【NBAニュース】ニックスがバレットとクイックリーを引き換えにラプターズからアヌノビーを獲得

12月30日(日本時間31日)、ニューヨーク・ニックスとトロント・ラプターズがトレードを発表ました。このトレードで、ニックスはRJ・バレット、イマニュエル・クイックリーと引き換えに、ラプターズからOG・アヌノビーらを獲得しています。

ニックス獲得

  • OG・アヌノビー
  • マラカイ・フリン
  • プレシャス・アチューワ

ラプターズ獲得 

  • RJ・バレット
  • イマニュエル・クイックリー
  • 2024年ドラフト2巡目指名権(デトロイト・ピストンズ経由)

2017年のNBAドラフト全体23位で指名されたアヌノビーは、2019年にラプターズでNBAチャンピオンに輝き、2022-23シーズンにはオールディフェンシブ・セカンドチームに選出されています。今シーズンは1試合平均15.1得点、3.9リバウンド、2.6リバウンドを記録している。

また2019年のNBAドラフト全体3位でニックスに指名されたバレットは今シーズン、1試合平均18.2得点、4.3リバウンド、2.4アシストを記録しており、カナダ出身のバレットワールドカップを戦った母国に戻ることになります。

一方でクイックリーは、2022-23シーズンのNBAシックスマン・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残り、2020-21シーズンにはNBAオールルーキー・セカンドチームに選出されています。ニックスでキャリア通算253試合(先発27試合)に出場し、1試合平均24.1分のプレイで12.9得点、3.2リバウンド、3.0アシストを記録しています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

Contents

【OG・アヌノビーのプロフィール】

NBA Trades: Knicks Land Raptors' OG Anunoby In Proposal

本名:OG・アヌノビー (OG Anunoby)

【誕生日】1987年10月2日
【出身地】イギリス
【身長】203cm
【体重】107kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【ポジション】SF

OG・アヌノビーはイングランドのロンドン出身の選手で、父親はリンカーン大学で教授をしており、さらに兄は元NFLプレイヤーでありながらメディカルスクールに進学するなど、優秀な家庭での生まれ育った選手です。

高校はミズーリ州の高校でミズーリ州のMrバスケットボール候補にも選ばれるほどの実力者で、大学はインディアナ大学に進学しました。1年目より3試合に出場し、2年目も2017年4月に膝のケガをするまでチームの中心選手として活躍しました。その後2017年のNBAドラフトにアーリーエントリーを行いました。

OG・アヌノビーは膝のケガがなければNBAドラフト2017でトップ5に入ると言われていた選手でしたが、怪我により1巡目23位でトロント・ラプターズから指名されNBAキャリアをスタートさせました。2017年11月にNBAデビューを果たした際には、16得点、2リバウンド、1アシスト、1スティールを記録しその後もチームの3&Dの選手としてプレイをしてします。

2019年にはイギリス人で初めてのNBAチャンピオンとなった選手となり、その後カワイ・レナードがチームを離れるとさらにプレイタイムと存在感を増し、2020年のプレイオフではブザービーターを決めるなどチームの中心選手の一角として頭角を現しています。

2023年12月にはOG・アヌノビーはニューヨーク・ニックスとRJ・バレット、イマニュエル・クイックリーとのトレードでニューヨーク・ニックスに移籍しました。

さらに詳しくOG・アヌノビーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【イマニュエル・クイックリーのプロフィール】

IMMANUEL QUICKLEY WELCOME TO THE RAPTORS!! - YouTube

本名:イマニュエル・クイックリー(Immanuel Quickley)

【誕生日】1999年6月17日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】188cm
【体重】86kg
【所属】トロント・ラプターズ
【ポジション】SG/PG

イマニュエル・クイックリーはメリーランド出身の選手で、高校時代から得点能力の高い選手で、高校最終学年時には20.8得点、6.7リバウンド、6.7アシスト、3.7スティールを記録するあらゆるところに存在感がありました。高校卒業時にはマクドナルドオールアメリカンにも選出されており、大学はNCAA1部の名門のケンタッキー大学に進学しました。

ケンタッキー大学では1年時より試合に出場時、平均得点こそ5.2得点、1.83リバウンド、1.2アシストでしたが、8本のスリーポイントを含む30得点をするなど爆発力は健在でした。2年目には平均を16.1得点、4.2リバウンドと伸ばし、2年時終了時にNBAドラフトへアーリーエントリーを行いました。

2020年のNBAドラフトで全体25位でオクラホマシティ・サンダーに指名されたイマニュエル・クイックリーはその後トレードされニューヨーク・ニックスでNBAキャリアをスタートさせました。ニューヨーク・ニックスでは持ち前の得点力でルーキーシーズンから頭角を現し、2022年4月のオーランド・マジック戦では20得点10リバウンド10アシストのトリプルダブルの活躍をするなどしオールルーキーセカンドチームに選出されています。

2年目からはよりプレイタイムも増え、キャリアハイの40得点をする試合も2023年3月にするなどより洗練されたシーズンを送り、2023年度のシックスマンオブザイヤーの全体2位の投稿数となりました。

その後2023年12月にトレードで、ニックスはRJ・バレット、イマニュエル・クイックリーをトロント・ラプターズへ放出しました。

さらに詳しくイマニュエル・クイックリーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【RJ・バレットのプロフィール】

RJ Barrett won't replace OG Anunoby, but he can help Toronto's rotation -  Raptors Republic

本名:RJ バレット(RJ Barrett)

【誕生日】2000年6月14日
【出身地】カナダ
【身長】198cm
【体重】97kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

RJバレットは、2000年6月14日にカナダ・トロントで生まれたプロバスケットボール選手です。身長は198cm、体重は97kgで、NBAのニューヨーク・ニックスでシューティングガード及びスモールフォワードとしてプレーしています。

RJバレットは元バスケットボール選手である父、ローワン・バレットの影響を受けて育ち、高校はオンタリオ州のSt. Marcellinus Secondary Schoolに通い、その後、フロリダ州のMontverde Academyに転校しました。高校卒業のタイミングで5つ星の評価を受けており、2018年のクラスでは最高のリクルートとされていました。RJバレットは、高校最後のシーズンにNaismith Prep Player of the Year(ナイスミスプレップ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー)およびGatorade National Player of the Year(ゲータレード全米選手賞)を獲得しました。

RJバレットはレブロン・ジェームズ以来となる全米選手賞と全米チャンピオンを獲得した最初の選手であり、その活躍が認められ、全てのリクルートサービスからクラス最高の評価を受けました。高校を卒業後はデューク大学に進学し、1年間プレーしました。

2019年のNBAドラフトでは全体3位でニューヨーク・ニックスに指名され、NBA選手としてのキャリアをスタートしました。そして、すぐにその才能を発揮し、2021-22シーズンでは21歳でシーズン平均20得点を記録し、ニックスの最年少記録を更新。2022年には、試合でキャリア最高の46得点を記録しました。

代表での経験もある選手で、カナダのU19代表チームでMVPに輝き、優勝する活躍を見せ、その後の2019年のFIBAワールドカップの予選でシニアチームデビューを果たしました。

さらに詳しくRJ・バレットについて知りたい人はこちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1250 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*