【2022年ドラフト】大胆予想!NBA2022年のドラフト候補選手は??パート4

NBA2021-22年シーズンのレギュラーシーズンの試合も残りわずかとなってきており、白熱した試合が続いていますが、今回は2022-23年シーズンの大きなカギとなるNBAドラフト2022年に名前が挙がっている選手達です。

毎年恒例とはなりますが、「大胆予想!NBA2022年のドラフト候補選手」としてドラフト候補選手を紹介します。

早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2022年ドラフト候補選手を紹介します。何大学のどんな選手がの候補選手となっているのでしょうか?見ていきましょう。

・マラキ・ブランハム

・ウェンデル・ムーア

・ニコラ・ヨビッチ

・オーランド・ロビンソン

・マーク・ウィリアムズ

それぞれ以下の記事でファーストラウンドに指名予想がされる選手をご紹介しているのであわせてご紹介ください!

大胆予想第1弾大胆予想第2弾大胆予想第3弾大胆予想第5弾大胆予想第6弾

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

【NBAドラフト2022候補:マラキ・ブランハム】

Ohio State Freshman Malaki Branham Makes Game-Winning Assist, Big Bucket  Late in Impressive Collegiate Debut | Eleven Warriors

本名:マラキ・ブランハム(Malaki Branham)

【誕生日】2003年5月12日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】82kg
【所属】オハイオ州立大学
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

マラキ・ブランハムはアメリカ合衆国オハイオ州で育ったバスケットボール選手です。

小学5年生からバスケットボールを始めたマラキ・ブランハムは高校では2018、2021年ともに州のチャンピオンシップに輝き、自身としても3年時4年時にはオールオハイオ選手に選抜されています。

高校最終学年の4年背時には21.3得点5.1リバウンド2.7アシスト1.8スティールを記録しオハイオ州のMrバスケットボールに選出され、ジョーダンブランドクラシックに選出されました。オハイオ州最優秀選手として大学に進んだマラキ・ブランハムは州内にあるオハイオ州立大学に進学しました。

大学では直ぐにレギュラースターターの座を獲得し、フレッシュマンながらも35得点を記録するなどチーム内で中心選手として活躍しました。フレッシュマン終了時にはビックテンのフレッシュマンオブザイヤーを受賞しました。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【NBAドラフト2022候補:ウェンデル・ムーア】

Wendell Moore - When Will He Return For Duke? - Duke Basketball Report

本名:ウェンデル・ムーア(Wendell Moore)

【誕生日】2001年09月18日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】97kg
【所属】デューク大学
【ポジション】スモールフォワード

ウェンデル・ムーアはアメリカ合衆国バージニア州で育ったバスケットボール選手です。

ウェンデル・ムーアはノースカロライナ州にあるコックスミル高校に在学し1年時より平均1739得点8.6リバウンド3.3アシストを記録すなどチームの中心選手として活躍しました。2年時以降もチームの中心選手として活躍したウェンデル・ムーアは3年時には25.4得点7.3リバウンド2.9アシスト2.3スティールを記録しました。

高校での活躍をもとに大学はNCAAトーナメント常連チームであるデューク大学に進学しました。デューク大学ではケガなどもありましたが、チームのディフェンシブプレイヤーとして成長しACCでのオールACCセカンドチームに選出とオールディフェンシブチームに選出されています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2022候補:ニコラ・ヨビッチ】

2022 NBA DRAFT | Nikola Jovic | NBA Draft Junkies

本名:ニコラ・ヨビッチ(Nikola Jović)

【誕生日】2000年10月12日
【出身地】セルビア/イギリス
【身長】208cm
【体重】95kg
【所属】メガバスケット
【ポジション】スモールフォワード

ニコラ・ヨビッチイギリス生まれのセルビア人バスケットボール選手で、バスケットボール選手の父親を持つ選手です。

バスケットボールをしながら水球をプレイしていた経緯を持ちながらも2018年からはメガバスケットというプロチームのユースチームに所属し、2020-21シーズンに行われたユーロリーグ・バスケットボール・ネクスト・ジェネレーション・トーナメントに出場し、平均29.3得点10.3リバウンド4.5アシスト1.8ブロックの成績を記録してMVPを受賞しました。18歳の誕生日と同時にトップチームのメガバスケットとプロ契約を結びました。

この活躍もありNBA.comが行っているNBAでプレイをしていない海外選手ベストプレイヤーの調査ではベスト海外選手としての評も獲得しています。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2022候補:オーランド・ロビンソン】

Fresno State Bulldogs college men's basketball season preview | The Fresno  Bee

本名:オーランド・ロビンソン(Orlando Robinson)

【誕生日】2000年7月10日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】213cm
【体重】107kg
【所属】フレスノ州立大学
【ポジション】パワーホワード/センター

オーランド・ロビンソンはアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスで育ったバスケットボール選手です。

ネバダ州のセンテニアル高校から3年時にロスアンゼルスにある高校に転入し移籍後のデビュー戦で29得点を記録する活躍をしました。その後は高校最終学年である4年時には再度高校を変え、大学はフレスノ州立大学に進学しました。

大学ではフレッシュマン時代にはシーズンを通して12.2得点6.6リバウンドを記録し、2年時には11回のダブルダブルを含む14.6得点9.2リバウンド2.1アシストを記録しました。2年次終了時の2021年に一度NBAドラフトへアーリーエントリーを行いましたが、取り下げて大学3年生を再度フレスノ州立大学でプレイをし所属カンファレンスでオールファーストチームに選出されました。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2022候補:マーク・ウィリアムズ】

Pin by Sandy Osborne Hill on Duke Blue Devils | Duke basketball, Duke, Mark  williams

本名:マーク・ウィリアムズ(Mark Williams)

【誕生日】2001年12月16日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】216cm
【体重】110kg
【所属】デューク大学
【ポジション】センター

マーク・ウィリアムズはアメリカ合衆国のバージニア州で育ったバスケットボール選手です。

高校はノーフォークアカデミーに進学し高校3年時にはシーズンを通して平均19.7得点11.2リバウンド3.7ブロックを記録し州のチャンピオンシップに出場する立役者となりました。高校最終学年の4年時には名門のIMGアカデミーに転校しました。2020年にはマクドナルドオールアメリカンにも選出されました。

大学はUCLAやミシガン大学といったNCAA常連チームからもオファーが来ましたが、デューク大学に進学しました。デューク大学では1年時にはシーズンを通して7.1得点4.5リバウンドを記録しACCディフェンシブプレイヤーオブザイヤーを受賞しました。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2022候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2022候補:マラキ・ブランハム

●NBAドラフト2022候補:ウェンデル・ムーア

●NBAドラフト2022候補:ニコラ・ヨビッチ

●NBAドラフト2022候補:オーランド・ロビンソン

●NBAドラフト2022候補:マーク・ウィリアムズ

今回はNBAドラフト2022候補パート4を紹介しました。NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2022にも注目してみてください!

それぞれ以下の記事でファーストラウンドに指名予想がされる選手をご紹介しているのであわせてご紹介ください!

大胆予想第1弾大胆予想第2弾大胆予想第3弾大胆予想第5弾大胆予想第6弾

About 餅つきうさぎ 951 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*