【Bリーグ戦力分析|2022-2023】秋田ノーザンハピネッツ

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは・・・秋田ノーザンハピネッツです。

昨シーズン、チーム初となるBリーグチャンピオンシップに出場を果たしました。西地区で波に乗っていた琉球ゴールデンキングスに敗北してしまいましたが、チームとしての能力は着実に上がってきていることでしょう。

そんな秋田ノーザンハピネッツの戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【秋田ノーザンハピネッツのプロフィール】

秋田ノーザンハピネッツ -概要- 

【チーム正式名】秋田ノーザンハピネッツ
【創設】2010年
【本拠地】秋田県秋田市
【所属】東地区
【チームカラー】ハピネッツピンク・いなほゴールド・ノーザンブラック

秋田ノーザンハピネッツ -昨シーズン成績-

【地区順位】B1東地区5位
【シーズン勝敗】31勝23敗

秋田県秋田市に本拠地を構える秋田ノーザンハピネッツ。

秋田ノーザンハピネッツは、クラブに関わるすべての人々と幸せを共有できるような存在でありたいという願いのもと命名されました。市民クラブの先駆けであるラグビートップイーストリーグ所属の「秋田ノーザンブレッツR.F.C」と同じ「ノーザン」を冠することで『スポーツを通じて秋田を元気にしていきたい!』という想いを共有し、地域の人々に愛されるクラブづくりを目指しています。

冒頭にも取り上げたように、昨シーズンはチーム初となるBリーグチャンピオンシップ出場を果たしています。ガードプレイヤーを中心に堅実かつ経験豊富な選手が揃っているチームとなってきました。

そこで、秋田ノーザンハピネッツにはどんなプレイヤーが在籍しているのでしょうか?注目選手として取り上げていこうと思います。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【秋田ノーザンハピネッツの注目選手紹介】

次からは、秋田ノーザンハピネッツのBリーグ2022-2023シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『秋田ノーザンハピネッツ注目選手①:古川孝敏』

【誕生日】1987年10月20日
【出身地】兵庫県
【身長】190cm
【体重】92kg
【出身校】東海大学
【所属】秋田ノーザンハピネッツ
【背番号】51番
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

秋田ノーザンハピネッツの1人目の注目選手は、古川孝敏選手です。

古川孝敏選手は兵庫県出身のバスケットボール選手です。

在籍していた東海大学時代から、世代を代表するプレイヤーとして活躍していた古川孝敏選手。2009年にはユニバーシアードへの選出経験も持っています。

東海大学卒業後はアイシンシーホース(現・シーホース三河)に入団。2011年には日本代表にも選出されているシューティングガードです。

Bリーグ発足した2016-2017シーズンには宇都宮ブレックスへと移籍を果たしました。宇都宮ブレックスでは主力プレイヤーとして活躍。初代チャンピオンに輝き、古川孝敏選手自身は初代ファイナルMVPを獲得しています。

次のシーズンには琉球ゴールデンキングスへと移籍。2019年より秋田ノーザンハピネッツと3年契約を締結して主力選手として活躍しています。

昨シーズンの2021−2022のBリーグシーズンでは1試合平均で24分間の出場を果たし、11.0得点・2.0リバウンド・1.9アシストのスタッツを残しています。シューターとしてチームに貢献し、3Pシュート成功率に関しては36.6%でした。

シーズン51試合があった中でスタメン出場は50試合と主力選手として秋田ノーザンハピネッツに貢献している選手となっているのは間違いないでしょう。

Bリーグ2022-2023シーズンの古川孝敏選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『秋田ノーザンハピネッツ注目選手②:川嶋勇人』

【誕生日】1990年5月15日
【出身地】京都府
【身長】186cm
【体重】83kg
【出身校】関西学院大学
【所属】秋田ノーザンハピネッツ
【背番号】12番
【ポジション】シューティングガード

秋田ノーザンハピネッツの2人目の注目選手は、川嶋勇人選手です。

川嶋勇人選手は京都府出身のバスケットボール選手です。

昨シーズンより秋田ノーザンハピネッツと契約している川嶋勇人選手。一昨年のBリーグのシーズンではスティール王にも輝いているほどディフェンス面に定評のある選手となっています。

