東京五輪男子バスケットボール出場国の全12カ国のパワーランキングが発表!(2021年7月23日更新)

どーも!HOOPSJAPANのハリネズミです。
こちらのHOOPSJAPANではバスケットボールのスキル関連の記事やBリーグ・NBAなどのニュース記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も検索してみてください!

本日は東京五輪関する記事です。以前に東京五輪のバスケットボール組み合わせの記事を掲載しました。
そちらの対戦表も確認してもらえると嬉しいです。

今回の記事では、東京オリンピックに出場する12チームのパワーランキングを取り上げていきたいと思います。
このランキングはFIBAの公式ホームページにて掲載されたイゴールクルコビッチ氏によるランキングとなっています。
#イゴールクルコビッチさんはクロアチアのフリーランスライターです

ランキングは2021年7月23日現在のランキングとなっています。
合わせてFIBAの世界ランキングも取り上げていければと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【東京五輪パワーランキング1位:オーストラリア】

FIBA世界ランキング3位

2016年に行われたリオデジャネイロ五輪、2019年に行われたFIBAバスケットボールワールドカップにおいて両大会とも4位という結果に終わり、表彰台に乗ることができていなかったオーストラリア。
ただ、東京五輪直前に行われた強化試合ではアメリカ・アルゼンチン・ナイジェリアの強豪国に3連勝を収めています。この3連勝というのはオーストラリアにとっても勢いつける勝利だったのは間違いないでしょう。

東京五輪のロスターには現役NBA選手でもあるパティミルズやジョーイングルズなどが主力として出場予定となっていますね。
FIBAの世界ランキングでは3位となっていますが、アメリカやアルゼンチンなどの強豪を撃破してきた勢いそのままに東京五輪でもメダル有力チームとなってくると考えられます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【東京五輪パワーランキング2位:アメリカ】

FIBA世界ランキング1位

東京五輪のメダル最有力となるのがアメリカでしょう。
ただ、イゴールクルコビッチ氏の見解にもあるように、アメリカの今回の東京五輪パワーランキングは「順位が高い」と感じる人もいれば、「順位が低い」と言う人もいて両極端に分かれてくると考えられます。
低すぎると見解した理由としては、やはりバスケットボールの最高峰でもあるNBAで活躍しているケビンデュラントやデイミアンリラードがロスターに加わっていることです。反対に高すぎるという見解は、強化試合においてオーストラリア・スペインの2ヶ国に連敗をしてしまっている点です。

先日、NBAのシーズンが終了しデビンブッカーやクリスミドルトンがチームに合流する予定となっています。このNBAファイナルを戦って勢いに乗っているメンバーが加わったことでアメリカにどのような変化が起きるかはわかりませんが、戦力アップに繋がるのは間違いないでしょう。
いずれにしても、前回のワールドカップで優勝できなかった分を今回の東京五輪で取り返しにくると考えられます。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【東京五輪パワーランキング3位:スペイン】

FIBA世界ランキング2位

スペインに関しては直近に行われた強化試合にて4試合全てで勝利を収めたという実績を持っています。強化試合においても順調に勝利しているあたりはFIBA世界ランキングで2位に君臨しているだけのことはあると思います。
今回のスペイン代表にもパウガソルとマークガソルの兄弟はロスター入りを果たしています。2006年に行われたFIBAワールドカップでは偶然にも今回同様にさいたまスーパーアリーナにて試合が行われ、スペインは優勝を果たしています。

さいたまスーパーアリーナにて優勝経験を持っているというジンクスがあるのがスペイン代表。
ガソル兄弟に加えて、リッキールビオやルディフェルナンデスなどの代表経験豊富なメンバーも東京五輪に参戦予定となっています。上位に位置しているアメリカやオーストラリアを苦しめる存在となってくることでしょう。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【東京五輪パワーランキング4位:ナイジェリア】

FIBA世界ランキング22位

2019年に行われたFIBAバスケットボールワールドカップでは17位に終わってしまったナイジェリア。期待を裏切られてしまったと感じる人も中にはいたようです。
しかし、今回の東京五輪に挑むロスターは強化試合においてアメリカ・アルゼンチンに勝利を収めて波に乗っているチームと言えるでしょう。

今回のロスターにはプレシャスアチウワとジョシュオコーギーの2名のNBA選手を加えて戦力アップを図っているナイジェリア。
アフリカの強豪国として東京五輪を大いに沸かせてくれるのは間違いないでしょう。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【東京五輪パワーランキング5位:スロベニア】

FIBA世界ランキング16位

7月初旬に行われた最終予選を見事突破して初の五輪出場を決めたスロベニア。
FIBA世界ランキングでは16位に位置していますが、この16位という数字を決定つけているのがルカドンチッチではないでしょうか。

