【2022−23年NBA戦力分析】サクラメント・キングス

NBAの2022-2023年シーズンが2022年10月より開幕します。今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦われます。

2022‐23年シーズンはFA解禁トレードが各チーム行われ、チームの勢力図が変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・サクラメント・キングスです。

2021-22年シーズンのサクラメント・キングスは15シーズン連続のプーレイオフ進出を逃してしまう結果となってしまい、ロスアンゼルス・クリッパーズののNBA史最長のプレイオフ未進出記録と並び、NBAチームで一番プレイオフから離れてしまっているチームとなってしまっております。またチームとしてはタイリース・ハリバートンを放出しドマンタス・サボニスを獲得するなどチームの変革を起こしてきています。

2022-2023年シーズンのサクラメント・キングスはドラフトで後にサマーリーグ2022でMVPを獲得したキーガン・マレーをチームに加え、ディアーロン・フォックスやケビン・ハーター、ドマンタス・サボニスなどの補強が出来ており、プレイオフに向けて準備が出来つつあるチームとなります。

そんなサクラメント・キングスの2022-23年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【サクラメント・キングス】

【reference=https://en.wikipedia.org/wiki/Sacramento_Kings】

まずはサクラメント・キングスのチームプロフィールです。

チーム名:サクラメント・キングス

【創設】1945年
【本拠地】カリフォルニア州サクラメント
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】紫・黒・白

カリフォルニア州サクラメントを本拠地として活動しているサクラメント・キングス。

創設当初は、ロチェスター・ロイヤルズとしてニューヨークで活動始めていたチームなんです。

その後、1985年にサクラメントに移籍して、サクラメント・キングスと名称を変えているんです。

サクラメント・キングス2021-2022シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】30勝52敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 12位

2021-22年シーズンのサクラメント・キングスは30勝52敗のウエスタンカンファレンス12位でプレイオフ進出を逃しました。そしてそれと同時にサクラメントキングスは15シーズン連続のプレイオフ進出を逃してしまう結果となり、現在のNBAチーム内で最長のプレイオフから遠ざかっているチームとなってしまっています。また71年間のNBAタイトルから遠ざかっているチームにもなってしまっており、勝利に飢えているチームとなっています。

チームは2021‐22年シーズン途中に今後のチームの中心選手になるだろうタイリース・ハリバートンやベテランのバディー・ヒールドを放出してドマンタス・サボニスを獲得するなどチームに動きを作りましたが再建までは時間を要しており、今シーズンに注目です。

2022-2023NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【サクラメント・キングスの今シーズン】

2022 NBA Offseason Preview: Sacramento Kings | Hoops Rumors

2022-23年のサクラメント・キングスはチームのフランチャイズプレイヤーへと進化しつつあるディアーロン・フォックスに加え、ドラフト2022でサマーリーグMVPのキーガンマレーを加え、さらにチームのロスター強化を果たしました。さらにトレードで若手のケビン・ハーターを獲得し、さらにオールラウンダーのハリソン・バーンズも所属しており、得点能力が高い選手がそろっています。

昨シーズン断行したチームの再建でタイリース・ハリバートンやバディー・ヒールドなどは放出したものの、ビックマンのドマンタス・サボニスを加え、2021‐22年終盤にはチームのバランスはよくなっている状態ではあるので、今シーズンのプレイオフ進出に期待です。

今後のサクラメント・キングスの2022-2023年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【サクラメント・キングスの注目選手】

【サクラメント・キングスの注目選手:ディアロン・フォックス】

本名:ディアロン・フォックス(De’Aaron Fox)

【誕生日】1997年12月20日
【出身地】アメリカ
【身長】191cm
【体重】79kg
【所属】サクラメント・キングス
【背番号】5番
【ポジション】PG

  • ジョーダンブランド・クラシックMVP ( 2016)

【サクラメント・キングスの注目選手:ドマンタス・サボニス】

NBA Rumors: This Blockbuster Trade Sends Domantas Sabonis to Kings

本名:ドマンタス・サボニス (Domantas Sabonis)

【誕生日】1996年5月3日
【出身地】リトアニア
【身長】209cm
【体重】108kg
【所属】サクラメント・キングス
【ポジション】PF/C

  • 2×NBAオールスターゲーム出場:2020,2021
  • NBAスキルチャレンジ優勝:2021

【サクラメント・キングスの注目選手:ハリソン・バーンズ】

Kings Have No Desire to Trade Veteran Forward Harrison Barnes

本名:ハリソン・バーンズ(Harrison Barns)

【誕生日】1992年5月30日
【出身地】アメリカ
【身長】203cm
【体重】102kg
【所属】サクラメント・キングス
【背番号】40番
【ポジション】SF/ PF

  • NBAチャンピオン:2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2013
  • アトランティック・コースト・カンファレンスファーストチーム(2012年)
  • オールアメリカンセカンドチーム(NABC)(2012年)
  • アトランティック・コースト・カンファレンス最優秀新人(2011年)
  • アトランティック・コースト・カンファレンスフレッシュマンオールチーム(2011年)
  • アトランティック・コースト・カンファレンスセカンドチーム(2011年)
  • マクドナルド・オールアメリカン選出(2010年)
  • パレード誌オールアメリカンファーストチーム(2010年)
  • パレード誌オールアメリカンセカンドチーム(2009年)
  • アイオワ州ミスターバスケットボール(2010年)

【サクラメント・キングスの注目選手:ケビン・ハーター】

Atlanta Hawks: Kevin Huerter, Best Rookie on the Hawks?

本名: ケビン・ハーター(Kevin Huerter)

【誕生日】1998年8月27日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】90kg
【所属】サクラメント・キングス
【背番号】3番
【ポジション】SG/SF

【サクラメント・キングスの注目選手:キーガン・マレー】

本名:キーガン・マレー(Keegan Murray)

【誕生日】2000年08月19日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】102kg
【所属】サクラメント・キングス
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【サクラメント・キングスの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●サクラメント・キングスとは?

●サクラメント・キングスの今シーズン

●サクラメント・キングスの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のサクラメント・キングスの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2022-23年シーズンのサクラメント・キングスはドラフトでキーガンマレーをチームに加え、ディアーロン・フォックス、ドマンタス・サボニスなどロスター陣も確立できている中、期待のできる若手がそろっているチームとなります。

サクラメント・キングスの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 922 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*