昨シーズンは1試合平均で13分間の出場を果たし、5.0得点・1.3リバウンド・2.6アシスト・1.3スティールのスタッツを残しました。スタメンでの出場は2試合に終わってしまいましたが、途中出場から得点・アシストなどのオフェンス面での貢献が高かった印象です。

昨年の戦力分析にも川嶋勇人選手を取り上げているのですが、新シーズンも引き続きチームに良い影響を与えてくれるのではないかと思い注目選手として取り上げました。

Bリーグ2022-2023シーズンの川嶋勇人選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『秋田ノーザンハピネッツ注目選手③:中山拓哉』

【誕生日】1994年7月24日
【出身地】神奈川県
【身長】182cm
【体重】85kg
【出身校】東海大学附属相模高等学校 → 東海大学
【所属】秋田ノーザンハピネッツ
【背番号】17番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

秋田ノーザンハピネッツの3人目の注目選手は、中山拓哉選手です。

中山拓哉選手は神奈川県出身のバスケットボール選手です。地元神奈川県にある東海大学附属相模高等学校に進学し、卒業後には附属の東海大学へと進学を果たしました。

東海大学進学後よりその名を轟かせていく存在となっていきました。大学1年時に関東大学バスケ新人戦において優勝を経験し、2年時の新人戦では準優勝の貢献して中山拓哉選手自身は優秀選手賞を受賞しています。2015年2月にはユニバーシアード日本代表候補にも選出されています。

ユニバーシアード日本代表候補には2016年2月にも選出されました。最終学年の大学4年。4年生の頃にはチームの主力選手として多くの出場機会をもらい、インカレ準優勝に貢献しました。中山拓哉選手自身、インカレの優秀選手賞とアシスト王を受賞しました。大学4年時に秋田ノーザンハピネッツと特別指定選手としての契約を締結しました。

2017年より秋田ノーザンハピネッツに所属し、2017−2018のB2リーグではシーズンのスティール王を受賞し、翌年昇格したシーズンの2018−2019のB1リーグシーズンにおいてもスティール王を受賞するなどディフェンス面でチームに大きな影響をもたらす存在になっていきました。2021−2022のB1リーグシーズンでは年間のベストタフショット賞とシーズンMIPを受賞しました。

プロに転向後も着実に成績を残していき、昨シーズンの2021−2022シーズンでは1試合平均で21分間出場を果たし、5.4得点・3.2リバウンド・3.1アシスト・1.4スティールのスタッツも残しています。

Bリーグ2022-2023シーズンの中山拓哉選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【秋田ノーザンハピネッツのBリーグ2022-2023シーズン】

ここまで、秋田ノーザンハピネッツの昨シーズンと注目選手について取り上げてきました。

フロント陣営には日本代表経験も持つ古川孝敏選手やチームの主力ポイントガードとして牽引している中山拓哉選手などが残留しています。

日本人選手以外にも新加入としてスタントンキッド選手、アミダブライマー選手、ケレムカンター選手の加入が発表されています。3選手ともNBA含めオーストラリアリーグ、ヨーロッパリーグなど経験豊富な選手たちの補強にも成功しています。

現状の日本人選手たちに新加入の外国籍選手たちが噛み合えば再びBリーグチャンピオンシップ出場も果たしてくるのではないでしょうか。

注目選手に関しては個人的な意見を元に取り上げています。今回取り上げた選手以外にも注目選手や注目のスタッフなどがいましたらコメントいただきますと幸いです。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【秋田ノーザンハピネッツ戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●秋田ノーザンハピネッツのプロフィール
●秋田ノーザンハピネッツ注目選手①:古川孝敏
●秋田ノーザンハピネッツ注目選手②:川嶋勇人
●秋田ノーザンハピネッツ注目選手③:中山拓哉
●秋田ノーザンハピネッツのBリーグ2022-2023シーズン

今回はBリーグ2022-2023シーズンの秋田ノーザンハピネッツに関する戦力分析を行いました。

日本人選手も豊富に揃っており、新加入の外国籍選手もいるためフィットしければ良いチーム構成になってくると考えられますね。

秋田ノーザンハピネッツのBリーグ2022-2023シーズンに注目してみてください。

About モンキー 927 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*