【NBAまとめ】NBA最強シューターの称号はこの男に!クレイ・トンプソンの情報をまとめてみた!

【reference=https://www.slamonline.com/slam-tv/klay-thompson-says-he-could-have-scored-80-points/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

 

今回は、NBAで史上最強のシューターの称号を手に入れようとしている選手のご紹介です。

その選手とは・・・クレイ・トンプソンです。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ内でステファン・カリーと共に”スプラッシュブラザーズ”とも呼ばれているクレイ・トンプソン。

そもそもスプラッシュとは、3Pシュートがリングに入った時に、リングネットが水しぶきのように動く(シュートが綺麗に入らないとリングネットは水しぶきのように動かない)ことからスプラッシュと名付けられ、ステファン・カリーとクレイ・トンプソンは3Pシュートがやたら綺麗に入る事から”スプラッシュブラザーズ”と名付けられたそうなんです。

 

そんなクレイ・トンプソンについて、魅力・ハイライト動画・バッシュを取り上げて掲載しています。

ぜひチェックしてみてください!

 

おすすめ記事 →  ステファン・カリーが最も人気の選手である3つの理由

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】NBAの歴史を変えた男~ステファン・カリー~

 

 

Contents

【クレイ・トンプソンのプロフィール】

本名:クレイ・トンプソン(Klay Thompson)

【誕生日】1990年2月8日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】201cm
【体重】93kg
【所属】ゴールデンステイト・ウォリアーズ
【背番号】11番
【ポジション】シューティングガード

 

クレイ・トンプソンは高校時代から頭角を現していて、大学進学の際は様々な大学から取り合いになったが、1年生から試合で出れるチャンスが多いワシントン州立大に進学を決めました。

ワシントン州立大学に進学すると、期待通りの活躍を見せオールフレッシュマンチームに選抜されているんです。

2・3年次のクレイ・トンプソンは平均得点19.6点、平均21.6点をあげ、カンファレンスファーストチームに選ばれ、3年次にあげた年間レギュラーシーズン通算733得点は大学記録にもなっています。

しかし、レギュラーシーズン最終戦の前に、大麻の不法所持が発覚し、試合に出場できなかったという記録もあるんです・・・。

 

そして、2011年にNBAドラフト11位指名でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団を果たしました。

高校時代から有名選手でもあったクレイ・トンプソン。

ここからは、クレイ・トンプソンの魅力をご紹介していこうと思います。

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

 

 

【厳選!クレイ・トンプソンのプレー3つの魅力】

では、ここからはクレイ・トンプソンの魅力をご紹介していこうと思います。

筆者の独断と偏見で、3つピックアップさせていただきますね。

 

 

『クレイ・トンプソンの魅力①:精度の高い3Pシュート』

クレイ・トンプソンの魅力を伝える上でまず初めに伝えたいのは、なんと言っても3Pシュートでしょう。

クレイ・トンプソンは1試合で3Pシュートを11本成功させるなど、シューターとして素晴らしい選手なんです。

キャッチアンドシュートも得意としているが、自らがボールを持って3Pシュートを打つためのスペースをクリエイトする技術も兼ね備えていて、ディフェンスがシュートを打たせないために近いてきたら、ドリブルやステップで抜き去りゴールをメイクすることもできます。

 

シューティングガードというガードのポジションでありながら、アシストが少ないため、どちらかといえば生かされる側、点を取るスコアラーとしての能力に長けているんですね。

そのため、クレイ・トンプソンにとって3Pは自身のオフェンスの基盤となるものなのです。

3Pに関しては、次の【クレイ・トンプソン魅力②】でご紹介します。

 

おすすめ記事 →  バスケのシュートが上手くなる3つのステップ

おすすめ記事 →  バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

『クレイ・トンプソンの魅力②:NBAトップクラスのクイックネス』

次の魅力は、クレイ・トンプソンのクイックリリースです。

クレイ・トンプソンは3Pが魅力であり、彼のオフェンスの基盤となっているわけですが、3Pが入る選手はNBAには沢山います。

なぜ普通のプレイヤーの3Pよりもクレイ・トンプソンの3Pの方が、敵にとって脅威であるかと言うと、それはクイックリリースがクレイ・トンプソンにはあるからです。

シュートというのは、いかに良く入るシュートであっても打たなければ意味がありません。

極端に言えば、良く入るシュートを打てるが、打つのに1秒かかっていたらディフェンスは多少離れていてもシュートブロックできてしまい、大した脅威にはなりません。

反対にシュートを打つまでに0.2秒か0.3秒で打たれたら、ディフェンスは少し気を抜いただけでも打たれてしまいます。

クレイ・トンプソンにはそれが可能な選手なんですね。

世界レベルで言えば、ボールを持ってから0.5秒以内でシュートを打つのが世界レベルと言われています。

では、クレイ・トンプソンはどうやってそんなに早く打っているかというと、ボールをもらった位置、あるいはキャッチした位置から、ボールを下に降ろさずにそのままシュートにもっていくのです。

