【NBAニュース】ペイサーズとキングスでビックトレード

ドマンタス・サボニスとバディー・ヒールド&タイリース・ハリバートン等がトレード

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者と『The Sacramento Bee』のジェイソン・アンダーソン記者によると、サクラメント・キングスがバディー・ヒールドとタイリース・ハリバートンを放出しインディアナ・ペイサーズとのトレードでドマンタス・サボニスを獲得しました。

ペイサーズ獲得

  • タイリース・ハリバートン
  • バディー・ヒールド
  • トリスタン・トンプソン

キングス獲得

  • ドマンタス・サボニス
  • ジャスティン・ホリデー
  • ジェレミー・ラム
  • 2027年のドラフト2巡目指名権

このトレードはペイサーズにとってはルバートのトレードに続き、将来を見据えた再建を続けるかたちとなりました。オールルーキー・ファーストチームに選出されたハリバートンは、2年目の今季平均14.3得点、3.9リバウンド、7.4アシスト、FG成功率45.7%、3P成功率41.3%を記録しており平均出場時間も34.5分間とキングスの中心選手でした。プルアップ3Pの成功率は、試投100本超の選手でユタ・ジャズのマイク・コンリーに続くリーグ2位の成績と2年目の選手でありながらNBAの顔となっています。

またバディー・ヒールドも49試合に出場し、平均14.0得点、4.1リバウンド、1.9アシスト、FG成功率38.3%、3P成功率36.1%の成績を残しており、今はリザーブになりつつあるもののまだまだNBA内でも屈指のスリーポイントシューターとなっています。

今回のトレードでキングスはディアロン・フォックスやハリソン・バーンズ、リショーン・ホームズにサボニスを加え、2006年以来のポストシーズンを目指す形となります。サボニスはキングスがリーグ13位の制限区域内からのフィールドゴール成功数でリーグ2位(244)の数字を残しています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ドマンタス・サボニスのプロフィール】

本名:ドマンタス・サボニス (Domantas Sabonis)

【誕生日】1996年5月3日
【出身地】リトアニア
【身長】209cm
【体重】108kg
【所属】サクラメント・キングス
【ポジション】PF/C

ドマンタス・サボニスは16歳からプロバスケットボール選手としてスペインのリーグでプレイをしていた選手です。高校時代からプロとしてはプレイしていたものの、サラリーを受け取ることを選ばずにNCAA挑戦をしており、八村塁で一躍日本人におなじみになったNCAAディビジョン1所属のゴンザガ大学に進学しました。

スペインでプロとして活躍していたこともあり、ゴンザガ大学でも二けた得点で二けた近いリバウンドをする選手としてチームの中核を担っており、2年時にはESPNのまとめるNCAAのランキングで全米20位の高評価を受けていました。2年目となったNCAAシーズンも30得点以上、10リバウンド以上を記録する試合が多々あり、現地のメディアでベン・シモンズ、ジャマール・マレー、ブランドン・イングラムなどと共にオールアメリカサードチームに選出されるなど全米でも注目度の高いセンタープレイヤーでした。その後NBAにアーリーエントリーを行い2016年に1巡目11位でオーランド・マジックに指名されました。

さらにドマンタス・サボニスについて知りたい人は、こちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  21世紀最高のプレイヤーたちを輩出!今もなおNBA界を牽引する、2003年ドラフト組

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

【バディ・ヒールドのプロフィール】

Pacers rumors: Indiana makes stance clear on Buddy Hield

本名:バディ・ヒールド(Buddy Hield)

【誕生日】1992年12月17日
【出身地】バハマ
【身長】196cm
【体重】96kg
【所属】インディアナ・ペイサーズ
【ポジション】SG

バディ・ヒールドは7人兄妹の5人目の兄弟として生まれバハマの高校で国内でも有数の選手として活躍する選手となりました。その活躍を見たアメリカの高校が、アメリカにバディ・ヒールドを呼び寄せアメリカの高校でもシーズンを通して約5割のシュート成功率を記録しその後オクラホマ大学に進学しました。

バディ・ヒールドは1年時からオクラホマ大学の選手として活躍をしました。2年時には頭角を表し平均16.5得点4.4アシストを記録しBig-12の2ndチームに選出されました。翌2014-2015シーズンも17.4得点5.4アシストと数字を伸ばし、Big-12の最優秀選手に選出されました。その後4年生となった2015-2016シーズンはさらに数字を伸ばして平均25得点5.7アシストを記録し、オスカー・ロバートソン賞やジョン・ウッデン賞、ジェリー・ウェスト賞を受賞するなど、NCAA史に名を残す結果を残しました。

さらにバディー・ヒールドについて知りたい人は。こちらを確認ください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【タイリースハリバートンのプロフィール】

Adrian Wojnarowski on Twitter: "The Domantas Sabonis-Tyrese Haliburton  trade will likely have a significant impact on Myles Turner's future with  the Pacers. Turner gets to play center now and appears thrilled with

本名:タイリース・ハリバートン(Tyrese Haliburton)

【誕生日】2000年2月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】79kg
【所属】インディアナ・ペイサーズ
【ポジション】ポイントガード

タイリースハリバートンは、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身のバスケットボール選手です。

3度のNBAオールスターに選出されている元NBA選手のエディー・ジョーンズの甥っ子でもあります。

高校卒業後はアイオワ州立大学へ進学。1年目から主力プレイヤーとして起用されていきました。1シーズンを通して、50スティール・30ブロックを記録。

1年生ながらも50スティール・30ブロックのスタッツを残したのはタイリースハリバートンとNBAドラフト2019にて全体1位指名でNBA入りを果たしてるザイオンウィリアムソンの2人だけという記録も残しています。

また、2019年の夏に開催されたU-19ワールドカップにはアメリカ代表メンバーとして出場果たしました。スタメンポイントガードとしてアメリカ代表を牽引。U-19ワールドカップの大会ベスト5にも選出され、一躍名を轟かせたプレイヤーとなりました。

さらにタイリース・ハリバートンについて知りたい人は、こちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 953 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*