成立)

ジャズ獲得

  • ニキール・アレクサンダー・ウォーカー(ブレイザーズから)、フアンチョ・エルナンゴメス(スパーズから)

ブレイザーズ獲得

  • ジョー・イングルズ(ジャズから)、イライジャ・ヒューズ(ジャズから)、2022年のドラフト2巡目指名権(ジャズから)

スパーズ獲得

  • トマーシュ・サトランスキー(ブレイザーズから)、2027年のドラフト2巡目指名権(ジャズから)

サンダーがヒートとトレード、KZ・オクパラを獲得(現地2月9日成立)

ヒート獲得

  • 2026年のドラフト2巡目指名権

サンダー獲得

  • KZ・オクパラ

キングスがペイサーズとトレード、ドマンタス・サボニスらを獲得(現地2月8日成立)

キングス獲得

  • ドマンタス・サボニス、ジャスティン・ホリデー、ジェレミー・ラム、2023年のドラフト2巡目指名権

ペイサーズ獲得

  • タイリース・ハリバートン、バディー・ヒールド、トリスタン・トンプソン

ペリカンズがブレイザーズからCJ・マカーラムらを獲得(現地2月8日成立)

ペリカンズ獲得

  • CJ・マカーラム、ラリー・ナンスJr.、トニー・スネル

ブレイザーズ獲得

  • ニキール・アレクサンダー・ウォーカー、ジョシュ・ハート、ジジ・ルザーダ、トマーシュ・サトランスキー、2022年のドラフト1巡目指名権(プロテクトつき)、将来のドラフト2巡目指名権2つ

クリッパーズがブレイザーズとのトレードでパウエルとコビントンを獲得(現地2月4日成立)

クリッパーズ獲得

  • ノーマン・パウエル、ロバート・コビントン

ブレイザーズ獲得

  • エリック・ブレッドソー、ジャスティス・ウィンズロウ、キーオン・ジョンソン、2025年のドラフト2巡目指名権(デトロイト・ピストンズ経由)

引用:https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/nba-2022%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/yhkulhnpbgdbpdlfytlzajvu

About 餅つきうさぎ 953 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*