【2022-23年NBA戦力分析】デンバー・ナゲッツ

NBAの2022-2023年シーズンが2022年10月より開幕します。今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦われます。

2022‐23年シーズンはFA解禁トレードが各チーム行われ、チームの勢力図が変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・デンバー・ナゲッツです。

2021-22年シーズンのデンバー・ナゲッツは我慢の年になりました。ジャマールマレーとマイケルポーターがケガで離脱する中、昨年のシーズンMVPのニコラ・ヨキッチが奮起し、48勝を飾りプレイオフ進出を果たした形となりました。

2022-23年シーズンのデンバー・ナゲッツはヘルシーな状態でのチームスタートが期待される注目のシーズンとなります。新たにケンタビオス・コールドウェル=ポープやブルース・ブラウンをメンバーに加え確実にロスター陣の強化を図れています。

そんなデンバー・ナゲッツの2022-23年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【デンバー・ナゲッツ】

【reference=https://en.wikipedia.org/wiki/Denver_Nuggets】

まずはデンバー・ナゲッツのチームプロフィールです。

チーム名:デンバー・ナゲッツ

【創設】1967年
【本拠地】コロラド州デンバー
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】水色・白・黄

デンバーを本拠地として活動しているデンバー・ナゲッツ。

デンバー・ナゲッツの本拠地は、標高約1マイルの位置にあり、マイル・ハイ・シティとも呼ばれ、NBA在籍のチームで最も標高の高い場所を本拠地として活動しているチームとして知られています。

デンバー・ナゲッツの2021-2022シーズン

【成績】プレーオフ進出
【勝率】48勝34敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 6位

2021-22年シーズンのデンバー・ナゲッツは我慢の年になりました。ジャマールマレーとマイケルポーターがケガで離脱する中、昨年のシーズンMVPのニコラ・ヨキッチが2年連続のMVPを獲得する活躍で奮起し、48勝を飾りプレイオフ進出を果たした形となりました。メインメンバーが不在の中でもドラフト指名したハイランドを確りとチームの戦力として成長させ、ウィルバートンがスリーポイントの成功率でフランチャイズレコードを記録するなどチームの底上げを行いました。

ウエスタン・カンファレンス6位で4連連続となるプレイオフ進出を果たしましたが、ファーストラウンドでゴールデンステートウォリアーズと対戦しゲーム5で敗れプレイオフ敗退しました。

2022-2023NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【デンバー・ナゲッツの今シーズン】

Jamal Murray injury recovery headlines Nuggets offseason: Free agents,  contracts, draft picks entering 2022-23 NBA season | Sporting News

2022-23年のデンバー・ナゲッツは新たにケンタビオス・コールドウェル=ポープとブルース・ブラウンというウィングを新たに加え、チームの外角ローテーションの強化を図りました。

そして何よりも2022-23年シーズンはジャマール・マレーのケガからの復帰が期待されており、若手で昨シーズンはケガで出場機会が少なかったマイケルポータージュニアもフル復帰できると考えられており、いよいよフルメンバーでのデンバー・ナゲッツでの初陣がシーズン序盤から見れるのではないかと期待されています。

今後のデンバー・ナゲッツの2022-2023年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【デンバー・ナゲッツの注目選手】

【 デンバー・ナゲッツの注目選手:ニコラ・ヨキッチ】

本名: ニコラ・ヨキッチ (Nikola Jokic)

【誕生日】1995年2月19日
【出身地】セルビア
【身長】208cm
【体重】113kg
【所属】デンバー・ナゲッツ
【背番号】15番
【ポジション】C/PF

  • MVP:2021
  • 3×NBAオールスターゲーム出場:2019-2021
  • オールNBAチーム2×1stチーム:2019, 2021
  • 2ndチーム:2020
  • NBAオールルーキーチーム1stチーム:2016
  • ABAリーグMVP:2015

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【デンバー・ナゲッツの注目選手:ジャマール・マレー】

本名:ジャマール・マレー(Jamal Murray)

【誕生日】1997年2月23日
【出身地】カナダ
【身長】201cm
【体重】94kg
【所属】デンバー・ナゲッツ
【ポジション】SG/PG

  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム:2017
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP : 2017

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【デンバー・ナゲッツの注目選手:アーロン・ゴードン】

Nuggets Winners of Six Straight with Aaron Gordon in Lineup | SLAM

本名:アーロン・ゴードン(Aaron Gordon)

【誕生日】1995年9月16日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】100kg
【所属】デンバー・ナゲッツ
【背番号】50番
【ポジション】SF/PF

USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2013

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【デンバー・ナゲッツの注目選手:マイケル・ポーター.Jr】

Denver Nuggets' Michael Porter Jr. ready to fill scoring void against the  Trail Blazers in playoff series - oregonlive.com

本名:マイケル・ポーター・Jr(Michael Porter Jr)

【誕生日】1998年6月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】208cm
【体重】96kg
【所属】ミズーリ大学 → デンバー・ナゲッツ
【背番号】13番
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

  • ミスター・バスケットボールUSA : 2017
  • ゲータレード年間最優秀選手賞 : 2017
  • マクドナルド・オール・アメリカンMVP : 2017
  • ワシントン州・Mr.バスケットボール : 2017

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【デンバー・ナゲッツの注目選手:ケンタビオス・コールドウェル=ポープ】

Nuggets' Kentavious Caldwell-Pope signs multi-year extension | Yardbarker

本名:ケンタビオス・コールドウェル=ポープ(Kentavious Caldwell-Pope)

【誕生日】1993年2月18日
【出身地】アメリカ
【身長】196cm
【体重】93kg
【出身校】ジョージア大学
【所属】デンバー・ナゲッツ
【背番号】1番
【ポジション】SG

  • NBAチャンピオン : 2020
  • SEC年間最優秀選手 : 2013
  • オールSECファーストチーム : 2013
  • SECオールフレッシュマンチーム : 2012
  • マクドナルド・オール・アメリカン : 2011

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【デンバー・ナゲッツの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●デンバー・ナゲッツとは?

●デンバー・ナゲッツの今シーズン

●デンバー・ナゲッツの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のデンバー・ナゲッツの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2022-23年シーズンのデンバー・ナゲッツはケガで離脱していたジャマール・マレーの復帰とMVPの二コラヨキッチ、そしてロスター選手のさらなる化学反応に注目です。

デンバー・ナゲッツの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 981 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*