【Bリーグ選手名鑑|中村太地】日本人初となるKBLを挑戦してきたプレイヤーの魅力3選

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

Bリーグ選手名鑑をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介する選手は・・・中村太地選手です。

2年間韓国リーグでもあるKBLにてプレー経験を積んできた中村太地選手。大学1年時よりBリーグに特別指定選手として加入して経験を積んできた選手でもあります。

そんな中村太地選手を魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【中村太地選手のプロフィール】

本名:中村太地(なかむら たいち)

【誕生日】1997年06月29日
【出身地】山口県
【身長】190cm
【体重】87kg
【出身校】福岡大学附属大濠高校 → 法政大学
【所属】原州DBプロミ → シーホース三河
【ポジション】ポイントガード

中村太地選手は山口県出身のバスケットボール選手です。

山口県の中学校卒業後、福岡県の福岡大学附属大濠高校へと進学を果たしました。高校2年時にはチームの主力として活躍してインターハイ優勝にも貢献しています。

高校卒業後は法政大学に進学し、大学1年時より特別指定選手を利用してBリーグに挑戦しています。大学1年時はシーホース三河に加入します。その後もBリーグへの挑戦を続け、大学2年時には富山グラウジーズ、大学3年には横浜ビー・コルセアーズにて経験を積みました。

そして大学4年時に大きな決断をして、関東大学リーグ戦を迎える前の2019年8月23日に京都ハンナリーズへの入団を発表しました。京都ハンナリーズへの入団をするにあたり、法政大学バスケットボール部を退団する形となりました。京都ハンナリーズでは1試合平均で6.3得点・2.1リバウンド・2.7アシストのスタッツを残しています。

翌年の2020年6月16日に韓国のバスケットボールリーグでもあるKBLへアジア枠としての移籍が発表されました。原州DBプロミへの移籍を表明し、KBL史上初の日本人選手となりました。

韓国のKBLにて経験を積んだのち、2022年5月27日に2年振りにBリーグ復帰が発表されました。大学1年時に所属していたシーホース三河への移籍となりました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【中村太地選手の魅力】

そんな中村太地選手は一体どんなプレイヤーなのでしょうか?

中村太地選手の魅力をご紹介していこうと思います。

『中村太地選手の魅力①:オールラウンドプレイヤーの素質』

中村太地選手の1つ目の魅力は、「オールラウンドプレイヤーの素質」です。

中村太地選手は190cmの身長ではありますが、ポジションはポイントガードでの登録となっています。

得点・アシスト・リバウンドなどオールラウンドにチームに貢献できる素質を持っているのが中村太地選手となっています。ポイントガードながらも高身長を兼ね備えているため、相手のガードプレイヤーとのミスマッチをつくこともできます。

以上の理由から、中村太地選手の魅力として「オールラウンドプレイヤーの素質」を取り上げました。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『中村太地選手の魅力②:高確率で沈めるアウトサイドシュート』

中村太地選手の2つ目の魅力は、「アウトサイドシュート」です。

オールラウンドな素質を兼ね備えいている中村太地選手ですが、得点に絡む際はアウトサイドからの得点を得意ともしています。2019−2020のBリーグシーズンで京都ハンナリーズ所属時にはシーズンを通じて3P成功率が39.4%と4割近い確率で沈めていました。

韓国リーグでもこの持ち前のアウトサイドシュートで得点に絡んでいたため、アウトサイドシュートは中村太地選手の十八番とも言える能力となっていることでしょう。味方インサイドプレイヤーのピック&ロールを上手く活用してノーマークとなり3Pシュートを決めきる力を兼ね備えている選手となっています。

以上の理由から、中村太地選手の魅力として「アウトサイドシュート」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『中村太地選手の魅力③:韓国リーグにて培ったディフェンス力』

中村太地選手の3つ目の魅力は、「ディフェンス」です。

プロフィール内にも掲載していますが、中村太地選手は2020年からの2シーズンに渡り韓国のKBLのチームに所属してプレー経験を積んでいました。

その中で強化されたのがディフェンス面です。攻撃的なポイントガードの中村太地選手ですが、この2年間の経験を経て、ディフェンスにおいても攻撃的なディフェンスで相手のミスを誘う能力を身に付けていきました。

強化されたディフェンス力は今後もBリーグの舞台などで実力が発揮され、ディフェンスにおいてもチームに大きく貢献してくれることでしょう。

以上の理由から、中村太地選手の魅力として「ディフェンス」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【中村太地選手の今後】

ここまで、中村太地選手の魅力を取り上げてきました。

190cmのポイントガードということでオールラウンドに能力を発揮することができる中村太地選手。得点・アシスト・リバウンドに加えてディフェンスにおいてもチームに貢献してくれる存在になってくると考えられます。

韓国のKBLでの挑戦・経験がBリーグの舞台でも大きく発揮されていくのが楽しみな選手になってくることでしょう。韓国リーグにて培ったディフェンス能力に加えてトランジションバスケットボールのスタイルも上手くフィットしていけばチームの勝利に貢献できる選手へと変わっていくのは間違いありません。

中村太地選手は高校卒業後の大学1年時からBリーグでの経験を持っています。大学1年と言えば若干19歳。若い内からBリーグというプロの舞台を経験しているため、中村太地選手自身も経験値豊富な選手の1人となっています。

中村太地選手をチェックしてみてください。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【中村太地選手をテレビで見たいあなたへ】

中村太地選手のプレーを見てみたいと思いませんか?

ただ、いざ見ようと思っても

「場所が遠くて見れないしな・・・。」
「予定が合わなくて試合を見に行けないんだよな・・・。」

そんなお悩みを持っている方は、バスケットLIVEに契約してBリーグを観戦することをオススメします。

バスケットLIVEであれば、Bリーグに加えてWリーグやバスケットボール日本代表戦、ウィンターカップ、インカレなどが時期によって配信中です。

ソフトバンク&ワイモバイルユーザーに関しては無料で、その他のキャリアを利用している方はYahoo!プレミアムへ登録を行えば利用可能となります。

Yahoo!プレミアムへの登録はこちらをクリック!

ご興味のある方は、まず1度ご登録してみてはいかがでしょうか?

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【中村太地選手のまとめ】

いかがでしたか?

●中村太地選手のプロフィール
●中村太地選手の魅力①:オールラウンドプレイヤーの素質
●中村太地選手の魅力②:高確率で沈めるアウトサイドシュート
●中村太地選手の魅力③:韓国リーグにて培ったディフェンス力
●中村太地選手の今後

日本のプロバスケットボールリーグ・Bリーグに在籍する中村太地選手についてまとめました。

2シーズンに渡り韓国リーグ経験してきた中村太地選手。日本のバスケットボールとはまた異なるスタイルを経験している選手でもあるため、韓国リーグでの経験がBリーグの舞台で発揮されるのも楽しみになりますね。

会場へ足を運んだ際には、ぜひ中村太地選手をチェックしてみてください!

About モンキー 926 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*