【NBAニュース】マルコム・ブログドンがセルティックスに移籍

複数の報道によると、ボストン・セルティックスが複数の選手と引き換えにインディアナ・ペイサーズからマルコム・ブログドンを獲得したと報道がありました。

セルティックス獲得

  • マルコム・ブログドン

ペイサーズ獲得

  • アーロン・ニスミス
  • ダニエル・タイス
  • ニック・スタウスカス
  • マリーク・フィッツ
  • ジュワン・モーガン
  • 2023年ドラフト1巡目指名

ブログドンは2021-22シーズン、1試合平均19.1得点、5.9 アシスト、5.1リバウンドを記録し、リーダーとしての実績を示している一方で、2021-22年シーズンのトレードデッドラインでサクラメント・キングスからポイントガードのタイリース・ハリバートンを獲得した時からペイサーズがハリバートンを軸としてチームを再構築することは明らかだったこともあり、放出された形となりました。

2010年以来初のNBAファイナル進出を果たしたセルティックスで、重要な役割を果たしたマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、デリック・ホワイトを要するバックコートの化学反応に期待です。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【マルコム・ブログドンのプロフィール】

本名:マルコム・ブログドン(Malcolm Brogdon)

【誕生日】1992年12月13日
【出身地】アメリカ
【身長】196cm
【体重】98kg
【出身校】バージニア大学
【所属】インディアナ・ペイサーズ
【背番号】7番
【ポジション】SG/PG

マルコム・ブログドン選手は、バージニア大学出身の選手で大学を4年まで進学し、大学では所属するリーグで1年時からプレイをしケガに苦しめられるとこもあったものの大学を通して優秀な成績を収めている選手です。

大学4年時には所属するACCトーナメントでプレイヤーオブザイヤーとディフェンシブプレイヤーオブザイヤーに同時選出された唯一の選手でもあります。そんな大学では有名なマルコム・ブログドン選手でしたがNBAドラフトでは2巡目36位という期待値はそこまで高くない状態で、ミルウォーキー・バックスに指名されNBAキャリアをスタートさせました。

さらにマルコム・ブログドンについて知りたい人は、こちらを確認ください!

About 餅つきうさぎ 986 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*