ルカドンチッチと言えば、NBAの若きスパースターの1人です。NBA1年目のシーズンには新人王(ルーキーオブザイヤー)にも輝いていますね。
2メートルを超える身長を持ちながらもポジションはポイントガードという大型プレイヤーとなっています。正確性の高い3Pシュートに加えて、見方を最大限に活かすアシストパスなど、多種に渡り活躍が期待できるプレイヤーとなります。
日本と同じグループリーグに所属していますので、日本がスロベニアを撃破するにはルカドンチッチを如何にして抑え込むことができるかが重要な鍵となってくることでしょう。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【東京五輪パワーランキング6位:イタリア】

FIBA世界ランキング10位

イタリアに関してもNBA選手が何名かロスター入りを果たしていますね。ベテランシューターのダニーロガリナリやポイントガードのニコマニオンなど、現役NBA選手が加わって勢いを増し始めているのは間違いありません。

イタリアが所属しているグループBにはアメリカを撃破して波に乗っているオーストラリアとナイジェリアがいます。
この2チームに対してどのような戦略を組んで試合に挑んでくるのかも非常に楽しみなところではありますね。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【東京五輪パワーランキング7位:アルゼンチン】

FIBA世界ランキング4位

直近の強化試合においては3連敗を喫してしまい、2019年に行われたFIBAバスケットボールワールドカップの頃のアルゼンチンの強さを感じることができなかったとも言われています。
当時の強さがないにしても、2019年のFIBAバスケットボールワールドカップでは決勝まで進出し、スペインをあと一歩のところまで追いつめて実績を持っているのは間違いありません。

FIBAバスケットボールワールドカップにおいては決勝までいくほど本番には強いタイプと言えるアルゼンチン。
アルゼンチンは日本代表と同じグループに所属しています。この古豪のアルゼンチンを撃破しなければ日本がグループリーグを突破する見込みは非常に低いかもしれません。日本代表のヘッドコーチを務めているフリオラマス氏の母国でもあるため、負けられない一戦となってくることでしょう。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【東京五輪パワーランキング8位:フランス】

FIBA世界ランキング7位

ヨーロッパのライバルでもあるスペインに2連敗を喫し、先日行われた強化試合において日本に敗北してしまったことでパワーランキングがダウンしてしまっているフランス。
ただ、2019年のFIBAバスケットボールワールドカップでは準々決勝においてアメリカ代表を破ったという戦績もあります。未知数な存在のチームであるかもしれません。

NBAにおいて最優秀ディフェンダーの称号を3度も手にしているルディゴベールがフランスにはロスター入りしています。
フランスのゴール下の番人として確実に対戦チームを苦しめてくる存在となってきますね。
しかも東京五輪の初戦の対戦はアメリカ。どのような対戦が観れるのか非常に楽しみになります。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【東京五輪パワーランキング9位:日本】

FIBA世界ランキング42位

ベルギー・フィンランドとの強化試合では連敗を喫ししてしまっている日本。しかし、その後に行われたベルギーとの再戦では大差で勝利し、格上のフランス相手にも勝利を収めたことで日本チーム全体のプラス要因に働いているのは間違いないでしょう。

同グループ内には全て格上となるチームがいます。1つ言えるのは日本のエースでもある八村塁選手が確実に徹底マークに合うことです。
八村塁選手が抑え込まれている状況下でどのように日本が得点を重ねることができるかが今回の東京五輪での勝利に関わってくるとなります。
初戦から世界トップクラスのスペインと対戦のため、非常に楽しみでもありますね。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【東京五輪パワーランキング10位:チェコ】

FIBA世界ランキング12位

五輪の最終予選においてチェコは戦い前の予想を裏切り、準決勝で延長戦の末にカナダを破り(カナダにはNBA選手が8名出場していたとのこと)、決勝ではヨーロッパの強豪でもあるギリシャを破る見事、東京五輪への切符を手にしています。

チェコの五輪出場は初めてで、カナダ大会においてMVPに選出されているトーマスサトランスキーが今大会の鍵となってくることでしょう。
トーマスサトランスキーもスロベニア代表のルカドンチッチ同様に2メートルを超える大型ポイントガードの1人となっています。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【東京五輪パワーランキング11位:ドイツ】

FIBA世界ランキング17位

ドイツに関してはクロアチアで行われた五輪予選において最終予選を勝ち抜き、最終的にブラジルを75ー64で破り東京五輪への切符を手にしています。
その後、ドイツは東京五輪当日まで強化試合を行わずに五輪当日を迎えています。
ドイツに関していえば、東京五輪までに強化試合を行っていないという理由もあり戦力が未知数となっています。

ドイツのロスターには八村塁選手と共にワシントンウィザーズでプレーしていたイザックボンガが入っています。
ドイツが入っているグループにはアメリカを破ったナイジェリアやオーストラリアが入っていますので予選リーグ突破は険しい道のりとなるのは間違いないでしょう。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【東京五輪パワーランキング12位:イラン】

FIBA世界ランキング23位

1勝2敗で日本との強化試合で負け越したあと、スペインとの強化試合2試合ともに大差で敗れたことは、イランにとって奮起の材料になっただろう。予選リーグ突破は厳しいものの、1948年ロンドン大会以来のオリンピックでの1勝を目指す。

About ハリネズミ 774 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*