【NBAニュース】エリック・パスカルがウルブズと1年契約に合意

7月29日(日本時間30日)、フリーエージェントのエリック・パスカルがミネソタ・ティンバーウルブズとの1年契約に合意したと『ESPN』が報じました。

パスカルは2019年のドラフト2巡目全体41位でゴールデンステイト・ウォリアーズから指名された198センチ115キロのフォワードで2019-20年シーズンにウォリアーズで平均27.6分14.0得点4.6リバウンド2.1アシストを残し、オールルーキーファーストチームに選出されたこと経歴を持つ選手です。

ルーキーファーストチーム選出後の翌シーズンの2020-21年シーズンはプレータイムが減り、9.5得点3.2リバウンド1.3アシストと成績がルーキー時代よりも下がり、昨年8月にユタ・ジャズへトレードされました。

ジャズに移籍した後も平均12.7分とさらに出番が減少し、5.8得点1.8リバウンドを記録するも、なかなか中心選手としての活躍は出来ず、2021-22年シーズンは本契約ではなく2ウェイ契約としてウルブスに移籍することになると報道されています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【エリック・パスカルのプロフィール】

Reports: Eric Paschall signs two-way contract with Timberwolves

本名:エリック・パスカル(Eric Paschall)

【誕生日】1996年11月4日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】116kg
【所属】ミネソタ・ティンバーウルブズ
【背番号】0番
【ポジション】PF

エリック・パスカルは12歳でダンクをしていたと言われるほど身体能力は幼いころから備わっていた選手で、高校時代からその得点能力とリバウンドの強さから注目される選手でした。

大学はニューヨークにあるフォーダム大学に進学し、大学デビュー戦から31得点、10リバウンドのダブルダブルを記録すなど周囲の度肝を抜かしました。その後NCAA名門のヴィレノバ大学に編入したエリック・パスカルは2年時から試合に出続け、2018年にはNCAAチャンピオンに輝く原動力になりました。その後大学に最終学年まで在籍し、2019年のNBAドラフトで2巡目41位という過小評価でゴールデンステート・ウォリアーズに入団しました。

そんなエリック・パスカルとはどんな選手なのでしょうか?エリック・パスカルの記録とともに振り返ってみましょう。

さらに詳しくエリックパスカルについて知りたい人は、こちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 986 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*