ボールをキャッチしてから、下に降ろし、セットしてからシュートに移行するのでは遅すぎるわけですね。

クレイ・トンプソンのようにボールを持った位置や高さを下げることなく、そのままシュートへもっていく事で、およそ0.3秒は速くシュートが打てるわけです。

 

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

 

 

『クレイ・トンプソンの魅力③:評価の高いディフェンス能力』

クレイ・トンプソンの魅力の3つ目はディフェンスです。

クレイ・トンプソンは大学時代のオフェンス力だけが買われてNBA入りしたわけではありませんでした。

元々はディフェンス力が大きく評価されてNBAに入ったのです。

クレイ・トンプソンはシュートやスコアリング能力がクローズアップされる事が多いですが、相手のエースを封じ込めるディフェンス能力、ハードコンタクトやディレクション、ピック回避能力がかなり高いんです。

そのため、クレイ・トンプソンの魅力の1つとして間違いなく挙げられるでしょう。

試合を観るときはオフェンスだけでなく、相手のエースとマッチアップしているクレイ・トンプソンの姿も観てみてください。

 

おすすめ記事 →  バスケのディフェンスで相手をおさえこむ5つのコツ~1対1編~

おすすめ記事 →  【体幹トレーニング】バスケ好き必見!家で15分できる体幹!

 

 

【クレイ・トンプソンの今後】

【reference=https://www.slamonline.com/uncategorized/klay-thompson-donate-69k-north-bay-fire-relief/】

 

NBA最強シューターの称号を手に入れることのできるプレイヤー、クレイ・トンプソン。

実際に試合では数多くの得点・3Pシュートを決めています。

これから先、シュートにおいて更に磨きをかけて会場中を沸かせてくれることでしょう。

 

今後、クレイ・トンプソンは2019年にFAとなり、ゴールデンステイト・ウォリアーズに残留するかどうかの決断に迫られます。

仮に移籍したらまた新しいクレイ・トンプソンの魅力が出てくるかもしれません。

それも楽しみですね♪

ぜひ、”スプラッシュブラザーズ”のクレイ・トンプソンに注目してみてください。

”スプラッシュブラザーズ”が見られるのも今のうちだけかもしれません!

 

おすすめ記事 →  【ALPHADOGで検証】バスケ好き必見!ステイプルズセンターに直接行ってきたぜ!

おすすめ記事 →  【ALPHADOGで検証】バスケ好き必見!ストリートバスケならココでしょ!ベニスビーチ♪

 

 

【クレイ・トンプソンの試合をテレビで観戦したい方へ!】

クレイトンプソンのプレーは、目を見張るものがあります。

テレビでもっと観戦したい!という方は、ぜひ「WOWOW」に加入されることをお勧めします( ´ ▽ ` )ノ

というのも、BSのNHKでは、NBAの試合が1週間に2本しか配信されないため、中々自分の好きなチームを観戦することができません。

それに対し、WOWOWはNBAの試合を週に5本放映してくれるため、自分の好きなチームの試合も頻繁に流してくれます。

しかも、パソコン・スマホ・タブレットでもWOWOWを視聴することができるので、NBA好きの方にとってはかなり便利なテレビサービスです!

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

【オススメ!クレイトンプソンのハイライト動画4選!】

ここまでで、クレイトンプソンのプレーの魅力についてお伝えしましたね。

では実際に、クレイトンプソンのハイライト動画を見ていきましょう。

 

 

『クレイ・トンプソンのハイライト動画①:クレイ・トンプソンのワシントン州立大学時のハイライト動画』

1つ目のハイライト動画紹介は、クレイ・トンプソンのワシントン州立大学時代のハイライト動画です。

クレイ・トンプソンは高校時代からアメリカに名を連ねていた選手でした。

そのため、ミシガン大学やノートルダム大学などの数多くの大学からオファーがありましたが、入学した1年生の頃から試合に出場のできるワシントン州立大学への進学を決めました。

取り上げているハイライト動画は、ワシントン州立大学時の動画となっています。

クレイ・トンプソンは大学時代からシューターとして活躍しており、今と変わらずのプレースタイルでワシントン州立大学時代を過ごしていました。

 

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

 

 

『クレイ・トンプソンのハイライト動画②:NBA史に残るハイライト動画』

2つ目のハイライト動画紹介は、クレイ・トンプソンが1試合に60得点という偉業を達成したハイライト動画です。

2016年12月5日、ゴールデンステイト・ウォリアーズvsインディアナ・ペイサーズの試合でクレイ・トンプソンが爆発的な得点を獲得することになりました。

1試合の得点でここまでの得点は中々できないことだと思います(笑)

しかも、この試合クレイ・トンプソンは、29分のみの出場かつ11回のドリブルで60得点という驚異的な記録でした。

ゴールデンステイト・ウォリアーズにはステファン・カリーやケビン・デュラントのようなスター選手揃いの中、クレイ・トンプソンが出したこの記録はまさに偉業と言えるでしょう。

 

おすすめ記事 →  NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 →  NBA副収入ランキング!

