【NBAニュース】NBAがフロッピングに関するルールを2023-24年シーズンから変更

NBAは7月11日(日本時間12日)、フロッピングに対するペナルティーや、コーチによるチャレンジを拡大することが理事会で承認されたと発表されました。ルール変更は2023-2024シーズンから導入されるます。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

試合中のフロッピングに対するペナルティー

新ルールでは、審判がフロップ(あるいは審判に別選手のファウルをコールさせようという意図が合理的にうかがえる身体的行為)と判定した場合、違反した選手にアンスポーツマンライクではないテクニカルファウルが科され、相手チームに1本のフリースローが与えられます。FTはファウル発生時に試合に出ていたいずれの選手も試投可能となっており、フロッピングの違反に基づいて選手が退場となることはないです。

フロッピングの違反をコールするために審判がプレイを止める必要はないとのことです。必要があれば(例えば攻撃側のチームにすぐに得点する機会がある際にプレイを止めることを避けるために)、審判団は中立の機会を待ってから試合を止めてフロッピングのペナルティーを科すことが可能です。FT後はリーグのプレイ再開原則が適用され、プレイ再開時はプレイが止まった際にポゼッションしていた、あるいはポゼッションに迫っていたチームのポゼッションとなります。

審判が同じプレイでファウルとフロッピングの違反の双方をコールすることもあり得えまする。

フロッピングの違反は、コーチによるチャレンジで直接レビューすることはできないです。しかし、コーチのチャレンジによるコール後のファウルのリプレイレビューや、コールされたある種のファウルのリプレイレビュー(フレイグラントファウルやブロックチャージ、ピリオド終了時のファウルやクリアパスファウルの可能性など)を通じ、審判がフロッピングをコールすることはあり得えます。

リーグオフィスは変わらずに、試合後にフロッピングについて評価することが可能となっており、2023-24シーズンでは新たに、試合後にフロッピングに対して科される罰金のシステムが、テクニカルファウルの際と同様に修正され、2000ドル(約28万円/1ドル=140円換算)から始まり、違反を繰り返すことで増額されていきます。

リアルタイムで審判団がフロッピングの違反をコールした場合は、罰金処分を科されることなく、試合後の罰金システムにカウントされることもないとのことです。審判団によりフロッピングがコールされた場合のペナルティーは、試合中の競技的ペナルティーのみで、相手チームにFT試投1本が与えられます。今回の試合中のフロッピングに対するペナルティーの新ルールは、1年の試験的導入となるそうです。

About 餅つきうさぎ 1309 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*