まさに”黄金世代”!?!?殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト組

NBAをご覧の皆さん!

今年はルーキーの活躍が輝きを放っていませんか?

ロンゾ・ボールやジェイソン・テイタム、ドノバン・ミッチェルなどのルーキー軍団が今年のNBAを大いに沸かせていますね。

 

そんなルーキーを見つけ、NBA界に土俵入りをさせるために毎年行われているのが、NBAドラフトです。

今回は”史上最高のNBAドラフト”の呼び声も高い、1984年のNBAドラフトについてみていきましょう。

おそらくご存知の方も多いかもしれませんね。

なぜ”史上最高のNBAドラフト”と呼ばれているのでしょうか?

NBAドラフトで指名された選手を紹介しながら見ていきたいと思います。

 

 

おすすめ記事 →  NBAドラフト2018指名候補選手トップ5!~パワーフォワード編~

おすすめ記事 →  NBAドラフト2018指名候補選手トップ5!~センター編~

 

 

 

【1984年のNBAドラフト組】

1984年のNBAドラフトで指名された選手を紹介していきます。

 

1位 アキーム・オラジュワン

2位 サム・ブーイ

3位 マイケル・ジョーダン

4位 サム・パーキンス

5位 チャールズ・バークレー

・・・

7位 アルヴィン・ロバートソン

11位 ケビン・ウィルス

16位 ジョン・ストックトン

208位 カール・ルイス

 

ざっくりではありますが、1984NBAドラフトのメンバーを取り上げました。

名前の聞いたことのある選手もいるかと思います。

1984年のNBAドラフトは”史上最高の当たり年”とも言われています。

それもそのはず・・・この年に指名された、

“アキーム・オラジュワン”、”マイケル・ジョーダン”、”チャールズ・バークレー”、”ジョン・ストックトン”の4人の選手はNBAの偉大な50人に選出されたり、バスケットボールのドラフトの殿堂入りを果たしているんです。

実に優秀なメンバーが揃っていたことか!

しかも4人合わせて7度のMVPにも選ばれています。

 

ちなみに、208位でNBAドラフト指名された”カール・ルイス”に関しては陸上競技会のスーパースターです!

陸上選手がNBAドラフトで指名されるなんて驚きですね。

 

ここからは、殿堂入りを果たした4人のプレイヤーの詳細を少しだけ取り上げていこうと思います!

 

 

おすすめ記事 →  NBAドラフト2018指名候補選手トップ5!~ポイントガード編~

おすすめ記事 →  NBAドラフト2018指名候補選手トップ5!~シューティングガード編~

 

 

 

【1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手①:マイケル・ジョーダン】

 

1984年のNBAドラフトで最初に挙げられるのは、マイケル・ジョーダンです。

マイケル・ジョーダンNBAドラフトで全体3位指名でシカゴ・ブルズに入団を果たしました。

バスケをしている選手でこの名を知らない人はいないですし、バスケをしていない方でも一度は耳にしたことのある選手ではないでしょうか?

 

1984年にNBAに入り、2003年までNBA界を大いに沸かせてくれました。

入団当初の”新人王”獲得や”6度NBAチャンピオン”、”5度のシーズンMVP”などNBAタイトルを総なめした選手です。

まさにマイケル・ジョーダンは今もなおバスケ界で”神様”と呼ばれる程の記録を多数持っています。

 

現在では、ジョーダンブランドの経営やシャーロット・ホーネッツのオーナーも務めています。

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】ハッピーバースデー!”バスケの神様”~マイケル・ジョーダン~

おすすめ記事 →  【NBA比較】マイケル・ジョーダン&コビー・ブライアン

 

 

 

【1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手②:アキーム・オラジュワン】

 

続いての紹介は、1984年NBAドラフトで1位指名でNBA入りを果たしたアキーム・オラジュワンです。

アキーム・オラジュワンは213cmの長身を誇る屈指のセンターでした。

その理由として挙げられるのは、高身長であるのに俊敏な動きができ、技術も高かったからです。本人のプレースタイルから”Dream(ドリーム)”と呼ばれていたそうです。

 

アキーム・オラジュワンはディフェンスにおいてもその才能を発揮していて、

年間最優秀守備選手に2回、リーグ平均ブロック数で3回首位、生涯の通算ブロック数では3,830本とNBA歴代最多の記録も持っています。

 

オフェンスでは相手に合わせ変幻自在にプレースタイルを変え、

ディフェンスではシュートを阻止し続けるブロック力で相手を寄せ付けませんでした。

 

まさに殿堂入りにふさわしい選手ではないでしょうか?

 

 

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手に学ぶ】センターに有効なアップ&アンダー~ティム・ダンカン~

 

 

 

【1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手③:チャールズ・バークレー】

 

3人目の殿堂入り選手はチャールズ・バークレーです。

チャールズ・バークレーは1984年のNBAドラフトにおいて全体5位指名で76ersに入団しました。

 

身長は198cmとNBAにおいてはシューティングガードやスモールフォワードのポジションであってもおかしくはありません。

しかし、チャールズ・バークレーは桁違いのフィジカルと跳躍力を兼ね備えていたため、NBA界でパワーフォワードとして活躍していました。

そのことから、”空飛ぶ冷蔵庫”という愛称で呼ばれていました。

NBA史上、通算得点20,000点・通算リバウンド数10,000リバウンド、通算アシスト数4,000アシストを達成した5人の選手の内の1人です。

198cmという身長ながらもNBAのゴール下を支配していたことから、NBA史上最高のパワーフォワードとまで称されているんです。

チャールズ・バークレーも殿堂入り合った選手でしょう!

 

 

おすすめ記事 →  バスケでリバウンドを制するための3つの練習法

おすすめ記事 →  バスケのポジション別の役割を分かりやすく解説!

 

 

 

【1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手④:ジョン・ストックトン】

 

最後の4人目の殿堂入り選手はジョン・ストックトンです。

ジョン・ストックトンは1984年のNBAドラフトで全体16位指名でユタ・ジャズに入団しました。

 

ジョン・ストックトンの出身は現在日本人プレイヤーの八村塁選手が所属しているゴンザガ大学なんですね。

当時のゴンザガ大学は無名の大学であったため、ジョン・ストックトンの名前も知られているわけではありませんでした。

 

NBA入団後にその才能を開花させていきました。

身長185cmのポイントガード。ジョン・ストックトンもNBA史上最高のポイントガードの呼び声が高い選手です。

理由は、通算アシスト数15,806アシスト・通算スティール数3,265スティールとNBA歴代1位の記録を持っているんです。

未だにこの記録は破れていないため、NBA史上最高のポイントガードと呼ばれているのではないでしょうか?

しかも、アシストに関しては9年連続で平均アシスト数リーグ首位を獲得しているんです!

 

まさにジョン・ストックトンも怪物=殿堂入りにふさわしい選手なのは間違いないでしょう!

 

 

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

 

 

 

【1984年NBAドラフトまとめ】

いかがでしたか?

 

●1984年のNBAドラフト組

●1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手①:マイケル・ジョーダン

●1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手②:アキーム・オラジュワン

●1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手③:チャールズ・バークレー

●1984年NBAドラフト指名&殿堂入り選手④:ジョン・ストックトン

 

1984年のNBAドラフト選手を紹介していきました。

これほどの記録の持ち主たちが集まれば”黄金世代”と呼ばれるのも無理はありませんね!

今後は殿堂入り選手を1人1人深堀して紹介していこうと考えています。

ぜひチェックしてくださいね♪

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 287 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*