 

 

『クレイ・トンプソンのハイライト動画③:シューティング検証動画』

3つ目のハイライト動画の紹介は、クレイ・トンプソンのシューティングの検証動画です。

クレイ・トンプソンがどのくらいのシュート確率で検証している動画となっており、シューターとしての能力が試されるものになっています。

検証内容には、会場を真っ暗にして、シュートが何本入るかというのをクレイ・トンプソンで実験しています。

実際の結果では、10本の3Pシュートを打ち8本も成功させました。簡単に言うと、成功率8割という結果ですね(笑)

明かりが付いていても8割という数字は簡単に出せるものではないです。

それを電気を暗くしての8割成功というのは驚異的な結果ではないでしょうか?

皆さんも一度、会場を暗闇にしてシュート練習を試してみてください。

 

おすすめ記事 →   安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

おすすめ記事 →  爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

 

 

『クレイ・トンプソンのハイライト動画④:クレイ・トンプソンのお茶目な動画』

4つ目に紹介するハイライト動画は、クレイ・トンプソンがオフシーズンに中国に訪れた際の動画です。

クレイ・トンプソンが中国に訪れたのには、理由もあり、クレイ・トンプソンは自身のシグネチャーモデルのバッシュを中国のアンタというブランドと契約して作成しているためです。

中国にて様々なイベントを主催し、訪問したクレイ・トンプソン。

しかし、動画内にもあるように、クレイ・トンプソンは中国でスペシャルゲームの際に、エアボールをしたシーンがありました(笑)

NBA史に名の残るシューターでもエアボールすることがあるんですね(笑)

他にも、ダンクを披露するシーンで、ダンクに失敗して尻もちを付いたりと、お茶目な一面が数多く見られました。

ぜひ、紹介動画をチェックしてみてくださいね。

 

おすすめ記事 →  アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

おすすめ記事 →  次世代のレブロンと呼ばれる男の正体!~ザイオン・ウィリアムソン~

 

 

【クレイトンプソンが契約しているメーカー、アンタ(ANTA)について】

続いては、クレイ・トンプソンがバッシュの契約をしているアンタ(ANTA)について紹介していきます。

クレイ・トンプソン以外にも契約している選手がいるとのことなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【reference=http://chainimage.com/image/anta-logo-and-symbol】

 

【名称】Anta Sports(アンタスポーツ)
【創業】1994年
【発祥国】中国
【本社】中国福建省晋江

 

Anta Sports(アンタスポーツ)、通称”ANTA(アンタ)”は1994年に中国で創設されました。

スポーツブランドの企業で、スポーツシューズやアパレル、アクセサリーを販売しています。

正直、僕もクレイ・トンプソンが着用しているバッシュがどこのメーカーなのか知りませんでした。

しかし、今回クレイ・トンプソンのバッシュを調べていくうちに、NBA選手の中にもANTA(アンタ)を着用している選手が何名かいることを知りました。

次からは、ANTA(アンタ)と契約しているNBA選手を見ていきたいと思います。

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

 

 

『アンタのバッシュと契約しているNBA選手①:クレイ・トンプソン』

【reference=https://solecollector.com/news/2015/12/klay-thompson-disappointed-anta-sneakers-photo】

最初に紹介するANTA(アンタ)と契約している選手は、クレイ・トンプソンです。

言わずと知れた歴代最高峰のシューターです。

ノーマークでシュートを打たせたら最後、100発100中と言っていいほどシュートを成功させてきます。

 

そんなクレイ・トンプソンのシグネチャーモデルのバッシュは、”KT”シリーズです。

ANTA(アンタ)で自身のシグネチャーモデルのバッシュを販売しているのは、他のメーカーに比べて数が少ないです。

そのため、非常にレアなバッシュであるのは間違いありませんね。

クッション性や柔軟性の優れたバッシュになっています。また、母指球やかかとの辺りは渦を巻いているようなデザインになっていて、グリップ力は高めの素材になっているそうです。

オフボールからのキャッチ&シュートを多く取り入れる選手にはピッタリなバッシュになっていることでしょう。

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~他メーカー編~

 

