バスケの本場アメリカでの経験を日本の舞台でも発揮する、田渡凌選手の3つの魅力

©B-CORSAIRS/T.Osawa

こんにちわ!

先日、ニュースでゴンザガ大学に在籍中の八村塁選手やNCAA2部にてスターティングメンバーで活躍中の渡邊雄太選手など、

本場アメリカの大学で活躍する選手が目立ち始めていますね!

 

このように日本人選手がアメリカの大学で活躍し始める先駆けになった選手をご存知ですか?

その選手とは、今回ご紹介する田渡凌選手です。

 

田渡凌選手もアメリカの大学での経験を経て現在の横浜ビー・コルセアーズに入団しました。

本日はその田渡凌選手の経歴や特徴を見ていこうと思います。

 

 

おすすめ記事 → 【Bリーグ】横浜ビー・コルセアーズを勝手に分析してみた

おすすめ記事 → NBAに最も近いと話題の若手日本人選手3人まとめ

 

 

 

【田渡凌選手のプロフィール】

 

本名:田渡凌

【誕生日】1993年6月29日
【出身地】東京都
【身長】180cm
【体重】82kg
【出身校】京北高校 → オローニ短大 → ドミニカン大学カリフォルニア校
【所属】横浜ビー・コルセアーズ
【背番号】21番
【ポジション】ポイントガード

 

田渡凌選手は東京と出身の24歳。

高校は日本の名門・京北高校の出身です。

また、ご存知の方もいるかと思いますが、田渡凌選手の家族はバスケ一家なんですね。

京北高校バスケ部の監督を務めるのが父である田渡優監督。

現・埼玉ブロンコスに所属しているのが長男の田渡敏信選手。

現・三遠ネオフェニックスに所属しているのが田渡修人選手。

田渡凌選手は田渡三兄弟の三男なんです。

この情報だけでも、バスケ一家というのが見受けられますね。

 

おすすめ記事 → バスケ界の”必殺仕事人”!コート内で一番存在感を発揮する男ー藤井祐眞

おすすめ記事 → 【最新版】全日本大会を幾度も連覇した日本の若きエース、比江島慎選手のおすすめハイライト3選

 

 

 

【田渡凌選手の学生時代】

京北高校

京北高校時代は2年生時には主力として活躍しおり、ウィンターカップ3位にまで導く原動力ともなっています。

3年生時にはベスト8に終わるものの、田渡凌選手自身、平均得点27得点を記録するなどの活躍を見せました。

 

 

アメリカ時代

京北高校卒業後は本場アメリカへの挑戦を決意します。

オローニ短大への進学が決まり、2年間の短大生活でアメリカのバスケット環境に慣れるのと同時に英語の勉強を行いました。

そして翌年にドミニカン大学カリフォルニア校への編入が決まったのです。

ドミニカン大学カリフォルニア校はアメリカの大学リーグでディビジョンⅡに所属しています。

ジョージ・ワシントン大学の渡邊雄太選手と同じリーグですね。

田渡凌選手は編入するや否や、平均30分を超える出場時間を与えられる程の中心選手へとして活躍していました。

アメリカの大学でも田渡凌選手の活躍は素晴らしいものだったんですね。

 

 

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

 

 

 

【田渡凌選手の魅力①:司令塔としてのゲームコントロール力】

ここからは、田渡凌選手の魅力について迫りたいと思います。

 

©B-CORSAIRS/T.Osawa

 

魅力一つ目は、ゲームコントロール力です。

田渡凌選手のポジションはポイントガードです。

司令塔、まさにゲームを組み立てる役目を果たさなくてはなりません。

そのゲームを組み立てていく力が田渡凌選手は長けており、年齢関係なくポイントガードとしてチームを牽引してくれるのではないでしょうか。

 

この能力が長けているのは、やはりアメリカでの経験にあると考えられます。

アメリカの大学で活躍していくためには、チームを牽引する力やコミュニケーション力が重要となるはずです。

田渡凌選手はこの経験を大いに発揮して横浜ビー・コルセアーズを勝利に導いていってくれることでしょう。

 

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → 爆発的なオフェンス力を身に付けるためのハンドリング練習メニュー3選

 

 

 

【田渡凌選手の魅力②:攻撃型のポイントガード】

©B-CORSAIRS/T.Osawa

 

田渡凌選手の魅力二つ目は得点力です。

司令塔としてのゲームコントロール力もありますが、ゲームを組み立てていく中で、

自分自身も得点を重ねていくことができるというのも魅力として挙げられます。

 

味方選手へのパスや、セットプレーのコールなどポイントガードの役割は大きくあります。

しかし、バスケットボールにおいてパスやコントロールのみでは闘うことができません。

得点を取り行けるからこそ、パスが活きていくものです。

田渡凌選手の場合、スピードとクイックネスで相手ディフェンスを翻弄し、自らも得点していくことができます。

 

横浜ビー・コルセアーズにとって、得点力も昨シーズンの成績以上のモノを残すための力となっていくのではないでしょうか。

期待が高まりますね。

 

 

おすすめ記事 → バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → BリーグNo.1イケメンポイントガードー宇都直輝

 

 

 

 

【田渡凌選手の今後】

田渡凌選手は横浜ビー・コルセアーズに入団して1年目のシーズンです。

ルーキーイヤーということもあり、コートに立った際には思いっきりプレーができるのではないでしょうか。

始めからスターティングメンバーに絡めるかはわかりませんが、1試合ごとに実績を上げ、チームに貢献してくれることでしょう。

©B-CORSAIRS/T.Osawa

 

 

また、田渡凌選手の世代は有力な選手が豊富でもあります。

千葉の富樫選手や渋谷のベンドラメ礼生選手、栃木の鵤誠司選手・橋本晃佑選手など。

この選手たちとはライバルとして今後も戦っていくことになります。

ライバルではありますが、今後のBリーグを盛り上げていく選手なのは間違いありません。

今後の若手選手、田渡凌選手に注目してみてください!

 

おすすめ記事 → 初代新人王の実力を完全開放!進化し続ける男ーベンドラメ礼生

おすすめ記事 → 【最新版】NBAに最も近い日本の小さきエースガード、富樫勇樹選手のプレー3つの魅力

 

 

 

【田渡凌選手をテレビで見たいあなたへ】

田渡凌選手のプレーを見てみたいと思いませんか?

ただ、いざ見ようと思っても

「場所が遠くて見れないしな・・・。」
「予定が合わなくて試合を見に行けないんだよな・・・。」

そんなお悩みを持っている方は、スカパー!に契約してBリーグリーグを観戦することをオススメします。

スカパー!なら、Bリーグリーグの全試合を余すことなく見ることが可能となっております。

もしあなたに好きな選手がいたら、その選手の試合を全て観戦することができるのです。

初月は利用料無料です。

ご興味のある方は、まず1度ご登録してみてはいかがでしょうか?

 

Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【reference=https://sports.skyperfectv.co.jp/bleague/】

 

 

 

【田渡凌選手のまとめ】

いかがでしたか?

 

・田渡凌選手のプロフィール

・田渡凌選手の学生時代

・田渡凌選手の魅力①:司令塔としてのゲームコントロール力

・田渡凌選手の魅力②:攻撃型のポイントガード

・田渡凌選手の今後

・田渡凌選手をテレビで見たいあなたへ

 

横浜ビー・コルセアーズに今シーズンより加入した田渡凌選手についてまとめました。

高校時代の実績やアメリカでの経験も活かして、

横浜ビー・コルセアーズのチーム勝利に大きく貢献していって欲しいと思います。

 

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 287 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*