【NBAニュース】レブロンジェームズとドウェインウェイドが熱い抱擁を交わす!

【レブロンジェームズとドウェインウェイドの友情】


12月10日(日本時間11日)にロスアンゼルスにあるレイカーズの本拠地であるステイプルズ・センターで行なわれたマイアミ・ヒート対ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、

レブロン・ジェームズが28得点、9リバウンド、12アシストを記録し、レイカーズが108-105で競り勝ちました。

この試合で話題になったのは、もちろん結果もそうですが元チームメイトでもあり、友人でもある両チームのエース同士のレブロン・ジェームズとドウェイン・ウェイドの試合後の健闘を称えあう姿でした。

ドウェイン・ウェイドは今シーズン限りでの引退を表明しており、友人であるレブロン・ジェームズとの最後の勝負と言われていました。

試合終盤の1面では、ファウルを受けたジェームズにフリースローのチャンスが訪れると、ウェイドは「外せ。俺が決勝点のショットを打てる」と声をかけたといいます。

「俺とお前で、1対1だ。俺にシュートさせてくれ」。というウェイドの言葉をよそに、レブロンジェームズは確りと2本のフリースローを決め試合終了。

試合後最後のシュートが外れリバウンドを取ったレブロンともつれながらコートサイドに出て行ったウェイドは、「彼は僕の動きを、僕は彼の動きを、それぞれ知っている。最後の勝負を楽しみたかっただけさ」と話しています。

その後試合後に言葉をかわしたジェームズとウェイドは、お互いのユニフォームも交換していました。

おすすめ記事 →  ステファン・カリーが最も人気の選手である3つの理由

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】NBAの歴史を変えた男~ステファン・カリー~

【ドウェイン・ウェイドのプロフィール】

「dwayne wade」の画像検索結果

本名:ドウェイン・ウェイド(Dwayne Wade)

【誕生日】1982年1月17日
【出身地】アメリカ
【身長】193cm
【体重】100kg
【所属】マイアミ・ヒート
【背番号】3番
【ポジション】SG/PG

ドウェイン・ウェイドは2003年NBAドラフトで全体5位指名でNBA入りを果たしました。多彩な技術や強靭な肉体を兼ね備えていたドウェイン・ウェイドは、得点を量産していくシューティングガードとして活躍していきました。

ドウェイン・ウェイドもレブロン・ジェームス同様に、マイケル・ジョーダンに憧れてNBAを目指した選手の1人です。2003年NBAドラフトで入団してから実に13年間マイアミ・ヒートに在籍していたドウェイン・ウェイドは、先程も取り上げましたが、レブロン・ジェームスとクリス・ボッシュと共に”BIG3”を結成し、NBA界を大いに盛り上げていきました。

現在は、一度はレブロン・ジェームスが所属するクリーブランド・キャバリアーズでシックスマンとして出場していたものの、今は古巣であるマイアミ・ヒートに戻りプレーしています。ドウェイン・ウェイドも今年で36歳を向かえ、ベテラン選手と言われる選手なのは間違いありません。これ程の活躍した選手であれば、ドウェイン・ウェイドが付けていた背番号”3”は永久欠番になる可能性もあるかもしれませんね。

より詳しくドウェインウェイドについて知りたい方は、こちらも併せてご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケのディフェンスで相手をおさえこむ5つのコツ〜1対1編〜

おすすめ記事 →  【体幹トレーニング】バスケ好き必見!家で15分できる体幹!

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 448 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*