【Bリーグ戦力分析|2023-2024】宇都宮ブレックス

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは・・・宇都宮ブレックスです。

宇都宮ブレックスの戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグについてより詳しく知りたい方は必読↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

Contents

【宇都宮ブレックスのプロフィール】

宇都宮ブレックス -概要- 

【チーム正式名】宇都宮ブレックス
【創設】2007年
【本拠地】栃木県宇都宮市
【所属】東地区
【チームカラー】ネイビーブルー・イエロー

宇都宮ブレックス -昨シーズン成績-

【地区順位】B1東地区3位
【シーズン勝敗】32勝28敗

栃木県宇都宮市に本拠地を構える宇都宮ブレックス。

このシーズン、宇都宮ブレックスはB1リーグにおいて32勝28敗という成績を収めました。この勝率はリーグ中でも上位に位置しており、数多くのファンやバスケットボール愛好者からの注目を浴びる結果となりました。

得点平均は73.7点で、一方で守備面では対戦相手を平均72.1点に抑える堅実なパフォーマンスを見せていました。3Pシュート成功率は34.0%を記録し、アウトサイドからの攻撃でもチームの得点源として機能していました。さらに、アシスト19.2本の成績は、チーム全体が高い連携を持ち、お互いの強みを活かしたプレイができていることを示しています。

一方で、ターンオーバーやフリースローの成功率など、さらなる向上が期待される部分も見受けられました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【宇都宮ブレックスの注目選手紹介】

次からは、宇都宮ブレックスのBリーグ2022-2023シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『宇都宮ブレックス注目選手①:比江島慎』

【誕生日】1990年8月11日
【出身地】福岡県
【身長】191cm
【体重】88kg
【出身校】青山学院大学
【所属】宇都宮ブレックス
【背番号】6番
【ポジション】シューティングガード

宇都宮ブレックスの1人目の注目選手は、比江島慎です。

比江島慎は宇都宮ブレックスの主要な得点源として存在感を示しています。昨シーズン平均13.0得点を記録した比江島慎の得点能力は、チームのオフェンス戦略の中核となっています。

44.9%のフィールドゴール成功率は比江島慎のシュートセレクションの賢さと技術の高さを示しており、43.4%の3ポイント成功率は、比江島慎がリングから遠くても確実にスコアを取れることを意味します。

また、比江島慎の平均4.2のアシストは、シューターとしてだけでなくプレイメーカーとしても彼の重要性を示しています。比江島慎のプレーは見る者を魅了し、相手チームのディフェンスに常にプレッシャーを与えています。

Bリーグ2023-2024シーズンの比江島慎に注目してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『宇都宮ブレックス注目選手②:ディージェイニュービル』

【誕生日】1992年5月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】193cm
【体重】95kg
【出身校】ペンシルベニア州立大学
【所属】大阪エヴェッサ → 宇都宮ブレックス
【背番号】25番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

宇都宮ブレックスの2人目の注目選手は、ディージェイニュービルです。

ディージェイニュービルはその攻撃的なプレースタイルで知られています。ディージェイニュービルのシーズン平均19.4得点は、その得点能力の高さを証明しています。

特に2Pエリアでの59.7%の成功率は、ペネトレーション能力や中距離シュートの精度を強調しています。これは、相手ディフェンダーがディージェイニュービルを完全に止めることの難しさを示しています。

さらに、平均5.5アシストは、ディージェイニュービルがチームメイトを活かす能力も持っていることを示しており、オールラウンドなプレーはチームの成功に欠かせない要素となっています。

Bリーグ2023-2024シーズンのディージェイニュービルに注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『宇都宮ブレックス注目選手③:ギャビンエドワーズ』

【誕生日】1988年1月15日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】110kg
【出身校】コネチカット大学
【所属】千葉ジェッツ → 宇都宮ブレックス
【背番号】33番
【ポジション】パワーフォワード/センター

宇都宮ブレックスの3人目の注目選手は、ギャビンエドワーズです。

ギャビンエドワーズは、インサイドプレーのスペシャリストとしての役割を果たしています。52.4%のフィールドゴール成功率は、ペイントエリアでの技術と身体能力の高さを示しています。

ギャビンエドワーズのセカンドチャンスを生み出す平均オフェンスリバウンド3.1は、攻撃リバウンドに対する感覚と執念を表しています。

また、5.6のリバウンド平均は、ディフェンスのリバウンドでもギャビンエドワーズの存在感を感じさせており、守備から攻撃までの両方の面でチームにとって非常に価値があると言えます。

Bリーグ2023-2024シーズンのギャビンエドワーズに注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【宇都宮ブレックスのBリーグ2023-2024シーズン】

ここまで、宇都宮ブレックスの昨シーズンと注目選手について取り上げてきました。

宇都宮ブレックスは、2022-2023シーズンのパフォーマンスを受けて、2023-2024シーズンへの期待が高まっています。その大きな理由の一つとして、安定した得点源を持つプレイヤーの存在が挙げられます。

比江島慎やディージェイニュービルのような得点を担当する選手たちは、昨シーズンの統計からもその実力を証明しています。特に、ディージェイニュービルは平均得点19.4という数字を記録し、B1リーグの中でもトップクラスの得点力を持っていることがわかります。一方、ギャビンエドワーズのインサイドプレーは、相手チームのディフェンスをかき乱す要因となり、コートにいるだけで相手チームの戦略に影響を与える可能性があります。

しかし、シーズンは長いです。主要な選手たちに負担がかからないよう、ベンチからのサポートも非常に重要です。昨シーズン、宇都宮ブレックスは多くの試合でスターターに頼り切った部分も見受けられたので、新シーズンではベンチプレイヤーの活躍や成長が鍵となるでしょう。

さらに、宇都宮ブレックスはディフェンスにも注目すべきです。得点力だけでなく、しっかりとしたディフェンスがチームを勝利に導く基盤となります。新シーズンに向けて、選手たちのディフェンス意識の向上や新戦術などの導入が期待されます。

総じて、2023-2024シーズンの宇都宮ブレックスは、既存の主力選手の実力を維持しつつ、ベンチプレイヤーやディフェンスの強化を目指していくことが、更なる成功への鍵となるでしょう。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

↓Bリーグについてより詳しく知りたい方は必読↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【宇都宮ブレックス戦力分析まとめ】

●宇都宮ブレックスのプロフィール
●宇都宮ブレックス注目選手①:比江島慎
●宇都宮ブレックス注目選手②:ディージェイニュービル
●宇都宮ブレックス注目選手③:ギャビンエドワーズ
●宇都宮ブレックスのBリーグ2023-2024シーズン

今回はBリーグ2023-2024シーズンの宇都宮ブレックスに関する戦力分析を行いました。

宇都宮ブレックスのBリーグ2023-2024シーズンに注目してみてください。

About モンキー 1097 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*