『アンタのバッシュと契約しているNBA選手②:レイジョン・ロンド』

【reference=https://www.sportbuzzbusiness.fr/nba-rajon-rondo-quitte-nike-pour-la-marque-chinoise-anta.html】

2人目のANTA(アンタ)と契約しているNBA選手は、レイジョン・ロンドです。

レイジョン・ロンドと言えば、NBA屈指のアシストプレイヤーですね。

合計3度のアシスト王の獲得実績があり、1試合ごとにアシストでチームを勝利へと導くのがレイジョン・ロンドの特徴でもあります。

また、ウィングスパンが長いのもあり、スティールを得意としている選手でもあります。

 

そんなレイジョン・ロンドもANTA(アンタ)と契約しているNBA選手の内の1人です。

レイジョン・ロンド自身のシグネチャーモデルのバッシュというのは、大きく有名にはなってはいませんが、販売されているそうです。

元々はナイキと契約していましたが、途中からANTA(アンタ)に変更し、現在もANTA(アンタ)のバッシュを着用しているそうです。

レイジョン・ロンドのバッシュ情報を知っている方がいましたら、ぜひコメントいただけると幸いです。

 

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

 

 

『アンタのバッシュと契約しているNBA選手③:ケビン・ガーネット』

【reference=https://kenlu.net/2015/02/kevin-garnett-career-kicks-on-court-review/】

 

3人目のANTA(アンタ)と契約しているNBA選手は、ケビン・ガーネットです。

ケビン・ガーネットは、NBAシーズンにおいて4度のリバウンド王やシーズンMVP、最優秀守備選手賞など、数多くのタイトルを獲得してきたNBA史に名の残る選手の1人です。

高校卒業と同時にNBA界入りを果たし、世間を騒がせたことでも有名な選手ですね。

現在は、年齢制限もあり高校卒業と同時にNBA入りというのはできませんので、高校卒業と同時にNBA入りを果たした数少ない選手の内の1人でもあります。

 

ケビン・ガーネットがANTA(アンタ)との契約で着用していたバッシュが”KG”シリーズです。

ケビン・ガーネットのように、パワーフォワードやセンターポジションの選手にはマッチしたバッシュとなっているのではないでしょうか?

機会があれば一度着用してみてください。

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】潜在能力開花!NBAに新旋風を巻き起こすことができるか!?!?

おすすめ記事 →  安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

 

 

【アンタの今後】

【reference=https://detail.tmall.com/item.htm?spm=a312a.7700824.w4011-14727303322.127.24482ccfUsQ8Pd&id=566198049362&rn=69aa34bbf85b3878d3d9e33bb246039c&abbucket=1】

 

中国ブランドのANTA(アンタ)と契約しているNBA選手を紹介しました。

今後のANTA(アンタ)はクレイ・トンプソンの影響もあり、今後も売上を伸ばしていくことでしょう。

 

その要因でもあるのは、ANTA(アンタ)とNBAが2014年にパートナーシップ契約を結んでいるのも要因の1つとして挙げられます。

そのため、ANTA(アンタ)のロゴに加えてNBAのロゴも入ったT-シャツやアクセサリーが販売されていきます。

NBAのロゴが入っているだけでも価値はありますからね!

一度見てみたという方は、下記の2つのサイトをチェックしてみてください。

ちょっと変わったクレイ・トンプソンのT-シャツも販売されています。

Tmall

JingDong

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】驚異のオフェンスマシーンが才能を開花!~ドノバン・ミッチェル~

おすすめ記事 →  爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

 

 

 

【クレイ・トンプソンのまとめ】

いかがでしたか?

 

●クレイ・トンプソンのプロフィール

●クレイ・トンプソンの魅力①:精度の高い3Pシュート

●クレイ・トンプソンの魅力②:NBAトップクラスのクイックネス

●クレイ・トンプソンの魅力③:評価の高いディフェンス能力

●クレイ・トンプソンの今後

●クレイ・トンプソンのハイライト動画①:ワシントン州立大学時のハイライト動画

●クレイ・トンプソンのハイライト動画②:NBA史に残るハイライト動画

●クレイ・トンプソンのハイライト動画③:シューティング検証動画

●クレイ・トンプソンのハイライト動画④:クレイ・トンプソンのお茶目な動画

●アンタ(ANTA)とは?

●アンタのバッシュと契約しているNBA選手①:クレイ・トンプソン

●アンタのバッシュと契約しているNBA選手②:レイジョン・ロンド

●アンタのバッシュと契約しているNBA選手③:ケビン・ガーネット

●アンタの今後

 

今回は、NBA史上最高シューターに最も近い、クレイ・トンプソンについて掲載していきました。

シュートに対する思いが他の選手とは違うかもしれないですね。

今後、クレイ・トンプソンがどのような成長を見せてくれるのかも期待したいと思います!

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 287 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*